RENT 6/19/04

RENT 6/19/04 Sat. 20:00- 
ORCHL rowBB seat5(rush), $20


Roger Davis/Jeremy Kushnier
Mark Cohen/Matt Caplan
Tom Collins/Mark Richard Ford
Benjamin Coffin Ⅲ/D'Monroe
Joanne Jefferson/Merle Dandridge
Angel Schunard/Andy Senor
Mimi Marquez/Melanie Brown
Maureen Johnson/Maggie Benjamin
Mark's mom & others/Kristen Lee Kelly
Christmas caroler & others/Desten Owens
Mrs.Jefferson & others/Frenchie Davis
Gordon & others/Sebastian Arcelus
Steve & others/Justin A. Johnston
Paul & others/Enrico Rodriguez
Alexi Darling & others/Mayumi Ando


2度目のラッシュ席。席は前回と同じ一列目左端でした。
やっぱり舞台と近い分迫力がすごかった。
キャストはGordon以外フルキャスト。

しかし今日は会場のノリがいまいち。
ラッシュ席の後ろが5席くらい空いてるし(抽選の時は絶対にいたはずなのにどうして?)、
右隣のオネエサンは非常に冷静で、というか無反応で、拍手も何もしない、
しかもintermissionで帰ったっぽいし。
2階席後方からのみ声が聞こえてきました。地元のファンかも。

MRFが髪を切っていました。
髪の毛を結んでいないCollinsで最初はあれっと思ったのですが、
短い髪もなんとなく爽やかでいいかも。

今日思ったのは、それぞれの人の声質。
すごくいい声なのに大声になると割れる人がいる。Benny役のD'Moroeとか。
最初に登場する時の"Joy to the world~"の一節はすごくいい声なのに、
叫びだすと声が割れて、ちょっと痛い音になってしまう。
Jeremyもそうかな。怒るシーンとかでは音が割れる傾向があるように思う。。
対して、MRFやMattは大声で歌っても聞き手の耳に痛い声にならない。
叫んでるのに心地いい声。
MaureenとJoanneの、"Take me or leave me"も、
ふたりともこれでもか!!ってほど叫んでるのに音が痛くなくてとても聞きやすい。
大声で叫んでいても綺麗な音を出せるなんてほんとにすごいなあ・・・
そんなことを思いながら今日は見てました。

あ、Seasons of Loveでは、またまたAndyと見つめ合っちゃいました。
前の方にいる客に向かって微笑みかけてるので、
思わずじーっくり見つめあって微笑み返してみました。
あのAngelスマイルにかかったら一発でやられてしまう。
なんであんなにかわいいの、Andy。

Desten Owens、彼も私好みの低音のいい声をしている事に今日気付く。
今度から注意して聞いてみよう。

終演後はJustinに話しかける事ができた。でも前回聞いてくれた私の名前は忘れていた。
前に会って自己紹介したことは、私から言ってなんとか思い出してくれたっぽい。
まあもう2週間も前の話だけどさ。
でもちょっと残念だった。
きっとまた忘れられてるんだろうなあ・・・悲しい。
[PR]
by reiko-204 | 2012-01-09 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)


<< RENT 6/27/04 RENT 6/17/04 >>