サックス発表会

約半年ほどこのブログをさぼっている間に、いろいろと始めたことや変わったことがあるのですが、
まあ追々紹介するとして、まずは新しく始めたもののひとつ、サックスについてのお話。

前々からやりたいやりたいと言っていたテナーサックスをついに習い始めました。
よしやろう、と決めたのは去年の11月頃。
12月頃から教室を探し出して、12月~1月にかけて3か所体験レッスンに行き、
1月末にとある音楽教室に申込み、そこで生徒が揃うまで待って、4月からレッスン開始と相成りました。
今は月に3回、1時間のレッスンを3人で受けています。

で。
最初は気合を入れてレッスンに通っていたのですが、
途中からトロンボーンを一時再開したためにトロンボーンとサックスを同時に練習するという無謀な状態に。
そのためどちらも中途半端になってしまって、サックスはとにかくレッスンに通うのみ、という状態でした。
もともと楽器もないので自主練もできないのだけど、CDを聞いてイメトレしたり、
楽譜を見ながら指をさらったり、ってこともさえもやらない不真面目生徒に落ちぶれていきます。
開始早々・・・。

レッスン開始時に、レッスン内容を録音して復習すれば上達度がまったく違います、と先生から言われて
早速購入したICレコーダーXactiも、気づけばほぼ出番なし。
最近は壊れたipodの代わりにウォークマン化しているのみ。

そんな状態が一変するかも?という出来事がこの週末にありました!
・・・というのは大袈裟で、ただ発表会があっただけなのですが。

まあそんなわけで発表会があったのですよ。
土曜日に、新宿somedayで。
新宿somedayといえば立派なライブハウスです。
そんな素敵なライブハウスでなんとサックスを演奏しちゃったんですよ!
これはもう興奮です。

でもねーやっぱり不真面目さがたたって、ちーっとも吹けませんでした。
何度も音がかすれるし、指ももたつくし。
今回は、先生の生徒さん達を集めての発表会で、
サックス歴の一番浅い私のクラスの3人がトップバッターで演奏したのです。
今回はね、まだ「まだ始めて半年なので!」という言い訳が通ると思うのです。
他の方たちも「半年なのにちゃんと発表会に出てえらい!ちゃんと曲になってた!」とほめてくださったし。
(というか発表会に出ない、というoptionは無く強制的に出演させられたのですが・・・!)

でも、聞くところによるとこの発表会は半年に1度あるとのこと。
半年後の次回、同じようにどうしようもない演奏をするわけにはいきません。
「まだ半年」っていう言い訳ももう通用しない。

というわけで、ちゃんと心を入れ替えて練習しよう!と固く誓ったのでした。
じゃあ楽器でも買うか☆ポンッ!
・・・ってわけにもいかないので、しばらくはレッスン時間以外にも教室に行ってお部屋と楽器を借りるしかありません。


発表会後の打ち上げ飲み会で、楽器を始めて2年くらいは誰でも練習量に比例して、ある一定のところまでは必ずうまくなるものです、と先生に言われました。
少し吹けてくるとどんどん楽しくなってくるから、と。
壁にぶつかって久しいトロンボーンと違って、サックスはまだ始めたばかり。
伸びしろは無限にあるはずだし、凡人だって一定のところまでは行くはず。
自己流で趣味としてやってきたトロンボーンと違って、
サックスはお金を出してプロに教わっているのです。
うまくならないわけがない。

うまくなりたい。
自分で自由に吹けるようになりたい。
頑張ろう!
と、ちょっと熱くなった土曜日の夜でした。
[PR]
by reiko-204 | 2010-11-01 01:14 | 日常 | Comments(0)


<< お宅訪問 ベルギー旅行記 Day6 >>