本日のボキャブ: contradiction

英語のボキャブラリーを増やさないとなーと思いつつ、具体的には何もしていないサボリ魔の私。
せっかくなので、気付いたものだけでも書き留めることにした。
書くことで定着してくれるかも、という狙いを持って。
一日に少なくとも20回くらいは辞書をひくので、そのうちの1個くらい覚えていこうという作戦。
実際に辞書をひいているのではなくて、会社ではオンライン辞書を愛用。
一日中サイトを開きっぱなしで仕事をしています。
(※翻訳業では無いです、念のため)
大抵は英単語→日本語訳なんだけど、
今日は珍しく逆パターンで。

仕事中に、「そのレポートには間違いが沢山ある」という文を書こうとして、
「間違い」と言い切ると随分ケンカ腰になることに気付いた。
うーん、「間違い」はよく無いな・・・そうだ、「矛盾」にしよう。
・・・。
「矛盾」ってなんだっけ?

と、調べた単語がcontradictions。
そう言われればそうだそうだと思い出すんだけど、
なかなか頭からポンッと出てこないのが母国語でない言語の難しいところ。

ところでこのcontradictionという単語を見て、恩師Chuckの言葉を思い出した。
「英単語は、全部意味がある。無駄なアルファベットの羅列では無いんだよ。いろんな意味をもったパーツが組み合わさってひとつの単語を構成してるんだ。だから単語はそういったパーツごとのイメージで、自分の頭で映像化できたらすごく覚えやすいよ。」
で、Chuck流にこの単語を解体してみた。

contradictions=contra/dictions
conまたはcontraには、逆の、反対の、といった意味がある。
これは前置詞にも、名詞、形容詞、副詞としても使える。
dictions→複数形のs削除→名詞にするためについているだけの不要なion削除→dict
dict=dictumの複数形。dictumには、意見といった意味合いがある。
contra逆の/dictum意見=contradiction矛盾

このように解体できた。
これで単語が映像化できた。

そう言われればcontraとつく単語で、反対のという意味を持つ単語が確かにあるなあ。
contrastコントラスト、対照、対比
とか
contrary正反対の
とか。
contraなんとかって単語が出てきたらとりあえず“反対の”とイメージしてみることにしよう。
知らない単語でも文脈から意味がわかるかも。
とはいっても、全てが全てに当てはまることはないので、その見極めも大事かね。

なんて寄り道したあと作った文章は、
it seems that there're some contradictions in your previous reports and...
と、や~んわり指摘する文になったのでした。
[PR]
by reiko-204 | 2005-03-04 23:36 | 日常 | Comments(0)


<< のんびり土曜日 おいしいピザを求めて >>