クラッシュ

c0066171_1716665.jpgアカデミー作品賞を受賞したクラッシュ、見ました。

見たもの:クラッシュ/CRASH

ストーリー:
クリスマス間近のLAのハイウェイで交通事故に巻き込まれた刑事のグラハムは、偶然、事故現場脇で若い黒人男性の死体を発見。その前日、自動車強盗と若いカップルが、白人警官と黒人夫婦がトラブルを巻き起こしていた(Moviewalkerより)

感想:
沢山の登場人物がいて、最初は断片的に彼らのエピソードが出てくるのだけど、だんだんとその人達が色んなところで繋がっていく。そのどのエピソードにも出てくるのが人種差別。差別されている人、差別している人、差別されていると思っている人、発音のおかしい移民。そんな彼らの日常を少しづつ描き出している。物語は冒頭である自動車事故のシーンが登場し、その自動車事故に至った経緯を辿る為その24時間前から話が始まる。そして最後に冒頭の自動車事故のシーンに戻る。なのでこの作品はLAでのある一日を描いたもの。出てくる人も、皆“普通の”人達ばかり。どの人もみな善と悪の二面を持っていてそれを淡々と描いているのが印象的だった。
感動的、涙がとまらない、というレビューを色々なところで読んだけれど、私はそうは思わなかった。涙も出なかった。逆に、人間の善と悪は紙一重なんだということに気付かされて恐ろしくなった。すごく重い映画だと思う。
*訳あって英語字幕で見たので、細かいところは理解できておりません。全くわからなかったシーンが2つあるので、DVDが出たらレンタルだなこりゃ。

公式サイトはコチラ
[PR]
by reiko-204 | 2006-04-08 23:59 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)


<< ナイアガラ ブロークバックマウンテン >>