近況報告

また随分と久々の更新となりました。
季節はすっかり春。
北陸の長い冬も開け、ようやく春がやって来ました。
先週中頃に桜の開花宣言もあり、先週末は我が家でお花見パーティを開催しました。
とても楽しかったので、また別記事にできたらなあと思っています。

さてさて、更新していなかったこの2ヶ月は、私にとってかなり激動の2ヶ月でした。
2月は中旬ごろに、地元神戸から友人が3人遊びに来てくれて、
女子4人での富山・金沢一泊旅行を敢行しました。
たったの1泊とは思えないほど、充実した濃い濃い旅行になりました。
2月中旬にもかかわらず、奇跡的に晴れて気温の高い週末になって、
兼六園でまさにこの日から咲き始めたと思われる梅を愛でたり、
お寿司にお刺身にと海の幸をお腹いっぱい食べたり、
とにかよく食べて喋って笑った2日間でした。

そんな楽しい週末の数日後、ひょんなことから婦人科系疾患の疑いありと診断されました。
その後は総合病院へMRIを撮りに行き、確定診断が出て、専門医を紹介されて初診、
手術を勧められ手術決意、その後思い悩んで病気について調べまくるという毎日でした。

今回同時に見つかった2つの病気。
それぞれについて、病名は知っていても具体的にはどんな病気かほとんど知識がなく、
基本の基本から勉強しました。
病気の概要、治療方法、そのメリットデメリット…。
調べ出したらキリがなくて、もやもやもやもやした毎日でした

3月中旬ごろ、大さんと大喧嘩しました。
普段からちょくちょく喧嘩はするし、大きい喧嘩も何度もあったけど、
それらはいつもお互いにそれぞれ悪いところがあっての喧嘩でした。
(と、少なくとも私はそう思ってマス。)
でも今回は明らかに大さんには非は無く、全面的に私が悪かったんです。
今思い出してもどうしてあんな言動を取ってしまったのか自分でもわからないくらい。
病気への不安と後悔で、自分が思っていた以上にストレス過多になっていたのかなあ…
むしろそうであって欲しい、喧嘩の原因を病気のせいにしてしまいたい、
そう思える程度に、今は通常運転に戻りました。

気の済むまでリサーチして、疑問や不安は全て先生に相談して答えをもらったら、
驚くほど気持ちが楽になりました。
結局入院して手術をすることに決めましたが、
ひとまず入院までは今のこの桜の季節を存分に楽しもうと思っています。

そんな精神的にガタガタだった3月15日、TOEICを受けてきました〜。
今回はちょっと真面目に勉強をしていて、3/15に合わせて自分なりに準備をしていました。
ちょうど病気の確定診断が出たのが受験の1週間くらい前で、
病気のリサーチに全力投球したいと思いつつ、TOEIC受験も手を抜きたくなくて、
結局手を抜いたのは家事だったかしら(笑)。
越えられない壁を今回こそ越えたくて、自分なりに準備してみたけど、どうなることやら。
そろそろ結果が届く頃なのでソワソワしています。

そんなこんなでいろいろあった3月は、自分のブログを見る余裕もありませんでしたが、
新年度も始まったことだし、また気持ち新たにマイペースに
日々の出来事を記録していけたらな〜と思っています。
[PR]
by reiko-204 | 2015-04-06 18:13 | 日常 | Comments(0)


<< お花見ホームパーティ おニューの水筒 >>