M-1グランプリ 2016

M-1グランプリ2016

なんだかんだで毎年見ているM-1。
昨日は出かけていて、帰宅したのが20時を過ぎていたのでオンタイムでは見れず、
結局夜のニュースで優勝者を知ってしまっていたので、
その点ではドキドキ感がなくて残念だったけれど、今日通しで観た。

最初の3組がちっとも面白くなくて、クスリとも笑えずに、
M-1も面白くなくなったな~と思っていたら、
4番目に登場した銀シャリのドレミの歌のネタがとっても面白くて
ひとりで声に出して笑ってしまったわ。
銀シャリは去年も出ていて、決勝に残ってたよね。
その前にも出ていた気がするなーと思って調べてみたら、
2010年に初出場していました。
2010年といえば、M-1が長期のお休みに入る前の最後の年で、笑い飯が優勝した年。
その時は5位。
その当時から、若いのに昭和臭漂う王道漫才をするコンビで面白いなーと思っていたのです。
今年のネタも、1つめのドレミの歌は本当に面白くて
後半に向かってどんどん盛り上がる感じとか、
小ネタが色々挟まっていながらも、
話の筋がちゃんとあってそれに沿った構成になっているところとか、
あーやっぱりこの人たちの漫才好きだなーと思ったのでした。

次に出てきたスリムクラブ。
この人たちも2010年に初登場して、あの独特な佇まい、話し口調、間の取り方が抜群に面白くて、当時大爆笑した記憶があります。
あの時は2位だった。
で、今年。
あーこの人たちらしい、という漫才で、面白いなあとも思ったけど、
審査員の上沼さんが指摘していた通りちょっと独特すぎたのか、点は伸びず。
結局最終順位も8位と奮わない結果になっていて、残念でした。

それより納得いかないのはハライチ。
6位というスリムクラブより上の順位なのが信じられない。
私はこの人たちの漫才が嫌いです。
2009, 2010, 2015, 2016と4回連続出場しているのが信じられないほど、
彼らの漫才の面白みが全くわかりません。
今まで4回見て、面白いと思ったことがない。
今年に至ってはあまりにつまらなくて、漫才の途中で早送りしようかと思ったほど。
結局漫才のネタ、中身というよりは、ツッコミの澤部のリアクションだけでもっているだけでしょ、と思ってしまう。

結局、決勝戦に残った和牛、スーパーマラドーナは共にとても面白かったので、
決勝戦に進んだのも納得。
決勝戦で新たに披露した3組のネタは、どれも面白かった。
でもどれも全部「それなりに面白かった」んだけど、
「飛びぬけて面白かった」とは思わなかったかな。
クスクスと笑うことはできたけど、爆笑することはできなかった。
その点で、審査員の決が割れていたことも納得できる。
決勝戦で披露された3組のネタの面白さは僅差だったのだと思う。
銀シャリも、最初のネタの方が私は面白いと思った。
でも最終的に、予選1位だった銀シャリが優勝したのは妥当だし、
それでよかったのではないかしら。

と、感想を徒然なるままに。

今年の順位と審査員

順位:
1, 銀シャリ
2, 和牛
3, スーパーマラドーナ
4, さらば青春の光
5, アキナ
6, ハライチ
7, カミナリ
8, スリムクラブ
9, 相席スタート

審査員:
・上沼恵美子
・松本人志
・博多大吉
・中川家礼二
・オール巨人
[PR]
by reiko-204 | 2016-12-05 21:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)


<< あけましておめでとうございます... 2016グランプリシリーズ 第... >>