「ほっ」と。キャンペーン

プロデューサーズ

c0066171_1924755.jpg見たもの:プロデューサーズ/The Producers

主演:
Nathan Lane/Max
Mattew Broderick/Leo
Uma Thurman/Ulla
Will Ferrell/Franz Libkind
Gary Beach/Roger De Bris
Roger Bart/Carmen Ghia

ストーリー:
落ち目のプロデューサーズであるマックスと気弱な会計士レオ。彼らは打ち切り確実の最低最悪なミュージカルを上演して、余った制作費をネコババしようと企む。だが、予想に反して舞台は大ヒットしてしまう。

公式サイトはコチラ



これは公開5日後くらいに映画館に見に行って、あまりにもおもしろくて翌日再度見に行って、そのまた2週間後くらい三度(みたび)見に行ったという・・・。見過ぎですかね。
あまりにも舞台そのものだったので、舞台を観ているような感覚に陥って思わずリピートしてしまったのでしょう。
もちろん、生舞台の迫力はないし、舞台と観客の駆け引きもないし、で、舞台とは全く別物です。それでも、映画の作り方が、舞台を尊重しているというか、舞台をとにかくそのまま映画化したような感じだったので、ブロードウェイのあの舞台を思い出してしまったわけです。映画になったからこその場面っていうのはほとんどなくて、たまにNYCの景色が出てくるくらいで、あとはマックスのオフィスやロジェーデブリーの家などなど、とにかく舞台と一緒。さらに、そこに出演している多くが幻のブロードウェイ初演時のオリジナルキャストなんだから、こりゃもうたまらんという感じ。念願のGary BeachのRoger de Brisもようやく見れたし(以前舞台を見に行って休まれた経験あり)、Nathan&Matthewコンビも見れたし、大満足です。
以下覚えている範囲で気付いたことを・・・
The King of Broadwayのナンバーが台詞オンリーでしかも短くカットされていて残念。
・最初のMaxとLeoの出会いのシーンで、Leoが発作を起こすところ、初めて見たときはおなかがよじれるほど可笑しかったのに、映画ではそこまで笑えず。この可笑しさはやっぱり生だからこそなのか?
・Uma Thurmanの歌がいまいち。。。
・Will FerrellのFranz、迫力満点。歌もうまい!
・劇中劇の『Springtime for Hitler』で"Springtime for Hitler and Germany~♪”と歌う兄ちゃんがかっこよすぎ。
・劇中劇『Springtime for Hitler』でHitlerを演じたRoger de Brisを見て、これまでで一番このシーンの可笑しさが伝わってきた。
・劇中劇『Springtime for Hitler』のplaybillがかわいかった!欲しい。
Betrayedのナンバーで、"intermission!"がなかった。ここがおもしろいのに。
・Carmen Ghiaよかった!でも、あの舞台上での「手」の演出がなくて残念。
・裁判シーンで、LeoとUllaが入場してくる時にかかるサンバを聞いて踊る陪審員席に座っているトップの人(陪審員長?)の踊り方と表情が最高に可笑しい。
Till Himの訳し方が非常に気になった。はっきりとは覚えてないけど、英語歌詞は否定形で始まってTill Himで結ぶことでうまく文意がつながるようになっているのに、肯定形で訳していなかったっけ?"Till Him”の意味が消えてる!と思った。

他にもいろいろ感じたはずだけど、もう1ヶ月ほど前の話なので忘れてしまいました。もう一回くらい映画館で見てもいいかなー。ま、DVDが出たら買うでしょう、きっと。
[PR]
by reiko-204 | 2006-05-25 00:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(4)
Commented by UKaye at 2006-05-28 23:52
ちょうどダビンチコードが始まって、ほとんどの映画館で一斉に入れ替えられちゃったので、横浜まで足運んで見に行きました。「So
pringtime for Hitler」を歌ったテノールは、クワストさんお薦めのジョン・バロウマンですね。
映画の字幕は覚えてないけど、not ~ till ・・・は、「・・・して初めて~になった」って訳してたわけじゃなかったですか?
Commented by reiko-204 at 2006-05-30 00:35
>UKayeさん、
クワストさんオススメってことはきっと凄い方なんだろうなあ!
あんな典型的な金髪碧眼のガイジンさんを久々に見た気がしました。
字幕は私もはっきりとは覚えていないのですが、なんだか変な感じがしたんですよ。「最終的な意味は同じだけど持って行き方がヘン
」というような微妙な違和感ですが。
Commented by toto at 2006-06-03 21:06 x
台湾へ行く途中の飛行機の中で見ました☆でも飛行時間が短すぎて、ウーラのダンスしか覚えてない(笑)。ウマサーマンって歌って踊れるんだ!!と目から鱗な感じがしました。。
Commented by reiko-204 at 2006-06-04 20:37
>totoさん、
あ、見た?機内で見れたなんてラッキーだったね。ウーラ、がんばってたよね。私はあんまり好きじゃなかったけど・・・(笑)。でも頑張りは認めるぞ!


<< ALWAYS三丁目の夕日 blog復活(?) >>