「ほっ」と。キャンペーン

グランプリシリーズ ファイナル

ものすごく忙しい1週間で、PCを開く心の余裕がありませんでした・・・。
そうこうしているうちに、グランプリファイナルから1週間が経ってしまって、
あの時の感動を忘れつつあります。
今さらですが、簡単に感想を。

まずは女子。
真央ちゃん残念。
以上!

対して男子。
男子はとーっても良かったですね!
フリーの1番滑走のチャン選手の演技で魅了され、
その後どんどんテンションが上がっていきました。
6人が6人ともみんな素晴らしかったのだけど、
その中でも特に印象に残ったのは、宇野君とフェルナンデス選手です。

宇野君、彼の演技は本当に素晴らしかった。
とにかく綺麗でした。
ジャンプでちょっと体が傾いても着地の時にちゃんと姿勢が戻っていて、
安心してみることが出来ました。
足首が柔軟なのかな?
とにかく綺麗。
あと曲がもう素晴らしい!
あのどんどんボルテージが上がっていく感じというか
迫りくるものがある感じというか、
後半に向かうにつれて、感極まっていく感じが
宇野君の演技と相まって、なんだかものすごーく感動してしまいました。
(使用曲:プッチーニ歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」他)

そしてフェルナンデス選手。
前にも感想を書いた気がするけど、彼の演技は競技というよりも一つのショーのようで、
見ていて本当に楽しい。
滑らかでのびやかで、表情が豊かで、
彼にしか出せない個性たっぷりの魅力のある演技だと思うのです。
結果も、非常に高い点数が出ていたけれど、それでも羽生君には及ばず。
でも私は彼の演技の幅というか、あの彼にしか出せない個性があるということは
点数が及ばなくても競技者としては大きな強みなのではないかなーと思うのです。
とにかく素晴らしかったなー。見ていてウキウキするような、そんな演技でした。

羽生君の世界最高得点更新は、もちろん凄かった。
相当な努力を重ねての結果だと思うし、
若干二十歳そこそこでのあの貫禄と、毎回のように結果を出す、
そのハートの強さは並大抵のものではないなーと感じました。

今年のグランプリシリーズも楽しく観戦しました!
また来シーズンが楽しみです。

=====

数日前の夕食
c0066171_12585629.jpg

・蒸し鶏 ラー油のせ
・白菜とツナの煮物
・ニラ入り卵焼き
・高野豆腐とワカメのお味噌汁
(ゴハン抜き)
[PR]
by reiko-204 | 2015-12-23 19:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)


<< Merry Christmas! お初ケーキ屋さんとおうちごはん >>