「ほっ」と。キャンペーン

M-1グランプリ

昨日の夜、録画しておいたM-1グランプリを見ました。
ここ数年、世間がお笑いだ、M-1だ、と騒いでいるのもどこ吹く風?状態だった私。
お笑い芸人もテレビに出てくるベテランさんくらいしか顔と名前が一致しない。
たまに見かける番組もお笑い番組じゃなくてクイズ番組とか。
たまにーレッドなんとか系の番組で知らない芸人のコントを見ても、面白いと思えたことがなくて、
それでどうもお笑い系は敬遠していたのです。
そんなお笑いド素人の私がM-1を見てみようと思ったのは、明らかに某mさんの影響です(笑)。

前半を観終えた段階では、正直ちっとも面白いと思えませんでした。
南海キャンディーズのコント(?っていうの?ネタ??)は面白いと思っていたんだけど、
審査員の評価は彼ら以外のほうが点数がずっと高くて、
この高得点についたコンビと南海キャンディーズの一体どこが違うんだろう、と不思議でならなかったのです。

でもでも。
笑い飯、彼らは面白かった!
ひとりでテレビの前で声を出して笑いました。
こんなに面白いのに、これで審査員の点数が低かったら
私にはよっぽどお笑いそのものが合わないんだろうなーと思いながら点数発表を待っていたら、
最高得点がはじき出されました!
よかった、私にもお笑いを理解できるセンスが少しはあったみたい。

最終的に決勝に残った3組のコントはいずれも面白いと思えました。
ああよかった、と自分に一安心しながら決勝を見てました。
結果は意外だったけど・・・。
もっと接戦かと思ったので。
ま、お笑い界にも、シロウトにはわからない奥深いポイントがあるのでしょう、きっと。

謎めいたお笑いの世界を少しだけ覗くことができたM-1グランプリでした。
[PR]
by reiko-204 | 2009-12-23 19:56 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)


<< 2009年に見た映画 11月に読んだ本 >>