プラハ

見たもの:プラハ

主演:
Alan Cumming / アレクサンダー・ノバック
Sandrine Bonnaire / 秘書(役名失念)

ストーリー:
家族が映っている幻のビデオを探しにプラハにやってきた青年は、その街の資料館の秘書と恋に落ちるが・・・。幻想の街・プラハを舞台に描く、ラブロマンス。


レンタルビデオ屋で見つけてタイトルだけで借りてきた作品。プラハの町がもっと映ってるかと思ったら、全体的に暗くて夜の映像ばかりで街の景色はあまり見ることができなかった。話もよくわからず。家族を亡くした青年が、彼の祖父が映っているという映像を求めてプラハに来るんだけど、なぜ今更映像を探しているのかとか、どうしてその映像を見たいのかとか、よくわからない。またその映像を保管している資料館のスタッフが、出し渋りをしているのも理由が不明。この青年と秘書が恋に落ちて・・・というのはまだ理解できるとして、出会って数日で「あなたの子供が欲しいの」という秘書の心境はまるで理解不能。というわけで私にとってはわからないことだらけの作品でした。
 ところでこの主役の青年を演じているのが「アランカミング」と聞いて、どこかで聞いた名前だなーとずっと思っていました。今この感想を書くに当たってちょっと調べているうちに、今ブロードウェイでやってるThe Three Penny Operaの主役の人と判明。すごい偶然!だってこの映画は別にミュージカル映画でもなんでもないのに、この人がブロードウェイに繋がるとは。それにしても全然顔違いますけど・・・。
c0066171_192107.jpgc0066171_1923480.jpg

左はこの映画の中のアランカミング(1991年製作)、右はThree Penny Operaに出演中のアランカミング(2006年現在)。
[PR]
by reiko-204 | 2006-06-19 00:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)


<< プラハ! ナイロビの蜂 >>