出産レポ①

出産レポ

書こう書こうと思いつつ5か月も経ってしまった。。

入院中に書きなぐった日記を元に出産レポを。

自分の記録用なのでながーいです。

興味があればどうぞ↓



1/20(月) 予定日超過7日目

日付が変わってすぐの0時過ぎ頃からお腹の痛みを感じる。

20-30分に1度くらい。

生理痛のようなどんよりした痛み。

2時過ぎからウトウトするも、4時半ころにかなりの痛みで目覚める。

普通に寝転がっていられず、色々な体勢を取りながら耐える。

予定日超過7目のこの日まで、前駆陣痛らしきものは一度もなかったので、

やっと来たかー!これ絶対陣痛だよ、と嬉しくなる。

というのも、翌日(1/21)が健診予定で、

この日までに生まれていなければ管理入院して促進剤投与と言われており、

それはなんとか避けたかったので、やっと来てくれたか、という気持ち。

が、同時に、まだまだ本陣痛ではないことはわかっていて、

でもこの時点でこんなにお腹が痛いなんて、この後どうなるんだろうと不安に・・・。

そのまま6時過ぎまで、30分おきくらいの痛みに耐える。


6時過ぎ、大さんに電話。

いよいよ陣痛が来たっぽいと伝える。

とりあえず出社するけど、病院に行って状況が分かり次第連絡して、と言われる。

大さんに電話して少し落ち着いたのか、お腹の痛みが少しひいたような気がして、

夜ほとんど寝てなかったから少し寝ておこう、と布団へ戻り、9時半ころまで寝る。

後から考えれば、この時少しでも寝ておいて本当に良かった!


9:30起床、トイレへ。

用を足して外に出た途端、水が出る感覚があり。

先週の健診時に内診で刺激された後、

出血する可能性があるからナプキンをつけておくようにと言われ

ずっとナプキンをつけていたので、この時は尿漏れかな?とあまり気にせず。

(妊娠後期は尿漏れが起こることが多々あるらしい。私はこの時までほぼ無かった。)

朝食を食べたり、家族と話したり。

結局夜中のお腹の痛みはいつの間にか消えてしまったし、

また陣痛を呼ぶために今日も山へ歩きに行こうかな、

でも天気悪そうだしどうしようかなとウダウダ。


11:00トイレへ。

用を足し終わったのに、また水が出る感覚があり。

おかしいな、としばらくトイレに籠るも、ず

ーっとちょろちょろとなにかが出ていて止まらない。

あれ、おかしい。

これ、破水じゃない?

とりあえず外に出て、母に破水したかもしれないと告げる。

病院へ電話、指示を仰ぐ。

破水かどうか確認するのでなるべく早く来院するようにと。

このまま入院になるかもしれないから、入院グッズも持参して、と。

急いで準備して、12時前に自宅を出発。

父運転、母付き添いで3人で病院へ。


12:30病院着。

内診の結果、破水で間違いないと。

大さんに電話して入院したことを伝える。

LDR室にてNST

この時点では陣痛も無く、いたって元気。


14:00、3人で病院の食堂へ行ってのんびりランチ。


16:00、LDR室へ。

今夜はこのままこの部屋で過ごし、このままここで出産するらしい。

両親帰る。


18:00、夕飯。

お昼食べたばっかりだけど、夕飯も完食。

まあ期待はしていなかったけれど美味しくはない・・・。


18:30、シャワー。


19:20、内診、NST

赤ちゃんは元気だけど羊水が少なくなってきている。

このまま羊水が減っていくと、母体が発熱したり、

赤ちゃんが感染症にかかることもあるので

促進剤を打つことも視野に入れてください、と。

とりあえず今晩一晩は様子を見ましょうと。


20:00、大さん着。

13時前に電話を受けた後、速攻で会社を早退して家に戻り、

荷物を持って東京駅に出て新幹線に乗ったらしい。

めっちゃ急いできたらしいけど、着いたら私がのんきに読書していたので

「なんだよ普通じゃん」と言われてしまった。

はい、いたって普通です。

その後少しおしゃべり。

前日ほとんど寝られなかったからもう寝るわ、とベッドに入ったのが22


22:00、就寝。


23:30、お腹の痛みで目が覚める。

大さんを起こしたら悪いと最初はひたすら無言で耐えていたけれど、

息が荒くなってきて大さんも目覚める。

15分おきくらいで痛みあり。


1/21, 1:00過

助産師さんの巡回あり。

断続的な痛みありと伝え、様子を見てもらい、

この時点で分娩スタートと判断される。

(陣痛が10分間隔になった時点で分娩開始となるんだそう。)

長くなったのでパート2へ続く。




[PR]
by reiko-204 | 2017-07-18 20:00 | 産-出産レポ | Comments(0)


<< 出産レポ② オウジ100日 >>