我が家のお雛様

明日から3月!
早いなー。

この週末で、ようやく確定申告の準備が整ったので随分気楽になりました。
1月からずっと、早く準備しておかなくちゃーと思いながらも何もできず、
2月に入って、ああもうすぐ確定申告の期間が始まるよー早く準備しなきゃーと思いつつ
やはりなにもできず、
結局先週末と今週末の2回に分けて少しづつ資料を作って、
ようやくあとは郵便局に持っていくだけ、の状態になりました。
去年は私の入院があったり、親不知を抜くために歯科医通いをしたりと
かなり医療費がかかったので、初めて医療費控除申請をしてみたのです。
やり方がよくわからないので、とにかく腰を上げるまでが大変でしたが、
資料をそろえて作業を始めると案外すぐに終わりました。
よかったよかった。
これでちょっと胸のつかえがとれました。

さて少し前にお雛様を出しました。
うちのお雛様はコレ。
c0066171_1841440.jpg

これは、昨年富山ガラス工房というところで体験レッスンを受けて自分で作ったものなのです。
富山に住んでいた昨年の2月に、地元の友人が泊りがけで遊びに来てくれて、
富山と金沢を一緒に観光したのですが、
その時にみんなで行ったのが富山ガラス工房でした。

ガラス工房では常時体験レッスンをしていて、色々なコースがあるようでした。
ぐい飲みをつくるコース、ペーパーウェイトを作るコース、などなど。
私たちが申し込んだのは、その季節に合った作品を作るコースで、
2月はちょうどお雛様作成体験コースが用意されていました

自分で作る、とは言ってもまあそこはガラス作りに何の知識もないド素人。
ガラス作家さんが2人ついてくれて、
そのお二人の指示に合わせてちょこっと作業するだけなのですが、
それでもとても楽しい体験でした。
とはいえ、形や色の付け方、中の気泡の入れ方などは、
各々が好きなように組み立てるので、出来上がりは全く違うものになります。
私は、お内裏様をちょっとしゅっとさせて、
お雛様を丸みを帯びせた形に作ったつもりなのだけど、
ちょっとわかりにくいかな~。もっと極端にすればよかったかも。

一緒に行った友人たちの作品も載せてみます。
c0066171_186911.jpgc0066171_1862275.jpg

c0066171_1863895.jpgc0066171_1841440.jpg


撮影場所が違うので、周りの雰囲気が全く違うのもあるかもしれませんが、
それでもそれぞれの個性が出て、まったく違う作品になっているのがわかるかと思います。

同じ説明を受けて、同じ日に同じ機械を使って作ったものが
こんなに違う作品に仕上がるなんて面白いな~と思った体験でした。
ちなみに、体験後しばらくは工房で冷却期間を置くので、
私は数週間後に受け取りに行きましたが、
神戸に住む友人たちの元には宅配便で送られてきたそうです。
というわけで、私も彼女たちのお雛様は写真で見ただけ。
実物を並べてみたらもっと違うかもしれません。

大きさは大体こんな感じ。
小さくてちょこんとした感じがお気に入りです。
c0066171_1885887.jpg


ちなみに。
ガラス工房には、
年間を通して用意されている様々なコースで作る作品が展示されていたのですが、
個人的にはこのお雛様と、あとお正月の鏡餅がとっても可愛いなあと感じました。
次は夫と年末に体験コースを受けて、ガラスの鏡餅を作りたいなーと思っていたら、
転勤になって年末が来る前に富山を離れてしまい、鏡餅は作れず終いで
いまだに残念だなと思っている次第です。
[PR]
by reiko-204 | 2016-02-29 20:00 | 日常 | Comments(4)
Commented by shimokoA at 2016-03-01 22:00
すごいかわいい!!! しかも手作りだなんて素敵ー。私も作りたいですっ!!
Commented by えりか at 2016-03-03 14:32 x
友達と一緒にいって作るのいいですね。
4組とも全然違う!! そして私はreikoさんのが好みです。
Commented by reiko-204 at 2016-03-06 21:55
>shimokoさん、
手作りだとやっぱり愛着がわきます~。
飾るのは今回がまだ2度目ですが今後も長く大事にしていきたいなーと思う雑貨(?)のひとつです。
Commented by reiko-204 at 2016-03-06 21:57
>えりかさん、
そうなんですよ~。体験イベントはやっぱり女友達と行くのが一番ですよね。私のお雛様は友人のと比べてオーソドックスというか遊びがない平凡な出来上がりだなーと思っていたので、そういう風に言ってもらえるととても嬉しいです!


<< コストコのベーグル 夫の誕生日ディナー その2 >>