ドライヤー

ちょうど1週間ほど前からドライヤーの調子が悪いのです
突然、何の前触れもなく動かなくなってしまったのです。
とはいえ、その日はそれ以上動かなかったのだけど、
翌日使うと、通常通り動いたりして、完全に壊れたわけではないようだったのでしばらく様子を見ていました。
でもここ2、3日、動かないことのほうが多くなって、
いよいよもうダメだ、と観念し、
今日会社帰りに電気屋に持って行ってみました。
修理できるかなーと思って。

修理可か不可かだけでも、その場で判断できないものかと現物を持っていったのだけど、
さすがにそれはムリみたい。
「お見積もりを出しますので2、3週間お預かりいたします。」
といわれてしまった。
2~3週間も預けるわけにはいかないのですよ、お姉さん・・・。
うちにはこのドライヤー一台しかなく、
この私のくるくる天パな髪をなんとか外に出られるくらいまで直すのに、
ドライヤーは必須。
これがないと会社にいけません。

思い起こせばこのドライヤーとも長い付き合いです。
たしかデンバーに行く前に、自分専用で海外で使えるもの、と探して買ったので4年位まえ!
そりゃ4年間酷使されれば寿命も尽きるってもんだね。
粗雑に乱雑に扱われ、しかもいろいろなところに連れまわされたもんねえ・・・。
今までご苦労様でした。
修理はあきらめて、新しいドライヤーを買うかね。

こだわりさえ捨てれば、今やドライヤーなんて2000円くらいで売ってるんですね。
安いなー
でもこの4年愛用したドライヤーは、国内海外両用な上、折りたたみ式でとてもコンパクトだったので、
ほんとに旅行には便利なものだったのです。
今日店頭に並んでいるのを見ると、どれもこれもゴリッパすぎてしかも大きすぎ。
結局ピンと来るものが無くて何もかわずに帰ってきました。

お願いだから新しいのを買ってくるまで、なんとか持ちこたえてね。
[PR]
by reiko-204 | 2005-03-16 23:59 | 日常 | Comments(0)


<< 妥協した やっぱり「慣れ」は大切だ >>