SATC4-6

しばらくお休みしていたレンタルビデオ屋通いを再開しました。
5月末から8月頭までずーっとばたばたしていたので、
ビデオをゆっくり楽しむ心の余裕がなかったのでした。
やっと落ち着いたので久々にSATCを。
これまでの話をすっかり忘れてしまっていた(笑)

早くSATCを終わらせて、今度はFRIENDSを見たい。

SATC Season4-6

c0066171_20383337.jpg
#16 Ring a Ding Ding / 独身女の査定価格
#17 A “VOGUE” Idea / “VOGUE”なアイディア
#18 I heart NY / 我が心のNY






【Title of the episode/ ひとことあらすじ】

#16 Ring a Ding Ding / 独身女の査定価格
・キャリーとエイダンが別れ、エイダンが家を出て行った。エイダンからの置手紙があり中を確認すると、それは手紙ではなくアパートの買戻しの話だった。
・銀行で財政査定をしてもらった結果、キャリーの財産では家を買い戻すための頭金にもならないことが発覚し愕然とするキャリー。自分の人生をも査定された気になる。
・最終的にシャーロットが自分の結婚指輪を頭金に、とキャリーに貸し、一件落着。

#17 A “VOGUE” Idea / “VOGUE”なアイディア
・憧れのファッション雑誌”VOGUE”で新しい仕事を始めたキャリー。担当の編集者イニドにコテンパンにけなされショックを受け、一度は仕事を辞めようとするが、自分の置かれている状況の中でベストを尽くそうと考え直す。
・ミランダのためにベビーシャワーのホスト役を引き受けたシャーロットは、自分も子供が欲しかったので張り切ってパーティの準備をする。

#18   heart NY / 我が心のNY
・季節の移り目を感じてふとビッグに電話するキャリー、そこでビッグがNYを離れる事を知ってショックを受ける。ビッグが発つ前の日の晩、ふたりで時を過ごすがミランダの陣痛が始まりお開きに。
・ミランダの出産にはスティーブとキャリーが立ち会う。生まれた息子にミランダはブレディと名付け、自分のラストネームが名付けられたスティーブは感動して泣きそうになる。
・サマンサは、愛したリチャードの浮気現場を押さえショックを受ける。
・ミランダの出産後、急いでビッグの部屋に行ったキャリーは、既に空ッポになった部屋に、先日ふたりで踊った曲のレコードと、ナパまでの航空券を発見し、運命について考える。


【全体を通して】
#17のエピソードで、ベビーシャワー中に、別れた夫を思い出して落ち込むシャーロットに言ったミランダの言葉にジンと来た。”I know this is hard and I really appreciate you trying to be OK with me having this baby. “
#18のビッグに去り際と、季節の移り目について、そして運命についてのキャリーの独白(?)がこのシーズン5をうまくシメていたなあ。
個人的にも、今回のように夏から秋に移る瞬間や、秋から冬に移る瞬間がとても好きなので、すごく共感した。ちょっと物悲しい、雰囲気の季節の移り目ってなんともいえない気分になる。子供を生んだミランダがこの後のシーズン6でどのように変わっていくのかが楽しみ。
[PR]
by reiko-204 | 2005-08-14 20:39 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)


<< SATC5-1 6月NY旅行記⑦ >>