アリーⅣ-1

アリーマイラブⅣ-1を見た。

#1 Sex, Lies and Second Thoughts / 情熱至上主義
#2 Girls’ Night Out / 脱・恋愛下手宣言
#3 Two’s a Crowd / 天国と地獄
#4 Without a Net / 恋は舞い降りた





#1 Sex, Lies and Second Thoughts / 情熱至上主義

6ヶ月間付き合ったブライアンに同棲を申し込まれたアリーは、ひとりでは結論を出せずセラピストトレーシーの元に。するとそこにはトレーシーの姿は無く、見知らぬ男が。聞くと、トレーシーはアリーのファイルだけ残し、自分の居場所も知らせずに引っ越してしまったと言う。この男ラリーを、トレーシーの代わりのセラピストだと勘違いしたアリーは自分の悩みを告白、ラリーにアドバイスを請う。彼のアドバイスは冷酷だけど的確で、アリーは悩みの原因は、彼氏ブライアンが人生を共にするには退屈な男であることを悟って別れを告げる。代わりにこのラリーに魅かれるアリー。実はセラピストではなく弁護士だったラリーとアリーの今後の展開が楽しみ。


#2 Girls’ Night Out / 脱・恋愛下手宣言

いい男をゲットするために作戦を練ったアリーたちは。モデルナイトを開催。モデルに魅かれて集まってくる男をゲットするというもの。
アリーの家でpajama partyを開いている姿がうける。パジャマが似合わない美女ばっかりで異様な雰囲気を放っていた(笑)。
肝心のモデルナイトには、前エピソードで別れたブライアンも様子を見に来て、自分がひどくブライアンを傷つけたことに気付いたアリーは素直に謝る。
確かこの回で、マークが、リンとリチャードの顧客だった女性(名前失念)と出会ったんだった(1つ前かも)。美人でスタイルもいい彼女にマークはおぼれていくが、彼女は実は男。彼女はマークを失うのが怖くて言い出せない。


#3 Two’s a Crowd / 天国と地獄
弁護士のマイケルとデートをすることに。父親と同じくらいの年の男性とのデートは初めて。共通項がほとんどないけど、それでも楽しい夜を楽しむアリー。同じ頃、別の男性ジョナサンとも出会い、どちらにもそれぞれの魅力があって選べないアリーは同時進行でふたりとデートを重ねるが、ある日ダブルブッキング。それでもなんとかやりくりしていたが、なんとこのふたりが親子だった事が発覚。同時進行していたことが同時にふたりに知れきまずいアリー。それでもマイケルとジョナサンは、アリーは素晴らしい女性だから絶対にどっちかがゲットしようと話し合う。
一方マークは、自分が大好きな彼女が男であることを知らされる。


#4 Without a Net / 恋は舞い降りた
ひょんなことで大学時代の友人から訴えられたアリーは、弁護士としての腕も知らないのになぜか自分の弁護をラリーに依頼しに行く。実際に彼の手腕を間近で見ながらどんどん彼に惹かれるアリー。このエピソードの最後では親子をフリ、ラリーと付き合うことに。
マークは男であることを承知で彼女との付き合いを続けようとするが、現実には色々な壁にぶつかっていく。


きました、ラリー!彼が登場した#1から気になってたけど、やっぱり!という感じ。個人的にかなり好み(笑)。アリーを訴えた相手を言葉巧みに仕掛ける姿なんて見ていてドキドキしてしまいました。これからアリーと長く続くといいなあ。ラリーを見ていると、ブライアンが退屈だというのがよくわかる。ラリーは無表情で何を考えているかわからないけれど、そこが魅力的。今後の展開が楽しみ!!
[PR]
by reiko-204 | 2005-09-27 21:26 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)


<< My Big Fat Gree... too soon to close! >>