「ほっ」と。キャンペーン

ドラマ「下町ロケット」第一話を見て感じた事

先週日曜から、TBS日曜ドラマ「下町ロケット」が始まりましたね。
2年前の同枠の半沢直樹が面白かったので、
その後、池井戸潤さんの小説を何冊か読みました。
その中でも特に面白いと思ったのが「下町ロケット」と「空飛ぶタイヤ」でした。
(まだまだ全部読み切れていないのですが)
そんなわけで、今期の「下町ロケット」が始まるのを非常に楽しみにしていました。
これまでも、半沢直樹のヒット以来、各局で池井戸さん作品をドラマ化していたようですが
それらは特に見たいとは思わなかったのですが、
「下町ロケット」はどのように映像化されるのかとても興味があったんですよね。

で、実際に第一話が先週放映されたわけですが。
なんだかものすごく違和感がありました。
どんな作品でも、原作を読んでから映像化されたものを見ると違和感は少なからずあります。
小説の中の人物像が自分の中でイメージとして出来上がっているので、
そのイメージとかけ離れた人がキャスティングされていると、
どうしても違和感を感じてしまいます。
でも今回の下町ロケットは、その「違和感」が普段以上に大きくて、
違和感どころか気持ち悪く感じてしまいました・・・。
キャスティングだけではなく、その演技や表情が、
それは違うだろう、その表現は小説とかけ離れすぎだろう、と思うことがあまりにも多くて
初回を見終わったときにはぐったりしてしまいました。
幸いにも、主役の佃航平役の阿部寛さんはすんなり入ってきたのでまだいいのかしら。
殿村さんとか、財前部長とか、違うだろう~という感じ。

あと、描き方がおかしい。
ナカシマ工業で三田さんが顧問弁護士から電話を待っているシーンがあったけど、
彼が電話を取りその対応の一挙手一投足を周りの社員が見守っていたけど、
普通そんな会社ないだろう~と。
普通の会社はそんな上司の電話一本に、平社員が耳を傾けられるほど暇じゃないんですよ、
と言いたい。
それから、演技が大げさ。
会社でそんな感情をむき出しにする人いないでしょーと思ってしまった。
今日のラインニュースで、
「『下町ロケット』出演俳優らの顔芸対策が話題に」なんて記事が上がっていたけど、
なんだかな~。

と、なんとも辛口になってしまったけど、期待が大きかったからこそ。
今後が楽しみ、というより怖いもの見たさで、たぶん次回も見ることになりそうです。
少しでも違和感が少なくなってすんなり安心して見られるようになればいいな~。
[PR]
by reiko-204 | 2015-10-22 19:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)


<< グランプリシリーズ第一戦 アメ... 屋台フード・チキンオーバーライス >>