「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:観-舞台観劇記2( 30 )

ミスサイゴン(帝劇バージョン)

舞台:ミスサイゴン (帝劇バージョン)/通算4回目
日時:11/14/16 Mon, 13:30~
場所:帝国劇場
席 :S席1階D列目41番, ¥13,500-

キャスト
エンジニア:市村 正親
キム :笹本 玲奈
クリス :上野 哲也
ジョン :パク・ソンファン
エレン :三森 千愛
トゥイ :藤岡 正明


先週のことですが、帝国劇場にて上演中の、Miss Saigonを観てきました。
友人が取ってくれた座席がなななんと1階席のD列!!
超至近距離から、念願だった市村正親さんのエンジニアを観ることができました。
表情もバッチリ!生舞台の醍醐味を存分に味わってきました。

Miss Saigon自体を観るのは10年ぶりくらいなので、色々と記憶が曖昧だけど、
曲が少し増えたのかな?聞いたことのないナンバーがあったような気がしました。
舞台そのものは非常に重いテーマを取り扱っているし、悲劇でもあるので、
出演者は皆一堂に真剣でパワフルにそして一生懸命に歌って演技して、という姿が印象的な中で、
市村さんのふっと肩の力を抜いたような演技がとても際立って見えました。
権力に媚びへつらい、金に汚い中年の男。
でも自分自身の夢を一途に追い求める姿は少年のようにも見えて、憎めない。
皆が必死に生きる中で、ひとり滑稽にユーモアたっぷりに人生を送っていながら、
どこか哀愁を感じさせ、でも同時に真剣に夢を追っている…
そんな姿を市村エンジニアの中に見たような気がしました。
エンジニアという役柄もあるかもしれないけれど、
市村さんの役者としての幅がなせる技なのかなあと思ったり。
長年演じてきたエンジニアも今回がファイナルと公言している市村さんの演技を観ることができて、大満足の観劇となりました。

でもやっぱり日本語の歌詞がきもちわるい。。
英語だと細部までは理解できないけど、それでもやっぱり英語で観たーい!

c0066171_17375016.jpg
[PR]
by reiko-204 | 2016-11-16 19:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

Kinky Boots(来日公演)

舞台:Kinky Boots(来日公演) / 通算2回目
日時:10/28/16 Fri, 13:00~
場所:東急シアターオーブ
席 :S席2階1列目26番 ¥13,000-

キャスト:
Charlie Price: Adam Kaplan
Lola / Simon: J.Harrison Ghee
Lauren: Tiffany Engen
Nicola: Charissa Hogeland
Harry: Josh Tolle
Mr.Price: Tom Souhrada
Simon Sr.:David Jennings
Don: Aaron Walpole
George: Jin J. Bullock
Pat: Madge Dietrich
Trish: Tami Dahbura
Richard Bailey: Ciaran McCarthy
Milan Stage Manager: Annie Edgerton
Young Charlie: Collin Jeffery
Young Simon: Jhazz Fleming

来日公演中のKinky Bootsを観てきました。
3年前のNY旅行時に現地で観たときに、とても感動したこの作品。
日本公演があると知って、気になりつつも、前回の観劇が素晴らしかっただけに、
今回日本公演を観ることでその時の感動が色褪せはしないか、
思い出は綺麗なままとっておいたほうがいいのではないか、
などと色々考えてしまいチケットは買わずにいました。
なんといっても前回はTONY賞のBest Musicalを獲ってノリにノッている時期に
original castsで観たので、
必然的にツアーカンパニーの質は落ちるだろうなあと思っていたのです。

でも。
観に行った友人の感想などを聞いているうちに、やっぱり観たい!との思いが強くなって、
ちょうど1週間前にチケットを購入したのでした。
そんな直前購入にも関わらず、2階席1列目のほぼ中央席が取れて、ラッキー!
(・・・というか売れてない?大丈夫?)

実際に観に行って、そんな杞憂はどこへやら、大感動してしまいました。
ローラ(主役のドラッグクイーン)がすごい!
ものすごく長身で、迫力があり、声もかなり低音がきいていて圧倒されました。
一見、着飾った女装人たちが歌い踊る舞台に見えるかもしれないけれど、
その奥に込められた各登場人物の思いや、作品自体のメッセージ性を理解すれば
どんなシーンにも意味があるんだなということがひしひしと伝わってきて、
素直にああ素敵な作品だなあと改めて感じることが出来ました。
ノリのいい楽曲は聞いていて心地よく、
舞台である靴工場で繰り広げられるベルトコンベアを使ったダンスなどは目で見て楽しく、
そして高いピンヒールを履きながら堂々と踊るドラッグクイーン達のダンスは圧巻です。
本当に行って良かった。

実は・・・
最後の曲、Raise you up/Just Beの時に、突如ポロポロと涙が・・・。
作品に感動したというよりは、
こんなに素晴らしい作品を今日日本で観ることが出来てなんて幸せなんだろう、という思いが
涙になって出てきたものと思われます。
最近涙もろくなってイヤだわー。

と、作品そのものには非常に満足でしたが、
会場が広すぎて2階席がガラガラだったのが本当に残念でした。
こんなに素敵な作品なのに~と思ってしまう。
制作側がもっとうまく宣伝できないものかねと思ってしまう。
そして、2階席1列目なのに、
舞台上の俳優さんの表情がほとんど読めないほど舞台から遠かったのも残念。
もうちょっと1階席に迫り出して客席を作ってくれればいいのに・・・。
と、思うところありつつも、大満足で帰途についたのでした。
[PR]
by reiko-204 | 2016-10-30 16:24 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

blast! The music of Disney

舞台:blast! The music of Disney (来日公演)/通算7回目
日時:8/30/16 Tue, 19:00~
場所:東京国際フォーラム ホールC
席 :S席1階12列目32番 ¥11,500-

Set list:
・Be our Guest (「美女と野獣」より)
・Circle of Life(「ライオンキング」より)
・Under the Sea(「リトルマーメイド」より)
・When You Wish Upon a Star((ピノキオ」より)
・A Dream is a wish your heats makes(「シンデレラ」より)
・Bibbidi Bobbidi Boo(「シンデレラ」より)
・Let it go (「アナと雪の女王」より)
・I Wanna Be Like You(「ジャングルブック」より)
・Reflection(「ムーラン」より)
・The Sorcerer’s Apprentice(「ファンタジア」より)
・Rhapsody in Blue(「ファンタジア」より)
・Night on Bald Mountain(「ファンタジア」より)
※順不同、パンフレットを購入しなかったため、公式サイトより引用
[PR]
by reiko-204 | 2016-10-29 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

水棲のアリア

舞台:水棲のアリア
日時:6/3/16 Fri, 19:30~
場所:阿佐ヶ谷アートスペース・プロット
席 :フリー

友人出演の舞台。
お話はとても難しかったのだけど、いつもと違う友人の一面が見れて満足な夜でした。
[PR]
by reiko-204 | 2016-10-28 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

おやすみ、コッペリア

舞台:おやすみ、コッペリア
日時:11/28/15(土) 18:30~
場所:荻窪小劇場

Salty rockという演劇ユニット主催の舞台劇を観てきました。
久々の舞台観劇。
友人が出演するので、共通のお友達とワイワイ応援に駆け付けました。

小さな空間で、約1時間半の長編舞台。
これを作り上げるのがどれだけ大変なのか、時間がかかるのか、
経験したことがない私にはわからないけれど、
でも相当なエネルギーを要することはわかる。
素直にすごいなーと思う。
そして、それだけ情熱をかけられるものがあることを、羨ましくも思う。

生の舞台ってやっぱりすごい。
近くから役者さんの顔を、演技を見られることはやっぱりゾクゾクする。
そんな感覚を久々に味わいました。

最近めっきり観劇する機会が減ってしまったけれど、
久々にこういう世界に来ると、ああやっぱりいいなあと思うのです。
昔のように、足しげく劇場に通うことはできなくても、
たまにはまた何か観に行きたいなーと思った一日でした。
[PR]
by reiko-204 | 2015-12-05 19:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

RENT 9/15/05

RENT 9/15/05 Thurs 20:00~
OrchC rowBB seat109 $20

Roger Davis/Cary Shields
Mark Cohen/Matt Caplan
Tom Collins/Desten Owens

Benjamin Coffin Ⅲ/D'Monroe
Joanne Jefferson/Merele Dandridge
Angel Schunard/Justin Johnston
Mimi Marquez/Karmine Alers
Maureen Johnson/Ava Gaudet
Mark's mom & others/Nicolette Hart
Christmas caroler & others/Marcus Paul James
Mrs.Jefferson & others/Crystal Monee Hall*
Gordon & others/Colin Hanlon
Steve & others/Jay Wilkison*
Paul & others/Shaun Earl
Alexi Darling & others/Mayumi Ando

*=understudy


今日のアンダーはふたり、そしてnew to meなのはAva@Maureen,
Nicolette@Mark's mom, Crystal@SOLのソロ。
さらにShaun@Paulは以前見ているはずだけど全く記憶にないのである意味初。
さらにJustin@Angelも今回の旅行(05年9月旅行)で初なので、見所満載で困りました。

Justin@Angel:
やっぱりこの人のAngelが私は好きです。
T4Uで動き回ってサンタコートの白い羽が飛び散るところや、
カツラがずれまくって髪の毛をとかす振りをしながらカツラを直す仕草が
かわいくてたまりません。
あと笑顔。
それからくるくる変わる表情。
Justin@Angelだ~。
この“動きまわるAngel"に慣れすぎて、他の人が演じるAngelが大人しくて見えてしまう。
でもこの元気一杯に飛び跳ねるAngelが私はとても好きだ。
そしてJustinはやっぱりリズム間が突出しているので、
ダンスだけではなくてドラムさばきも上手で聞いていて心地いい。
Act2でのHNYで"People! Is this anyway to start a new year?"のフリが変わっていた。

Karmine@Mimi:
この人のMimiも大好きだけど、今日はまた特別調子がよかったみたいで、
声がのびて迫力満点。
やっぱり昨日が休みだったからフルパワーなのかな?

Ava@Maureen:
小さい!迫力が無い!!物足りない!!!
顔はかわいいし、歌もそこそこ上手。
演技はKelly@Maureenにとても似せてあって特に嫌なところは無いけど
とにかく小さくてsexyさに欠ける。
“街を歩いてたら男の子も女の子もみんな私を振り返るんだもの、仕方が無いじゃない”と
歌うシーンがあって、
これまで私が見たMaggieやKellyは「その通り!」という感じだったけど、
Avaだと誰も振り返らないんじゃ?と思ってしまった。
Merle@Joanneと一緒にいると特にそう思ったのは、
ふたりのバランスが悪すぎるからかも。
MaureenがあまりにもかわいくてJoanneが嫉妬する設定だけど、
ふたりが一緒に居ると明らかにMerele@Joanneの方がいい女でした。
Avaはfull time Maureenになってまだ3日目、
これからどんどん良くなることをとにかく期待。

Desten@Tom Collins:
Justin@Angelと一緒に歌う部分ではもう少し歩み寄って欲しい。
自分の歌い方に固執しすぎだとふたりがハモれないよー。

Crystal@SOLのソロ:
歌うまい!高音を余裕そうに、気持ち良さそうに歌っていて、観客からも大きな拍手が。

終演後:
この日は観客も少なかったけど、
地元ヘッズもほとんどいなかったようで、出待ちをしている人がものすごく少なかった。
いつも必ずつかまっているMattやCaryもす~っと帰っていって、
Destenが韓国人っぽい集団につかまって一緒に写真を撮っていたけど
みるみるうちに出待ち人も去り劇場前は終演15分後くらいには既に閑散としていました。
が、待ちびと現れず。
Justinがなかなか出てこず、気付かないうちに違うstage doorから帰ってしまったのかも、と
心配になったところでようやく登場。

というわけで無事に会えました。しかも人がほとんどいなかったので、
周りに気兼ねなく話しかける事ができて良かった。
一緒に出待っていた母を、「母です」と紹介したら、
「ウワオ、家族で来てくれたの?」とワオワオと連発していてcuteでした。
明日帰る、と言ってあったからか、心なしかいつもより多く何度もハグしてくれて幸せでした。

というわけで今回の旅もRENTで〆ました。
[PR]
by reiko-204 | 2012-01-25 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

RENT 9/11/05

RENT 9/11/05 Sun 19:00~
OrchC rowH seat111 $45

Roger Davis/Cary Shields
Mark Cohen/Matt Caplan
Tom Collins/Desten Owens

Benjamin Coffin Ⅲ/Stu James*
Joanne Jefferson/Merele Dandridge
Angel Schunard/Shaun Earl*
Mimi Marquez/Karmine Alers
Maureen Johnson/Kelly Karbacz
Mark's mom & others/Ava Gaudet
Christmas caroler & others/Marcus Paul James
Mrs.Jefferson & others/Frenchie Davis
Gordon & others/Colin Hanlon
Steve & others/Jay Wilkison*
Paul & others/Philip Dorian McAdoo*
Alexi Darling & others/Mayumi Ando

*=understudy

図らずも今日はKelly@Maureenのラストでした。
昨年7月にNYに滞在した時も当時のMaureenであるMaggieのラストに遭遇したし、
なんかちょっとついてるかも。

とはいいつつこの日は911。観劇という風潮でもないのか、
それとも新学期が始まったばかりという時期的なものか、客入りが悪い事この上なし。
ラッシュは外れたものの、オーケストラ含め全席$45で売ってくれたし、
開演2時間前にラッシュに外れた後にチケットを購入したのに
H列のセンターオーケストラのほぼ真ん中が買えたし、おまけに私の隣は5席ほど空席。
センターオーケストラは空席が目立ちつつもなんとか埋まっている感じだけど、
ライトとレフトは通路側以外はガラ空き。
2階は見なかったけど、多分ガラガラだったのではないかと思われます。
それにしては盛り上がった、というか、Kellyのファンが詰め掛けたんだと思うけど、
OTMでのMooはすごい事になっていたし、曲間の歓声も大きかった。
そういう意味では楽しめた。

Kelly@Maureen:
初めてKellyのMaureenを見たのは今年の2月で、
その時はMaggieとだいぶ違ったので違和感があったものの、
回を重ねるごとに彼女のMaureen像がとても好きになって行きました。
今日は一曲一曲丁寧に歌って演じているような感がありました。

LBVでのお尻を出すシーンではMr Greyに向かってお尻を出した後に、
反対側にいるキャストにまで見せていたし、
彼女もサービス精神旺盛でした(笑・Maggieの時は更に観客にまでお尻を向けてくれた)。

Angelのお葬式では泣いているように見えました(でも席が遠すぎてちゃんとは確認できず)。
最後のカーテンコールでは客席から花束が4つほど。
愛されてたんですね。
それにしても色が白くてほんとにかわいい。

Shaun@Angel:
覚悟はしていたけど、やっぱりJustinはお休みだった・・・。
そしてShaunのAngel・・・。
どうせならEnricoが見たかったけど、Enricoもお休み。
ShaunのAngelはBenny Tourで見てるはずなんだけど、
その時の感想は「女装がキモイ」だったので他に覚えていることは全くナシ。
そして今日見てみると、やっぱりdrag queen姿が美しくない!
Justinのdrag queen姿も決してかわいくないけど、Shaunはもっとダメだー。
でもそれ以外は意外と良かった。
お茶目なAngelだったかな。
でもとても大人しい。
ダンスがあまり無かったな。
見せ場のT4Uもいまいち。

Desten@Tom Collins:
大人の余裕がない。フリーマーケットで自分が盗られたコートを見つけたときの反応が嫌い。
"That's my coat!" "She's a theft! "って、怒りすぎでは?
あと、声が独特。
低い声は好きなんだけど・・・ちょっとね。

Stu@Benny:
この人、とても背が小さい。
D' Monroeが大きすぎるからかな?なんかちょっとイメージが。
さらに髪の毛が顔の2倍くらい(?)あって、
とにかく頭が大きくてどうしても笑えてしまって仕方が無かった。
とはいえ、声はすごくきれい。
力強くてハッキリしていて低音も綺麗で歌い方はすごく好き。

とても印象的だったのは、Act2のGoodbye Loveで、
MimiがRogerに"Goodbye my Love"と歌うところ。
MimiもRogerもお互いに何か言いたげででもうまく言えずにMimiが去るシーンで、
いつもD'Monroe@Bennyは
「このままMimiを連れて行ってもいいのかな?」「いいの?いいの?」という感じで
後ろのRogerを振り向きつつちょっと悪そうにMimiと去っていくのだけど、
Stu@Bennyは正反対で、Rogerを全く振り返らないばかりか、
「早く俺のところに来いよ」と言わんばかりに正面を向いたまま手を差し出して
Mimiが自分のところへ戻ってくるのを催促していたところ。
D'Monroeとはきっと解釈が全く違うんだろ。

出待ち:
本当に出待ちしたい人は今日はお休みだったのだけど、
なんとなくクセで終演後も劇場前にボケっと一人でいたらCaryが話しかけてきてくれた。
「前にも来て、日本に帰って、また来たの?」って言われたけど、
この人私のこと覚えてるのかなー?微妙。

EnricoとNick発見。Kellyのラストを見に来たのかな?
Enrico, ヒマなら出演すればいいのに・・・。
今日はEnricoがいないからSteve×PaulがJay×Philipで
非常にかわいくない組み合わせだったのに。
話しかけようかと思ったけどやめておく。

最後にKellyを見ておきたかったのだけど、地元ヘッズが非常に沢山いたので
怖くなって帰ることに。Caryに、また木曜に来るね、と言って帰宅。

後日談:
この日、JustinもKellyのラストを見に来てたらしい。
ヒマなら出てよーAngelで~。もうー!
[PR]
by reiko-204 | 2012-01-24 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

RENT 6/7/05

6/7/05 Tue 20:00~
OrchC rowAA seat114 $20

Roger Davis/Cary Shields
Mark Cohen/Matt Caplan
Tom Collins/Desten Owens

Benjamin Coffin Ⅲ/D'Monroe
Joanne Jefferson/Merele Dandridge
Angel Schunard/Justin Johnston
Mimi Marquez/Karmine Alers
Maureen Johnson/Kelly Karbacz
Mark's mom & others/Caren Lyn Manuel
Christmas caroler & others/Marcus Paul James
Mrs.Jefferson & others/Frenchie Davis
Gordon & others/Colin Hanlon
Steve & others/Jay Wilkison*
Paul & others/Nick Sanchez
Alexi Darling & others/Sala Iwamatsu

*=understudy


Jay@Steve:
今日はEnricoがお休みで、SteveはJayがやっていた。
Jayの方が歌はうまいんだけど、Enricoの方がダンスがうまい。
SteveはJustin, Enricoと見てきてるから、Jayだと動きが物足りなく感じてしまう。
後は体が大きいからかわいさがなくなってしまう。
Enricoの方がいいな。

Merele@Joanne:
Merleが戻ってきていた。vacationだったのかな?
細いし美しいし、ビジュアル的にはこの人完璧なんだけど。
MerleはマジメなJoanneという感じで、Danielleの方がユニークだったかな。
どちらがいいの、といわれたらどちらもそれなりの良さがあって選べない。

Desten@Collins:
なんだかとても偉そうに見えてきた。
いつもポケットに手を突っ込んでAngelと手をつないであげない気がする。
まだ若いDesten, 背伸びして大人な感じを出そうとしてるのかな?
私にはとってもつっけんどんで偉そうなCollinsに見える。

Justin@Angel:
やっぱり遠くから見たほうが美しい(笑)。
最前列で見るとやっぱり男だね。
それでもcuteなAngelに徹しているのはあっぱれです。

終演後:
3回目にしてようやくJustinに会えた!
今日は入り口沢山のファンにつかまって、
写真を撮ったりサインをしたりしていたので気付く事ができた。
明日お休みだから今日は終演後もゆっくりしてるのかな?
人の波が引いてから話に行った。
話せてよかった。
[PR]
by reiko-204 | 2012-01-23 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

RENT 6/5/05

RENT 6/5/05 Sun 19:00~
OrchC rowH seat111 $60

Roger Davis/Cary Shields
Mark Cohen/Matt Caplan
Tom Collins/Desten Owens

Benjamin Coffin Ⅲ/D'Monroe
Joanne Jefferson/Danielle Lee Greaves
Angel Schunard/Justin Johnston
Mimi Marquez/Karmine Alers
Maureen Johnson/Kelly Karbacz
Mark's mom & others/Diana Kaarina*
Christmas caroler & others/Marcus Paul James
Mrs.Jefferson & others/Catrice Joseph*
Gordon & others/Colin Hanlon
Steve & others/Enrico Rodriguez
Paul & others/Nick Sanchez
Alexi Darling & others/Sala Iwamatsu

*=understudy

Colinが戻ってきた?一昨日まではJoshuaだったはず。
この人、好きだなあ。かっこいいし。
もうちょっと大きな役が回ってくると良いね。
RENTでは難しいのかな・・・。

Diana@Mark's momの印象がほとんどない・・・。
ちゃんと見てなかったのかしら。
Danielle@Joanneに注目していた回です。
Enricoの調子も元に戻っててよかった。

出待ち:
今日もJustinに会えず。
う~ん。やっぱりひとりでの出待ちは限界があるなあ。
沢山あるドアのうちひとつだけ注目していても他から帰ってしまう。

今日もCaryが話しかけてくれる。良い人だなあ。
[PR]
by reiko-204 | 2012-01-22 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

RENT 6/3/05

RENT 6/3/05 Fri 20:00-
FMezz rowAA seat111 $50

Full Cast!

Roger Davis/Cary Shields
Mark Cohen/Matt Caplan
Tom Collins/Desten Owens

Benjamin Coffin Ⅲ/D'Monroe
Joanne Jefferson/Danielle Lee Greaves
Angel Schunard/Justin Johnston
Mimi Marquez/Karmine Alers
Maureen Johnson/Kelly Karbacz
Mark's mom & others/Caren Lyn Manuel
Christmas caroler & others/Marcus Paul James
Mrs.Jefferson & others/Frenchie Davis
Gordon & others/Joshua Kobak
Steve & others/Enrico Rodriguez
Paul & others/Nick Sanchez
Alexi Darling & others/Sala Iwamatsu


Danielle Lee Greaves@Joanne:
すごく良かった。
外見はMerleの方が綺麗だし彼女の方が弁護士らしいスマートさがあるのだけど、
でもDanielleの方がユニークで人間的な温かみのあるJoanneな気がした。
昨年の4月にこの人のJoanneを見たときは
すごくやる気のない大人しいJoanneに見えて好きになれなかったけど、
今日はshe was on fireという感じで熱かった。
I like her Joanne.

Enrico@Steve:
Will I のソロで思いっきり外した。
あれは無いよー。
その後動揺しちゃって彼は今日ぼろぼろだった。
がんばれ、エンリコ!!

Desten@Collins:
まだこの回はMRFとの違いを楽しむ余裕があったかな。
回を重ねるごとにちょっとづつ・・・以下自粛。
I'll Cover You Reproseはかなりアレンジして歌っていた。
この日はなかなかいいじゃん、と思った。

Frenchie@SOLのソロ:
Seasons of Loveでのソロの歌い方が変わっていた。
特に最後の方がかなり変わっていて、私は前より好き。
今まではCatriceのソロの方が好きだったけど、今日のFrenchieのソロはかなり好き。

終演後
Justinに会えなかった。Angelになってからさっさか帰るようになっちゃったなあ。
Steve時代はいつも最後の方に出てきてくれたから見つけやすかったのになあ。
私もひどい顔してるし、次回にしろってことだなこれは。

Mattに初めて話しかけた。ひとりぷらぷらしてたので話すなら今だ!と突撃。
かなり緊張したけど、話してみるとnice guyだった。よかったー。

Caryにも話しかけた、というか話しかけられた(笑)。
ずーっとJustinを待って道路でひとり立ってたので哀れんでくれたのか?
良い人だなあ。
[PR]
by reiko-204 | 2012-01-21 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)