あれから4年

立て続けに、懐かしい人からメールが来た。
ひとりは、デンバー短期留学時代の元ルームメイトで、今は中央アメリカに住むmaria。10歳年上の彼女は、当時はその年齢差を感じさせないほど私たちに同化していて、よく一緒にわいわい騒いだ。とても感情豊かで思いやりがあって優しいお姉さんだった。そんな彼女も2児の母で、当時は子供を国に留守番させてアメリカに留学に来ていたという勉強好きなエリート。
そんなmariaが、先週ご家族と一緒の写真を添付してメールをくれた。ご家族そろってのmariaを見たら、表情が凛としていて"母の顔"だった。当時私たちと馬鹿騒ぎしていた同じmariaなのー!?と思うほど、"おかあさん"だった。小さい子供がいる、という話は聞いていたけど、写真に写っているお子さんは小学生くらいの大きな子。そうか、あれからもう4年も経つんだもの。子供さんが大きくなったって当然だよね。時の流れを感じた。

もうひとりは同じ時期のデンバーでの友人、Y。彼はblogを立ち上げたよ、と連絡をくれたので早速遊びに行ってみた。今もデンバーで頑張っている彼の姿がそこにあった。NYとは違う、アメリカの雄大な自然の中で日々努力しているYの姿を、ここ日本で見られるのは嬉しいな。

4年も経ったんだね。
デンバーでの日々は今も鮮明に覚えているのに、もう4年もの月日が流れたなんて。
少し物悲しい気持ちになった。
でも、4年経った今でも、忘れずに連絡をくれる留学仲間がいるのは嬉しいことです。
久々にデンバーを思い出して、また行きたくなった。
[PR]
by reiko-204 | 2005-04-26 00:45 | 日常 | Comments(0)


<< 大惨事 高いairfare >>