カテゴリ:観-映画・テレビ記録( 128 )

M-1グランプリ 2015

昨日、5年ぶりにM-1グランプリがありましたね。
いやー面白かった!久々に泣くほど笑いました。
出だしの数組でだんだんと盛り上がって、
途中いったん少しテンションが下がり、
その後、ラストまでガーっと駆け上がった感じでしょうか。
以下、個人的な感想です。

敗者復活を含めて9組見た中では、
私はタイムマシーン3号の漫才が一番面白いと感じました。
笑いすぎて涙が流れたくらい笑いました。
他には銀シャリ、彼らも面白かったかな。
なので敗者復活でトレンディエンジェルがものすごい勢いで漫才をして
高得点を取ったとき、
そのためにタイムマシーン3号が最終決戦に進めなくなってしまって
すごく残念に思ってました。
彼らの漫才をもう1本見たかった、と思って。

決勝戦。
まずはトップバッターの銀シャリがちょっとイマイチ盛り上がりに欠けてましたね。。
個人的にも1本目の方がずっと出来がよかったと思いました。

2番手のトレンディエンジェルは、勝ち上がりの勢いそのままに突っ走って
非常にウケてましたね。とにかく勢いがすごかった。
しゃべりも早口で、小ネタもたくさん挟んでいて、
でも言葉の遊びだけではなくてちゃんとしたストーリーがあったので、見ていて飽きない。
すごいスピードの漫才で、ネタが盛りだくさんなので非常にお得感があるというか、
見ていて惹き込まれる、圧倒される、そんな感覚でした。

最後のジャルジャル。
彼らは出だしで、ああダメだな、と思ってしまいました。
スタイルが1本目と全く同じだったので。
2本目のフレッシュさが無いというか、さあ次はどんなものを見せてくれるのかな、
というワクワク感が、出だしの30秒で奪われてしまった感じ。
結局最後まで、予想を裏切られるようなストーリー展開が無く、
なんかさっきと似てるなあという最初に感じた感想そのままに終わってしまった感がありました。

というわけで、優勝結果には納得。

実は昨日のオンエア時は、
最初のうちは夕飯の支度中だったため何組か見ていない組があったので、
今日もう一度全部通して見てみました。
全部通しで見ても、やっぱりタイムマシーン3号の漫才が一番笑ったかな~。
同じネタを2回続けてみてそれでも笑えるってすごいですよね。
私のツボにっぴったりだったのかな。


M-1を初めて見たのは2009年。
日記に書いた気がする、と思って探してみたらありました。→コレ
実はその後2001年~2008年全てのM-1のDVDをレンタルしてきて
全部見たんですよね~・笑
もちろん、2010年も見ています。
10年間分みて、面白かったものはやっぱりすごく印象に残っています。
特に初期の頃の笑い飯、チュートリアル、サンドウィッチマン、
ブラマヨなどのインパクトは相当強かったなあ。
その後、バラエティ番組に出ている彼らを見る目が変わったほど。
今回優勝したトレンディエンジェルも、今後の活躍が楽しみです
お笑い大ファン!というわけではないけれど、たまに見ると楽しいですね。

ちなみに私の中で漫才といえば、横山やすしきよし。
子供の頃祖母の家で、やすきよの漫才を見ながらお昼ご飯を食べた記憶が今も残っています。
大切な思い出です。
[PR]
by reiko-204 | 2015-12-07 19:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

グランプリシリーズ第6戦 日本大会(NHK杯)

またまた1週間経ってしまいました。
ちょうど先週の金曜日に男子のショートで羽生君が世界最高点を出し、
土曜日にものすごいフリー演技があったんでしたね。
1週間が早い!

NHK杯は、とにかく羽生君すごかった、の一言ですね。
私は特に羽生君の大ファン!というわけではないのですが、
まあすごいことは事実。
そして安心して見ていられます。
若いのにものすごく精神力が強くて、負けず嫌いな人なんだろうなあと思います。

羽生君以外では。
4位に入ったホッホスタイン選手がとってもよかった!
フリーでのレミゼの曲での演技は、本当に優雅で、
なんだかレミゼが思い出されて涙が出そうになりました。(←レミゼ好きなので)

あとはコフトゥン選手。
ショートもロック調で変わっていたし、
フリーもとってもユニークな振り付けですごく面白いなーと思っていたのに、
ジャンプが決まらなかったからか、結果が奮わず残念。

女子は宮原選手が念願かなって優勝できてよかったですね。
とはいえ、私は本当は宮原選手より本郷選手にグランプリファイナルに行ってほしかったので内心はちょっと残念でした。。
真央ちゃんは今回はちょっと失敗が多かったけど、
グランプリファイナルで挽回しそうだな。

あとはロシアのレオノア選手。
この人の演技、そして表情、もはや顔芸?と言えるほどの豊かな表現力がとっても好きなのですが、結果はイマイチで残念でした。

そんなところかな?

さて残すところはグランプリファイナル。
来週が楽しみです。
[PR]
by reiko-204 | 2015-12-04 19:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

グランプリシリーズ第5戦 ロシア大会

もう1週間経ってしまって、ロシア大会の中身を忘れてしまった・・・。
とりあえず小塚選手と、本郷選手が残念だったってことと、
女子の優勝したロシアの選手(名前忘れた)、
彼女が、よく言うと感情豊か、悪く言うと情緒不安定だなーと、
そんな競技と関係のないことを思ってました。
演技が完全に終わってないのに、
最後のポーズを取ったところで泣き始めてびっくりしたのです。
せめてあと2,3秒待てばいいのに、なんて。
そんなところは減点されないのかしら。
まあまだ子供だから、うまく感情のコントロールができないのかなーなんて。

本郷選手は残念だったな~。
私は彼女の今シーズンの演技がすごく好きだし、
ロシア大会の演技もとっても良かったと思ったんだけど。
素人目にはわからない色々な採点ポイントがあるのでしょうねー。

さてさていよいよ今日から最終戦ですね。
羽生君、真央ちゃんともに出場、
おまけにふたりともグランプリファイナル出場がかかっている試合とあれば、
もう見ないわけにはいきません。
あー楽しみ!
[PR]
by reiko-204 | 2015-11-27 19:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

グランプリシリーズ 第4戦フランス大会

フランス大会は、男子が混戦で、見ごたえのある大会でした。
力のある選手がたくさん出場していて、非常に楽しみにしていましたが、
パリで痛ましい事件が起こり、中止になってしまいました。

犠牲になった多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by reiko-204 | 2015-11-19 18:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

グランプリシリーズ第3戦 中国大会

昨日の夕飯。
c0066171_17334229.jpg

秋刀魚も食べ納めかな?だんだんと小さくなってきました。
最後かもしれないので、シンプルに一番好きな塩焼きで。
子供のころはあまり魚が好きではありませんでした。
お寿司やお刺身は好きなのだけど、焼き魚や煮魚はどうも苦手で。
でも最近焼き魚が美味しくて。
特に秋刀魚は大好物になりました。

=====

さてグランプリシリーズ。
女子のフリーだけ、オンタイムでテレビで観れました(ライブではないけど)。
男子はまさかのショート録画忘れ!
ということで男子はフリーしか見ていませんが・・・。

中国の選手がショートですごかったようで注目されていましたが、
私はやっぱりフェルナンデス選手が好きだわ~。
他の選手たちが、ものすごく攻め攻めな感じで滑っているのに対して、
フェルナンデス選手はすごく柔らかく滑らかに滑って飛んでいるような気がして。
競技を見ていることを忘れ、ひとつのショーを見ているような。
見ていて惹き込まれます。
それにしてもあの選手は本当にコミカルな演技が上手ですよね。
美男子なのに、コメディアンのような演技。
美しい演技も、コミカルな演技も、どちらもとても好きです。

そして女子。
真央ちゃんがすごいのはもちろんですが、
本郷選手がすごかったですねー!!!
先シーズンはそこまで思わなかったのだけど、
今シーズンの彼女の演技にはもう目が釘づけ。
画面に魅入ってしまいました。
特にフリーのリバーダンス。
なんなんでしょうか、あの足さばきは!
すごく堂々と、楽しそうに、のびのびと演技している姿を見て、
見ているこちらまでワクワクしてきてしまいました。
この勢いのままファイナルまで行ってほしい!

真央ちゃんはさすがの安定っぷり。
とてもブランクがあったとは思えないですね。
しっとりと大人の女性になって帰ってきてくれた感じ。
真央ちゃんもこのままファイナルへゴー!
[PR]
by reiko-204 | 2015-11-10 19:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

グランプリシリーズ第2戦 カナダ大会

週末は家を空けていたので、全ての結果が出たうえで、
昨日の祝日に録画していたグランプリシリーズカナダ大会の様子を見ました。
当然ですが、やっぱり結果を知らずに見るのと、知って見るのとでは
見る側の心構えというか、真剣度が違いますね。
スポーツはオンタイムで見るに越したことはありません。

女子は、永井選手がとっても良かったですね。
特にフリーの時の表情がとても印象的でした。
ジャンプがうまくきまって安心したのか、
すごくいい表情で滑っていて、まだあどけない彼女の笑顔に釘づけでした。

村上選手、表彰台まであと一歩。惜しかった!
私はこの子の演技がとても好きなので、この後も頑張ってほしい。
ショートカットにしてイメージ一新、でも佳菜子スマイルは健在でした。

あとはトゥクタミシェア選手!妖艶ですね~。
めちゃくちゃセクシー。
ショートでは7位に沈んでいましたが、
さすがの女王、フリーでは堂々の1位でしたね。
この人の演技も見ていてとっても楽しい。

男子はやっぱり羽生君、チャン選手、そして村上選手。
羽生君のメンタルの強さには毎度のことながらびっくりさせられるし、
チャン選手は休養明け一発目なのにさすがの演技で結果も出しているし、
村上選手も去年に引き続きとっても素敵な力強い演技でした。
今年は男子にますます目が離せません!

今週末はいよいよ真央ちゃんの復帰戦。
そして男子はフェルナンデス選手の登場です。
楽しみです。
[PR]
by reiko-204 | 2015-11-04 19:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

グランプリシリーズ第一戦 アメリカ大会

週末、グランプリシリーズを見ました。
今年は真央ちゃんも戻ってくるし、楽しみです。

男子の宇野君、すごかったですねー!
特にフリーではなんだか迫りくるものがありました。
波に乗っている証拠!
やっぱり音楽も素晴らしくて。
衣装もちょっと珍しい感じの綺麗な緑色の衣装でした。
個人的にはとっても好みな衣装でした。
宇野君、2位という結果が素晴らしいのはもちろんですが、
フリー単体だとトップの点数だったようです。
シニアデビューとは思えない、堂々とした戦いっぷりでお見事!

無良君は残念な結果でした。
前にも書いた気がするけど、私は彼のスケーティングが好きなんですよね~。
男子のフィギュアって、ちょっと線の細い中世的な選手が多い気がするのですが、
その中でザ・男という雰囲気の無良選手の出で立ち、滑りにいつもキュン(死後?)とします。
頑張ってほしいなー!

海外勢ではジェイソンブラウン君。
彼の笑顔と小技の効いた滑りもとっても良かった~。
応援したくなっちゃう選手ですね。
もはや女子にしか見えない。

女子は、今回はあまり(自分の中での)注目選手がいなかったので、
ちょっとウトウトしつつipadいじりつつ見ました。
ゴールド選手可愛いな~。
優勝したロシアの選手、ジャンプするとき手をあげれますあげてますアピールがすごいな~とか、
それくらいの感想しかありません。

さーこれから毎週末フィギュアを見るのに忙しくなりそうです。
どこまで見れるかな。
[PR]
by reiko-204 | 2015-10-27 19:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

ドラマ「下町ロケット」第一話を見て感じた事

先週日曜から、TBS日曜ドラマ「下町ロケット」が始まりましたね。
2年前の同枠の半沢直樹が面白かったので、
その後、池井戸潤さんの小説を何冊か読みました。
その中でも特に面白いと思ったのが「下町ロケット」と「空飛ぶタイヤ」でした。
(まだまだ全部読み切れていないのですが)
そんなわけで、今期の「下町ロケット」が始まるのを非常に楽しみにしていました。
これまでも、半沢直樹のヒット以来、各局で池井戸さん作品をドラマ化していたようですが
それらは特に見たいとは思わなかったのですが、
「下町ロケット」はどのように映像化されるのかとても興味があったんですよね。

で、実際に第一話が先週放映されたわけですが。
なんだかものすごく違和感がありました。
どんな作品でも、原作を読んでから映像化されたものを見ると違和感は少なからずあります。
小説の中の人物像が自分の中でイメージとして出来上がっているので、
そのイメージとかけ離れた人がキャスティングされていると、
どうしても違和感を感じてしまいます。
でも今回の下町ロケットは、その「違和感」が普段以上に大きくて、
違和感どころか気持ち悪く感じてしまいました・・・。
キャスティングだけではなく、その演技や表情が、
それは違うだろう、その表現は小説とかけ離れすぎだろう、と思うことがあまりにも多くて
初回を見終わったときにはぐったりしてしまいました。
幸いにも、主役の佃航平役の阿部寛さんはすんなり入ってきたのでまだいいのかしら。
殿村さんとか、財前部長とか、違うだろう~という感じ。

あと、描き方がおかしい。
ナカシマ工業で三田さんが顧問弁護士から電話を待っているシーンがあったけど、
彼が電話を取りその対応の一挙手一投足を周りの社員が見守っていたけど、
普通そんな会社ないだろう~と。
普通の会社はそんな上司の電話一本に、平社員が耳を傾けられるほど暇じゃないんですよ、
と言いたい。
それから、演技が大げさ。
会社でそんな感情をむき出しにする人いないでしょーと思ってしまった。
今日のラインニュースで、
「『下町ロケット』出演俳優らの顔芸対策が話題に」なんて記事が上がっていたけど、
なんだかな~。

と、なんとも辛口になってしまったけど、期待が大きかったからこそ。
今後が楽しみ、というより怖いもの見たさで、たぶん次回も見ることになりそうです。
少しでも違和感が少なくなってすんなり安心して見られるようになればいいな~。
[PR]
by reiko-204 | 2015-10-22 19:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

2009年に見た映画

映画館で見た映画で覚えているのは下記3本だけ。
今年の夏前の記憶がもうまったく無いわ!!

・風が強く吹いている
・沈まぬ太陽
・泣くもんか


珍しく邦画ばっかりの一年(というか2009年下半期)でした。
先の2本は大満足、最後の一本はちょっと期待外れだったかな~。
ま、期待しすぎたのかもしれませんが。
[PR]
by reiko-204 | 2009-12-26 00:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(2)

M-1グランプリ

昨日の夜、録画しておいたM-1グランプリを見ました。
ここ数年、世間がお笑いだ、M-1だ、と騒いでいるのもどこ吹く風?状態だった私。
お笑い芸人もテレビに出てくるベテランさんくらいしか顔と名前が一致しない。
たまに見かける番組もお笑い番組じゃなくてクイズ番組とか。
たまにーレッドなんとか系の番組で知らない芸人のコントを見ても、面白いと思えたことがなくて、
それでどうもお笑い系は敬遠していたのです。
そんなお笑いド素人の私がM-1を見てみようと思ったのは、明らかに某mさんの影響です(笑)。

前半を観終えた段階では、正直ちっとも面白いと思えませんでした。
南海キャンディーズのコント(?っていうの?ネタ??)は面白いと思っていたんだけど、
審査員の評価は彼ら以外のほうが点数がずっと高くて、
この高得点についたコンビと南海キャンディーズの一体どこが違うんだろう、と不思議でならなかったのです。

でもでも。
笑い飯、彼らは面白かった!
ひとりでテレビの前で声を出して笑いました。
こんなに面白いのに、これで審査員の点数が低かったら
私にはよっぽどお笑いそのものが合わないんだろうなーと思いながら点数発表を待っていたら、
最高得点がはじき出されました!
よかった、私にもお笑いを理解できるセンスが少しはあったみたい。

最終的に決勝に残った3組のコントはいずれも面白いと思えました。
ああよかった、と自分に一安心しながら決勝を見てました。
結果は意外だったけど・・・。
もっと接戦かと思ったので。
ま、お笑い界にも、シロウトにはわからない奥深いポイントがあるのでしょう、きっと。

謎めいたお笑いの世界を少しだけ覗くことができたM-1グランプリでした。
[PR]
by reiko-204 | 2009-12-23 19:56 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)