RENT 9/11/05

RENT 9/11/05 Sun 19:00~
OrchC rowH seat111 $45

Roger Davis/Cary Shields
Mark Cohen/Matt Caplan
Tom Collins/Desten Owens

Benjamin Coffin Ⅲ/Stu James*
Joanne Jefferson/Merele Dandridge
Angel Schunard/Shaun Earl*
Mimi Marquez/Karmine Alers
Maureen Johnson/Kelly Karbacz
Mark's mom & others/Ava Gaudet
Christmas caroler & others/Marcus Paul James
Mrs.Jefferson & others/Frenchie Davis
Gordon & others/Colin Hanlon
Steve & others/Jay Wilkison*
Paul & others/Philip Dorian McAdoo*
Alexi Darling & others/Mayumi Ando

*=understudy

図らずも今日はKelly@Maureenのラストでした。
昨年7月にNYに滞在した時も当時のMaureenであるMaggieのラストに遭遇したし、
なんかちょっとついてるかも。

とはいいつつこの日は911。観劇という風潮でもないのか、
それとも新学期が始まったばかりという時期的なものか、客入りが悪い事この上なし。
ラッシュは外れたものの、オーケストラ含め全席$45で売ってくれたし、
開演2時間前にラッシュに外れた後にチケットを購入したのに
H列のセンターオーケストラのほぼ真ん中が買えたし、おまけに私の隣は5席ほど空席。
センターオーケストラは空席が目立ちつつもなんとか埋まっている感じだけど、
ライトとレフトは通路側以外はガラ空き。
2階は見なかったけど、多分ガラガラだったのではないかと思われます。
それにしては盛り上がった、というか、Kellyのファンが詰め掛けたんだと思うけど、
OTMでのMooはすごい事になっていたし、曲間の歓声も大きかった。
そういう意味では楽しめた。

Kelly@Maureen:
初めてKellyのMaureenを見たのは今年の2月で、
その時はMaggieとだいぶ違ったので違和感があったものの、
回を重ねるごとに彼女のMaureen像がとても好きになって行きました。
今日は一曲一曲丁寧に歌って演じているような感がありました。

LBVでのお尻を出すシーンではMr Greyに向かってお尻を出した後に、
反対側にいるキャストにまで見せていたし、
彼女もサービス精神旺盛でした(笑・Maggieの時は更に観客にまでお尻を向けてくれた)。

Angelのお葬式では泣いているように見えました(でも席が遠すぎてちゃんとは確認できず)。
最後のカーテンコールでは客席から花束が4つほど。
愛されてたんですね。
それにしても色が白くてほんとにかわいい。

Shaun@Angel:
覚悟はしていたけど、やっぱりJustinはお休みだった・・・。
そしてShaunのAngel・・・。
どうせならEnricoが見たかったけど、Enricoもお休み。
ShaunのAngelはBenny Tourで見てるはずなんだけど、
その時の感想は「女装がキモイ」だったので他に覚えていることは全くナシ。
そして今日見てみると、やっぱりdrag queen姿が美しくない!
Justinのdrag queen姿も決してかわいくないけど、Shaunはもっとダメだー。
でもそれ以外は意外と良かった。
お茶目なAngelだったかな。
でもとても大人しい。
ダンスがあまり無かったな。
見せ場のT4Uもいまいち。

Desten@Tom Collins:
大人の余裕がない。フリーマーケットで自分が盗られたコートを見つけたときの反応が嫌い。
"That's my coat!" "She's a theft! "って、怒りすぎでは?
あと、声が独特。
低い声は好きなんだけど・・・ちょっとね。

Stu@Benny:
この人、とても背が小さい。
D' Monroeが大きすぎるからかな?なんかちょっとイメージが。
さらに髪の毛が顔の2倍くらい(?)あって、
とにかく頭が大きくてどうしても笑えてしまって仕方が無かった。
とはいえ、声はすごくきれい。
力強くてハッキリしていて低音も綺麗で歌い方はすごく好き。

とても印象的だったのは、Act2のGoodbye Loveで、
MimiがRogerに"Goodbye my Love"と歌うところ。
MimiもRogerもお互いに何か言いたげででもうまく言えずにMimiが去るシーンで、
いつもD'Monroe@Bennyは
「このままMimiを連れて行ってもいいのかな?」「いいの?いいの?」という感じで
後ろのRogerを振り向きつつちょっと悪そうにMimiと去っていくのだけど、
Stu@Bennyは正反対で、Rogerを全く振り返らないばかりか、
「早く俺のところに来いよ」と言わんばかりに正面を向いたまま手を差し出して
Mimiが自分のところへ戻ってくるのを催促していたところ。
D'Monroeとはきっと解釈が全く違うんだろ。

出待ち:
本当に出待ちしたい人は今日はお休みだったのだけど、
なんとなくクセで終演後も劇場前にボケっと一人でいたらCaryが話しかけてきてくれた。
「前にも来て、日本に帰って、また来たの?」って言われたけど、
この人私のこと覚えてるのかなー?微妙。

EnricoとNick発見。Kellyのラストを見に来たのかな?
Enrico, ヒマなら出演すればいいのに・・・。
今日はEnricoがいないからSteve×PaulがJay×Philipで
非常にかわいくない組み合わせだったのに。
話しかけようかと思ったけどやめておく。

最後にKellyを見ておきたかったのだけど、地元ヘッズが非常に沢山いたので
怖くなって帰ることに。Caryに、また木曜に来るね、と言って帰宅。

後日談:
この日、JustinもKellyのラストを見に来てたらしい。
ヒマなら出てよーAngelで~。もうー!
[PR]
by reiko-204 | 2012-01-24 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)


<< RENT 9/15/05 RENT 6/7/05 >>