A CHORUS LINEとMARY POPPINS

去年NYで観たミュージカルの復習として2本レンタルして来た。

c0066171_18481591.jpg①A CHORUS LINE
出演:Michaeel Douglas

去年NYで観た舞台が全くの初で、しかもかなり台詞の多い舞台だったので、聞き取れないところが多々あり、これは復習しないとと思っていたのでした。見てみると、案の定まったくわかっていなかったところがあった(笑)。でもこれですっきり。映画のイメージと舞台のイメージでは随分違う役柄がいくつかあった。これが、映画の舞台化作品や舞台のリバイバル作品にとってつらいところだろうなあ。コアなファンは絶対最初に見たものの方がよかったと思うはずだから。私は舞台を先に見たので十分感動したけど。



c0066171_18483647.jpg②MARY POPPINS
主演:Julie Andrews、Dick Van Dyke

メアリーポピンズの映画がこんなに素晴らしい作品とは!!知らなかった!!というのが最初の感想。これが1964年に撮られた作品だなんて!実写とアニメが融合していてなんとも不思議な世界観のはずなのに、メアリーポピンズという魔法使いの存在で見進めるうちに違和感がなくなってメアリーポピンズの世界に入り込んでしまいそうでした。ジュリーアンドリュースがこの作品に出ていることは知っていたけれど、あの大作サウンドオブミュージックの前年にこの作品に出演したとは知らなかった。この人の歌声が素晴らしいのはもちろん、バート役の俳優さんがこれまた凄くて、鳥肌ものでした。特に煙突の上でのダンスシーンがすごく印象的。舞台の復習として映画を見たのだけど(映画の舞台化だから普通は逆だけど)、舞台にはないシーンも沢山あって面白かったなあ。そもそも、舞台はよくこの映画をあれだけ見事に再現したなあと改めて思った。このDVD欲しいー!手元においておきたい。
[PR]
by reiko-204 | 2007-02-01 00:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)


<< 奇遇 今月読んだもの >>