ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼ

久々に映画館で映画を見てきました。

『ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼ』
Roberta de Niro as David
Dakota Fanning as Emily
Famke Janssen as Catherine
Elisabeth Shue as Elizabeth

ストーリー from Movie Walker:
母親の自殺で心に傷を負った9歳のエミリーが、心理学者の父親デビッドと郊外の屋敷に引っ越す。しかしエミリーは、デビッドには見えない心"友達"がいると言い出し、次々と奇妙な出来事が起こる。



感想:
怖い!めちゃめちゃ怖い!!!
映画の途中で、「あーもうやめてくれ、もう終わって~」と思ったほど怖い。
体中硬くしてところどころ身震いしながら見たくらい、怖い。
怖い怖い怖い。
こんな怖いと思わなかった。。。

ダコタファニング天才っぷりを大画面で見たくて行ったのです。
期待は裏切られず。
あんなにかわいい子が、あんなに怖くなるなんて、という感じ。
メイクだと思うけど、どんどん顔が痩せて病的な目つきになっていく。
見ていてぞっとしました。

Movie Walkerのストーリー紹介にもあるように、この映画はダコタファニング演じるエミリーの母親が冒頭部ですぐに自殺をしてしまうのですが、その現場を見てしまったエミリーが心に深い傷を追ってしまいます。ロバートデニーロ扮するデビッドパパは、仕事を辞め(休み?)、エミリーのfull-time-dad(って言ってたけど日本語だとなんだろ?一日中一緒にいるパパ・・・とか?)になることを決意、また"思い出のありすぎる"マンハッタンの自宅からNY郊外へ引っ越し、ここでエミリーとふたりの生活を始める。デビッドはエミリーに気を使って、同年代の友達を見つけてきたりするのだけど、エミリーは心を開かず、「もう友達はいらない」と言う。大切にしていた人形まですててしまう。「どうして?」とパパが尋ねると、「新しい友達ができたから。チャーリーって言うの」と楽しそうに話すエミリー。デビッドパパは、エミリーが心の病で、想像上で架空の友人を作ってしまったことに気付く。心理学者のデビッドはなんとかエミリーの傷を癒そうと考える。
ところが、この家で奇妙で不気味な出来事が相次ぐ。最初はエミリーのいたずらだと考えていたデビッドは、この不気味な出来事がどんどん大事になりエミリーひとりの手には負えないいたずらであることに気付く。エミリーは「チャーリーがやったの」の一点張り。
デビッドとエミリーが越した先は、夏の避暑地で、シーズンオフは寂しいくらいひっそりとしている。庭にはうっそうとした雑木林もありなんとも不気味。またこの界隈の住民も保安官もみんながみんな不気味で怪しい。
そんな時最悪事態が発生し、犯人を追うデビッド、おびえるエミリー。"チャーリー"は存在するのか?それとも生身の人間の仕業か?そうであれば犯人は誰か?

というストーリーでした。
最初はたんたんとしたぺ-スで、エミリーの様子や日々の出来事が描かれていくのだけど、ちょうど中盤あたりからどんどん話のペースが速くなって、出てくる人がどんどん怪しくなって、犯人はこの人?いやこの人?と考えているうちにクライマックス・・・
という緊張感満載の映画でした。

話はよく出来てると思った。
でもこうやってストーリーを思い出してるだけでもまた背筋が凍りそうなくらい怖くなってきた。
私が怖い系に弱いだけかもしれないけど。
でも映画を見てこんなにおびえたのは久々かも。
現実逃避にはちょうどいいかも。
"現実"の方がずっといい、と映画館で気付くこと請け合いですが(笑)
[PR]
by reiko-204 | 2005-05-16 23:59 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(4)
Commented by yukazow at 2005-05-18 11:11
わたしも先々週あたり見ました! 恐い好きなので、あんまり恐くなかったのだけど、ダコタファニングは恐かった(笑) あと、心理的にゾっとさせるとことかは面白かったデス(^-^) 途中から犯人アイツっしょ・・・みたいに気づいてしまったのだけど、でもアレって最後がまた謎ありな終わり方で、本当はどうなの???でスッキリしない(笑)

一旦物語が勢いづいたら早かったけれど、そうなるまでがちょっと長かった気も(T-T) 一緒に見ていた相方は、コンタクト落として映画どころぢゃなかったみたいです(汗)
Commented by reiko-204 at 2005-05-19 00:23
yukazowさん、あれが怖くなかったなんて尊敬!!
えーしかも途中から犯人気付いたんですか?
私なんて全然ダメでした。
最後に「えーーーーーー!???」みたいな(笑)
上映中、完全に製作者の思惑通りの反応をずっとしていたと思われます。

相方さん、コンタクト見つかりましたか?
Commented by yukazow at 2005-05-23 16:14
コンタクトレンズは無事に私が見つけてあげて、ご褒美買ってもらいました。美味しいお菓子デス(笑)

恐いのは割と平気なんです^-^;;
あとはストーリーからではなく、裏を読んで犯人当ててしまうので、すぐわかっちゃったのでした。見ていた夢や、あの主演役者がこんな役のままで終わるはずがない!とか(汗) 
Commented by reiko-204 at 2005-05-24 02:02
なるほど、そういう裏情報から攻めるのですねー
勉強になるなあ。
でもまた怖いものを見ると、きっとそっちでいっぱいいっぱいで、裏事情を考える余裕がなくなりそうです(笑)
あーでも当分怖い系はやめておきます。。。


<< 有給消化作戦 DIRTY ROTTEN SC... >>