不要本買取とホワイトデー

昨日は春分の日でしたね。
東京で桜が開花したと今朝のニュースでやっていました。
来週あたりはお花見ができるかなあ。
今の家は、偶然にも母校(高校)に近いので、久々に行ってみようかな~。
立派な桜並木があるんですよ。

暖かくなってきたからか、家の中をちゃんとしなければ!とヤル気が出てきて、
いろいろ捨てたり収納を変えたり、ガチャガチャとやっています。
すぐにあふれるのが私の本棚。
今は小さい本棚2つに本をギュウギュウ詰めにしています。
容量が少ないのに、すぐに新しい本や雑誌を買ってしまうので、
気づくと本棚の上に本が積みあがっていたり、
本棚の隙間に押し込んであったりと無残な姿になっています。
それらを少し整理して、もう読み返さないだろうという本を査定依頼に出しました。
以前はブックオフなどに持ち込んでいたのですが、
10冊以上あれば無料で引き取りに来てくれて、
おまけに査定金額に納得できなければ無料で返却してくれるという会社を知ってからは
いつもある程度不要な本が溜まったら、そちらにお願いしています。

前回このサービスを利用した際買い取り価格が¥2,000程になったので、
今回もそれくらいを期待して査定に出したら、
今日来た返事に¥330-との回答が・・・。
今回は、池井戸潤さんの半沢直樹シリーズ最新作とか、
かなり新しめの本が何冊か入っていたはずなのに
それに30冊くらい出したのに¥330って!と、
ちょっとショックを受けています。。
大事な本だけど、収納場所が無くて置いておけないからと手放したのに
その子たちについた値段がトータルで¥330なんて悲しい。。
とりあえず、査定金額の内訳を依頼して、現在返事待ちです。
今回は買取してもらわず返却してもらおうかな~。

そうそう、先週の話題といえばもうひとつ、ホワイトデーがありました。
今年は夫からお花をもらいました。
c0066171_1730162.jpg

去年まではいつもお菓子だったのに今年はどうしたの?と聞いたら、
「太ったー太ったーって言ってるから」と。
・・・うん、たしかに。
でもホワイトデーでお菓子をもらわなくても、結局お菓子は止められないんですけどね。

でもね、実際のところ、お菓子よりお花の方が嬉しかった!
なかなか自分ではお花は買いませんからね。
1週間経った今も、まだ綺麗に咲いてくれています☆

=====

そんなホワイトデーの夕飯。
c0066171_17302714.jpg

いつもの地味メシですが、食卓にお花があるとなんだかテーブルが明るくなっていいかも。
・鶏むね肉のみそマヨ焼き
・もやしナムル
・豆苗のニンニク醤油炒め
・春雨の黒酢サラダ
・もやしときのこ、とろろ昆布のスープ
※ゴハン抜き
[PR]
by reiko-204 | 2016-03-21 18:00 | 日常 | Comments(0)


<< 表参道ブラリとクロナッツ サニーボトル >>