RENT 7/17/04 14:00-

RENT 7/17/04 Sat. 14:00-
ORCHC rowK seat110 $60

Roger Davis/Jeremy Kushnier
Mark Cohen/Matt Caplan
Tom Collins/Mark Richard Ford
Benjamin Coffin/Ⅲ D'Monroe
Joanne Jefferson/Merle Dandridge
Angel Schunard/Jai Rodridge
Mimi Marquez/Karmine Alers
Maureen Johnson/Maggie Benjamin
Mark's mom & others/Caren Lyn Manuel
Christmas caroler & others/Desten Owens
Mrs.Jefferson & others/Frenchie Davis
Gordon & others/Colin Hanlon
Steve & others/Owen JohnsonⅡ
Paul & others/Enrico Rodriguez
Alexi Darling & others/Mayumi Ando


劇場に入って、入り口のキャスト表を見て愕然とする。
SteveがJustinじゃない!!
たまたま3日前の水曜にお休みだっただけだろう、と思ってた。
いつも出てて、今日だって絶対出てる、と思って来た。
なのに、出てない。

今日が私の最終日なのに、最後に会えないなんて。
こんなに続けて休みになるなんて、vacationなのかも。
いや、もしかしたらフルタイムキャストじゃなくなったのかも。
そうまで思ってplaybillのフルタイムキャスト表を確認までしたりした。
でも今日いないものはいない。
マチネに出て、ソワレお休みはありえても、逆なんて普通無いだろう。
このマチネに出てないのに、夜出てくるわけ無いよな、今日一日休みを取ったんだろうな、と
とことんテンションが下がる。

かなり落ちたところで、思い直した。
Justinに会えないのは寂しい。
JustinのSteveとウェイターを見れないのも寂しい。
でも他はとってもいい配役なんだから舞台を楽しまないと損だ、最後だし。
そう、MimiがKarmineなのですよ。
これでJustinがいたらパーフェクトなのに。

あ、でもコンダクターがBokoさんではなく
去年の秋にちょっとがっかりした太った白人だったのでパーフェクトではないか・・・
Boko Suzukiじゃない人がコンダクターだと、Bokoさんのよさが改めてわかる。
たまに音がannoyingになったりするんだもの。
大きすぎたりテンポが違ったり。
特に今日気になったのはTango Maureenで、
ピアノが跳ねすぎていて、とても耳障りというか気になった。
ミュージカルの音楽は自然じゃないと、音だけが突っ走ると物語との均衡が崩れる。
Bokoさんは偉大だなあ。

今日のマチネはかなり盛り上がっていた。
MaggieのOver the Moonはいつもとかなり違うし、
しかもLVBでMr Greyに向かってお尻を出すところで、
今日は出したままなかなかしまわないな、と思ったら出したままキャストの方に向けた!
と思ったらそのまま観客の方にまで向いた!
つまりお尻を出したまま時計回りに一回転してしまったのだ。
しかも観客の方に向けたまま(つまり背をまっすぐ向けた状態)振ったりしてる!
観客からは拍手が起こり、キャストは噴き出していた。

Act1でのコートの値切りで、AngelのIt's Oldが今日ははっきり聞こえた。
Jaiは今日は絶好調だった。
2週間公演の最終日で、どれだけ疲れ果ててるかと思ったけど、
今まで見た中で一番いい気がした。
最後だから気合入ってるのかな?
声もかなり大きいしかすれないし。
元気一杯だった。

Act2。Happy New Yearのところで、MimiがRogerにグラスを渡す場面で、
Karmineがグラスを落としてしまった。
すぐに拾ってRogerに渡そうとするのだけど、
Jeremyはグラスではなくてボトルをちょうだいっていう仕草をする。
Karmineはボトルはだめ、という仕草をしながらもういちどグラスを渡そうとする。
やっとグラスを受け取ったJeremyはグラスの口の部分を手で拭いてる!
さっきKarmineが落としたからだ!
それを見たKarmine's Mimiは、ここで拭きなさいよ、と自分の太ももを差し出した!
Jeremy's RogerはMimiの太ももで拭いてから、お酒をついでた!
なんかすごい。
普通にいつもどおりの歌を歌いながら、こんな即興の芝居までしてるなんて。

今日のI'll cover you repriseでは、やっぱり久々のMRFの歌声に、しびれました。
やっぱり偉大な曲だ、と涙がじわっと出た。
やっぱり彼の歌うこの曲が私は大好きだ。

全体的にとてもノリがよく、Maggieはもちろん、
他のキャストもアドリブがいつもより多いような気のした舞台だった。

出待ちはJustinがいないのでMRF待ちで。
聞きたい事があったので聞けてよかった。
いい人だなー。
[PR]
by reiko-204 | 2012-01-16 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)


<< RENT 7/17/04 ... RENT 7/14/04 >>