「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:旅-2008-5月 NY( 2 )

08年5月NY旅行記②

5月31日(土)NY2日目

8:00起床 6時頃から何度か目が覚める。ここで起きてしまってはミュージカルで寝てしまう、と思って二度寝、三度寝を繰り返し、8時起床。やっぱり興奮してるのかな。身支度を整えて9時過ぎ出発。

9:15 宿出発。50st/b’way駅へ。Subwayのone-day passが$7.50-になっていた。前は$7じゃなかったっけ?赤のUptown行きがなかなか来ない。しかも暑い。テレビでは華氏68度って言ってたけどもっと暑い気がする。すごいhumidな感じ。

c0066171_16494225.jpg10:00頃、86st/b’way駅で下車、少し歩いてGood Enough to Eatへ。Upper Westでブランチができるお店といったらサラベスがカフェラロかココしか思いつかなかった。もっとレパートリーを増やしたいなあ。Good Enough to Eatは9時openなので、到着時には既に人が外に並んでた。でもひとりだったのですぐにカウンター席に通してもらえた。カウンターでも端だったので落ち着いてゆっくりできました。

c0066171_17123925.jpgエッグベネディクトが食べたかったのだけど、メニューになく残念。ここはパンケーキが美味しいらしいけど、甘いものではなくてガッツリしたものが食べたかったのでオムレツをオーダー。あとfresh squeezed orange juiceとcoffeeを頼んだら朝からすごいボリューミーなご飯になっちゃった。値段も$20越え。なんと贅沢な・・・。orange juiceが高いんだよ。美味しかったけど。オムレツはアボガドとベーコンとオニオン入り。添えられているトースト用のピンク色の甘いバターのようなジャムのようなものが美味しかった。何だろあれ。オムレツもすごく美味しかったですよ。

Good Enough To Eatのカウンター内にいるお兄さんの働きっぷりが素敵でした。ずっと動いていて、オーダー取りから飲み物つくり、伝票つくり、その手さばきの早いこと。コーヒーをもってきて「お代わりどう?あ、まだ残ってるね、ソーリー」みたいなことを3-4回やられたり。働き者のお兄さんでした。

店内の様子と働き者のお兄さん
c0066171_1712580.jpgc0066171_17122029.jpg

*Good Enough To Eat : Amsterdam Ave/83rd St. 公式サイト


11:00 お店を出て、そのあとは86stから79までb’way沿いを下りながらひたすら買い物。服、靴、かばん、雑貨、食品、いろいろなお店に入り戦利品もそれなりに。途中で雨が降ってきたけど、最後Zabar’sで買い物をしているうちに上がってた。

13:20 Zabar’sを後にして79st駅からTimesSqへ、下車して徒歩で46stまで。雨が上がって異様な湿気と暑さ、そしてものすごい日差し!劇場入りの列に並びながら炎天下、なすすべなくジリジリ焼けていく感がとてつもなく嫌だった。

c0066171_1717441.jpg14:00~16:30 The Little Mermaid観劇 @ Lunt-Fontanne Theater (感想は後日)

さすがディズニー!という感じの舞台。華があって見栄えする。結構凝った作りになっていたし、水の中の様子をうまく表現していたと思う。それから昨晩と客層がガラリと変わってました。小さな女の子連れのファミリーがとにかく多い。家族連れとか、女の子+お母さん+おばあちゃんとか。土曜日のマチネという時間帯もあるかもしれないけど。女の子が精一杯オシャレをしてきている姿を見るのも楽しかった。終演後、いかにも、というアメリカンな家族連れが記念撮影をしていたので撮ってみた。一家総出?チケット代だけで10万くらいいくんじゃないかなーなんてついつい考えてしまう。ステージドアではFlounder役の男の子が出てきてサインに応じていた。すごくかわいくて歌も上手で大人気だった。子役だけ写真に収めて一度宿へ戻る。荷物を置いて、歯磨きなど。
c0066171_17131922.jpgc0066171_17162476.jpg


17:10 宿発。9Aveの42stから東行きのバスに乗って5Aveまで。タイミングよくバスが来ると電車よりずっと便利なバス。路線を把握していないので使いこなせないけど。

5th Aveで降りて、目指すはRicky’s・・・だったのだけど移転していた。数ブロック南らしい。でもう一度バスに乗って5thAve/36stまで。Ricky’sはリンコさんの本に出てきて、一度行って見たいと思っていたのでした。石鹸類、ヘア関連商品や蝋燭等がすごく豊富に揃っていた。ひとつひとつじっくり見たり匂いをかいだりするのは楽しかったけど、全部かなりの大きさなので買って帰るのにはtoo heavyなのでそのまま帰ろうかなと思ったら隅のほうにOPIのマニキュアがsaleで$6で売ってて飛びつく。激安!!日本だと1本\1900-くらいするじゃない?もちろん種類は豊富ではなくて結構微妙な色しかなかったんだけどさ。でも$6なら失敗してもいいかーという気持ちで2個購入。レジに持っていくと、鼻ピして腕にtattooがあるこわそうなお姉さんが、「あれ、この2色、組み合わせがいいねー。一緒に使ったらかわいいね」と話しかけてくれてちょっと嬉かった。
*Ricky’s: 5thAve/35+36st、公式サイト

c0066171_17192158.jpgこのあと歩いてグラセンへ。このあたりからかなり体がしんどくなってくる。午前中の異様な暑さと、劇場内の異様な寒さ。この激しい寒暖の差に体がついていっていない感じ。グラセン横の大好きなAnn Taylor Loftに入るも、どの服もほしくならなくて10分くらいで退散。散在しなくてよかったけど、買い物に気分は重要なんだなあと思い知った。その後Bath&Body Worksで愛用商品を買い足し、店を出る。時計を見ると18:50。限界を感じてグランセン横のスタバへ。テーブルが3-4つしかない小さな店だった。飲み物だけ買ってひたすら休む。気づいたら寝てた。少し寝たことで気分がすっきりして、19:30、店を出て7の電車でTimes Sqへ、1に乗り換えて50st/b’way下車、Gershwin Theaterへ。

c0066171_17193917.jpg20:00~22:45 Wicked観劇@Gershwin Theater(感想は後日)

Wickedはやっぱりいいなあ、迫力があるしストーリー性が抜群。今回のElphabaとGlindaもよかったなあと思いながらFood Emporiumへ。お腹が減って仕方が無かったので、サンドイッチを買って帰る。

c0066171_17221455.jpg23:30 宿着
   こんな時間だけど夕飯、お風呂、
25:00 就寝
[PR]
by reiko-204 | 2008-06-14 00:00 | 旅-2008-5月 NY | Comments(6)

08年5月NY旅行記①

5月30日(金)NY1日目

2008年目1回目NY。前回から9ヶ月ぶり。3月の連休で行くつもりにしいていたものを延ばしたので随分久しぶり。年明けのRENT closeニュースにより急遽last dayのticketを購入したものの、その後RENTは延長され、この日程で行く必要はなくなったのだけど、3月の予定を3ヶ月も延ばしていたので、これ以上待てない!と強行出発したのが今回のNY旅でした。おかげで3泊5日という過去最短日程に(2004年4月に一度3泊5日をやってるので初めてではないけど)。

いつもどおり午前中は会社。
5:15起床、6:30の電車に乗ったのは満員ラッシュを避けるためだったんだけど、この時間にもかなりの人がいました。驚き!みんな朝早いのねー。
会社の駅に着いたのが7時過ぎ。コインロッカーにスーツケースを預けて朝ごはん。しかしコインロッカーは¥600-もするんだよ。高すぎでしょ。

12:10 ラフな格好に着替え、会社用服はロッカーに置き去りにして会社を出る。
12:24発の快速エアポート成田に飛び乗る。今回ちょっと危なかった・・・。
13:50成田着、チェックイン。人が少なくてほとんど待たずに手続き終了。
14:10 ランチ。
14:30 友人tさんと落ち合ってお茶ー。
15:25 tさんと別れ、出国手続きへ。出国審査場も人が3-4組しかいないくらいの閑散振り。

16:30発CO8便にてニューアーク空港へ。13時間後の5:45(現地時間30日16:45)に無事到着するまで、今回は映画を1本見る余裕があった。27 Dressを見たよ。面白かった。舞台がNYで気分を盛り上げるには最高。途中2時間くらい眠れなくて、機内で寝れない人のつらさが少しわかったり。あとはコンチの食事がやっぱり合わなくて、夕食を2-3口つまんだだけなのに胃もたれがして気持ち悪かったり。スナックも朝食も一口も食べられなかった。

入国審査はすごく混んでいてかなり待たされた。審査官の白人のおじさんはかなり怖い感じで、入国目的でsightseeingと答えたら何を見るんだ、としつこく聞かれて辟易した。一人できたのか、とか、なんで家族と一緒じゃないのか、とかね。一人で旅をしたらいかんのか。
Baggage claimについたらすでにスーツケースが取り出されて並べられてあった。

ニューアーク到着は16:45で予定より15分のdelay。でも出国審査が込んでたため空港の外に出たのは17:30くらいだった。1分1秒でも早くNYC入りしたい私はとにかく気が急く。人ごみをかきわけ、Shuttle Busの予約をするためGrand Transportationブースに行くと4-5人の列。ああここでまたブースのお姉さんのトロい手続きを待たないといけないのか、この際taxiで行こうか、などと考えていたら、hey yo, これからcityに行くならオレについてきな、と兄ちゃんに声をかけられる。値段を聞くと$19-。正規の値段より$2-3高いだけと思われたのでラッキーと思ってついていくことに。
c0066171_2013120.jpgShuttleにはすでに人が5人乗っていて、その後もうひとり乗ってきて、すぐに出発した。

Holland TunnelからNYC入り。このルートだと、車内から自由の女神の後姿が見えるのね。初めて知った。女神様の後姿なんて見たことが無いので新鮮だった。トンネルは案の定混んでいて、マンハッタンに入ったのは18時半。その後南のほうから客を降ろしていったので私は3番目だったのだけど宿の前に着いたのは19時半。結局2時間もかかってしまったけど、車内からのピープルウォッチングも楽しかった。写真はニューヨーカーっぽいなあと思った兄ちゃん。イーストビレッジあたりにたくさんいそうな人種。

19:30 check-in。宿の出迎えお兄さんはいつもの人。今回はかくれがNYの女性別館のセミプライベートにしてみました。本館のすぐ近くでなかなかよかったよ。またあとで紹介します。
お部屋使い方の説明を受け、3日分の宿泊費を払って、歯磨きして、19:50宿出発。

c0066171_2015197.jpg19:55 Richard Rodger Theater着。46stのbet 8Ave+b’way。宿から近い劇場で助かった!box-officeでチケットを受け取り、いざ中へ。入り口のチケットチェックのおじいちゃんがとても感じのよい人で嬉しくなる。NYに来た、In the Heightsに間に合った、おじいちゃんがフレンドリーだ、とすべてが嬉しくてテンション上がりっぱなし。

20:00~ In the Heights観劇 @ Richard Rodger Theater (感想は後ほど)

22:35 超よかった!大満足!と、プログラムを買って外へ出ると、UsnaviとSonny役の人がもう外に出てきていた。早っ!サインもらおうかとも思ったけどこんでるので隠し撮りだけ。

c0066171_2061574.jpg22:50 ご飯@Papaya King
機内ではあんなに気持ちが悪かったのに、NYについたとたんお腹が減るから不思議。
Hot dogとpina coladaにしてみた。これで$2.75ですよ。激安っ!そして激ウマ!
ぺろっと平らげ、BIrdlandへ。いつも日曜のbigbandなので今回は違うのを聞きたいなーと思って金曜の今日足を運ぶ。

23:10-24:10 Birdlandでjazz
チャージが上がってた!ショック。本来は$30だけど、その日のミュージカルの半券を見せたら$10(drink1杯込)だったのに、今回$20取られました。倍ってさー。あがりすぎ。
この日の出演者はすごい大柄な女性シンガーと、後ろがベース、ドラム、ピアノ。女の人の歌声はすごくきれいで迫力があった。曲間のトークで恋バナをしていた。20年連れ添った男がいたんだけど、私は彼がほんとに好きだった、この曲はそんな彼をを思って作った曲です、という紹介のあとに演奏された曲はすごいバラードっぽいゆったりとした曲だった。でもそんなバラードより、アップテンポなノリのいい曲のほうが好きだなあと思った私はきっとまだお子チャマなんだろうと思ったりした。

宿への帰り道、黒人の男の子に声をかけられる。あまりなストレートなもの言いに返事に窮してエイゴワカリマセーンと逃げた。

24:30 宿着、お風呂
25:45 就寝
[PR]
by reiko-204 | 2008-06-06 00:00 | 旅-2008-5月 NY | Comments(9)