The New Guy

c0066171_1205958.jpg
The New Guyを見ました。
amazonによるとストーリーはこんな感じ。

『メリーに首ったけ』の脚本家、エド・テクターが手がけたおバカな学園コメディ。小心者で冴えない高校生・ディジーは、ふとした誤解から刑務所へ。そこで彼は不良青年のルーサーに出会い、彼からモテるためのレッスンを受け、クールな男に生まれ変わる。





映画が始まって数十分は、主人公ディジーがひどいいじめられっぷりを披露していて、また場面場面が絵づら的に汚くて、ヘンな映画だなーと思っていたのだけど、中盤から急に面白くなってきた。刑務所で出会ったルーサーから、いじめられっこから脱出するために今の学校を退学になって新しい学校に転入し、転入してすぐに学校一強いヤツに喧嘩で勝て、と教えられ、相手の威嚇法や喧嘩で勝つ(卑怯な)方法などを伝授されるディジー。ルーサーの指導のおかげか、見事生まれ変わって新しい学校に赴く・・・。
ここでの彼の変貌ぶりに目を見張った。最初はほんっとにナヨナヨしていて気持ち悪い奴だったのに、髪を切り目つきを変えて見掛けだけは硬派でクールな容貌に変わる。よく少女漫画等である、髪を切ってメガネを外した女の子が美少女に変身するパターンの男バージョン。ほんとにかっこよくなってた。
物語は思わぬ方向に進みだすのだけど、クライマックスで正体をばらされるディジー。新しい学校の生徒達に、自分を偽っていた事、嘘をついたことを謝罪するディジーは、「自分を変えたかったんだ」と素直に胸のうちを語る。皆はそんなディジーを許して仲間として受け入れる・・・めでたしめでたし。
っていう学園ドラマ。

ノリも軽いし、絵づらも綺麗じゃないけど、なんだか最後には心温まる映画でした。

この映画を見たのは昨日でしたが、昨日は私の誕生日でした。
このDVDを借りていることをすっかり忘れていて、
翌日持ち主サマと会うことになっていたので急いで見たのだけど、
それがたまたまmy birthdayだったことは偶然の一致?
それともディジーのように、「あなたも自分を変えなさい」という天からのお告げ?
なんだかおバカなディジーをお手本にするのは非常に気が引けるけど、
この自己探求の色が濃い映画を自分の誕生日に見たって事がちょっと意味のあることのような気がするGW最終日の夜です。
[PR]
by reiko-204 | 2005-05-08 23:59 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)


<< 濃い一日 Sweet Charityのc... >>