「ほっ」と。キャンペーン

アリーⅣ-4

アリーマイラブ シーズンⅣ-4を見た。

#13 Reach out and Touch / 遠距離恋愛
#14 Boys Town / 永遠の少年たち
#15 Falling Up / 愛の苦い果実
#16 The Gateway / 傷心旅行






#13 Reach out and Touch / 遠距離恋愛
ユニセックストイレの後ろに隠し部屋を持っていたジョンは、自分の秘密をメラニーに打ち明け、そこでプロポーズ。確かに共通点が多いふたり。でも意外にもメラニーからいい返事がもらえずジョンは落ち込む。
一方リチャードは新しい弁護士を雇うが、彼が昔リンと関係があったと知り愕然とする。エレインはこのnew弁護士ジャクソンにフェロモン出しまくりでそんなエレインが気が気ではないマーク。と、事務所の面々がいろんな問題に直面していく中、アリーはラリーと遠距離恋愛が始まったばかりなのにそこまで荒れていない。でもずっと見なかった幻覚を見るようになってしまう。
***
前回、ラリーが去り際に置手紙として彼女の家の前に大きな雪だるまを作り、自分のコートとマフラーをかぶせて手に手紙を持たせ、ラリーと(距離的に)別れた後にアリーがこの雪だるまを見つける、というシーンがあった。この手紙がまた用件を端的に示してあり、ラリーらしさ満開だったけど(手紙には、” I’ ll be Back  と書いてあった)、この#13の回でアリーがこの雪だるまを自分の家の冷凍庫に保管していて、ラリーの代わりに眺めているシ-ンがあり、これもアリーらしさ全開だなあと思った。しかもなんだかジーンと来た。


#14 Boys Town / 永遠の少年たち
ジャクソンの有能ぶりが発揮されている回。彼は、男性弁護士を全員解雇し、訴えられた女性経営者を弁護するが、このどう考えても不利な状況でもうまく裁判を進めていく(結果的には負けるのだけど)。ここでやりあった相手方の弁護士がレネで、彼女といい感じになる。
ジョンとリチャードは互いの恋人とうまくいかないことが発端で小競り合いを繰り返し、メラニーに進められてふたりでセラピーまで受けに行くが、最終的には自分たちが親友同士であることを改めて認識し、ジョンの秘密(トイレの裏の部屋)を分け合う。


#15 Falling Up / 愛の苦い果実
ジャクソンとレネが付き合いだし、家の中でジャクソンをよく見かけるようになったアリーはジャクソンがラリーに見えて仕方がない。観念してセラピーを受けに行くが、「その恋は実らないから諦めろ」といわれて愕然とする。が、最後にラリーが戻ってきて一緒に住むことに。
一方、レネと付き合いだしたジャクソンが気になるリンはリチャードと距離を置くことにする。そしてジョンは、結婚や子供に対する価値観の決定的な違いから、メラニーと別れてしまう。


#16 The Gateway / 傷心旅行

失恋の傷を癒すため、突如リチャードとジョンがLAへ休暇に行く。はちゃめちゃな旅行になり、休暇中なのに弁護士としての仕事もこなすふたり。さらにお互いある女性と出会い、旅先のよい思い出を作る。
[PR]
by reiko-204 | 2005-10-18 00:53 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)


<< CD発売中 Lennon >>