<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

07年3月NY日記③

3月18日(日) NY3日目

7:30 起床
8:30 宿出発
この日の予定は15時からと19時からの観劇のみ。それ以外は特に予定無し。マチネの開演まで、比較的時間があるので、今回の旅で行けたら行こうと思っていたウィリアムズバーグへ行く事にする。というわけで、向かうは宿の最寄り駅であるPort Authority Bus Treminal(最寄駅が遠いのがこの宿の難点かな・・・)
 P.A内のau bon painにて朝ごはん。NYに来るたびにお世話になっているパン中心の軽食チェーン店。店頭に並ぶ菓子パンからその場で作ってもらえるサンドイッチ、サラダ、フルーツ、スープ等軽い食事が出来るお店。マンハッタン内に相当数の店舗があると思う。日本に上陸したら絶対流行ると思うけどな。
8:45 BF@ au bon pain マフィン+水
9:30 出発。青のA/C/Eラインで14stへ、Lラインに乗り換え、マンハッタンを出て1つ目の駅Bedford Aveで下車。9:50には到着。思ってたより近い!

<Williamsburg散策>
 ブルックリンのWilliamsburgと呼ばれる地域は、「元々は黒人とユダヤ人が多い地域だった。地価が高騰したマンハッタンから広い製作スペースを求めて多くの若きアーティストがこの地へ越してきたのはもう十数年も前のこと。アーティストの流入に伴い新しいギャラリーも増え、最近ではベッドフォードアベニューを中心におしゃれなカフェやブティックが立ち並ぶようになった」んだそうだ(by地球の歩き方)。この辺りでいくつか行ってみたいショップがあって、地図とメモを持参したのだけれど、どこのお店もまだclose中。さすがに日曜の午前中はまだどこも眠っているみたい。そこで、Bedford Aveをずっと北上して、マンハッタンのエンパイアが見える地点まで行ってみることに。
 ほんの数ブロック歩いただけで、お店が立ち並ぶ目抜き通りらしい光景が途切れ、何もない空間に。ユダヤのシナゴーグ(ユダヤ寺院)まで見えてきて、しかも人っ子ひとりおらず、この静かさにとにかくびっくり。

シナゴーグ。ここは一体どこ?というような風景c0066171_18485583.jpg

何も無い!c0066171_18495122.jpg

公園のようなところに行き当たり、ふと左を見るとエンパイアステートビルが見えた!寒いけどお天気がよく、視界がクリアなのでエンパイアやクライスラービルがはっきりと見える。もうちょっと近くから見ようと、イーストリバー沿いへ。

エンパイアステートビルディングc0066171_18503310.jpg

クライスラービル
c0066171_1911562.jpg


c0066171_18551969.jpgが、途中でなんとなく怪しげな雰囲気になってきたの中で引き返すことに。倉庫等が立ち並び、どんよりしていて、まったく人がいないのでちょっと怖くなって。それでも途中いろいろ面白いものとか綺麗な景色を発見して、c0066171_1913728.jpgそういったものにいちいち反応しながら歩いていたら結構な距離を来てしまっていて、Bedford Aveに戻るのが大変だった。なんていったって歩道は足場がほとんど整備されておらず、ずっと雪の上を踏みしめて歩く状態だったので体力も相当消耗した。車道は雪かき車が何度か通って行っただけあってある程度きれいにはなっていたけど・・・。人が少なく建物も少ないせいか、マンハッタンよりも寒い気がしたし(気のせいかもしれないけど)。疲れたので、Bedford Aveに戻り、有名なベーグル屋Bagel Smithでベーグルを買ってマンハッタンに帰ることに。


c0066171_19204442.jpgc0066171_19205765.jpgいらなくなった服を寄付してください、というボックス


<ベーグル>
c0066171_1912343.jpg NYには美味しいベーグル屋が沢山あります。最近は日本でもベーグル専門店が増えて、美味しいお店も多いけれど、なんといっても値段が高い。1個¥150~¥200-くらい。しかも店によってはカスカスだったり、ベーグル特有のもちもち感がないし、おまけにかなり小ぶり。でもNYのベーグルは1個がとても大きくてずっしりしていて、しかも安くて美味しい。そんなわけで、NYに行くと必ずベーグルを1ダースほど買って日本に持ち帰り、冷凍保存してしばらくNYベーグルを堪能しています。
 今回はせっかくWilliamsburghまで来たので、この辺りで有名なBagel Smithのベーグルを持ち帰ろうと思ってBedford Aveに。と、Begel Smithに行く前にふとBagel Storeというお店の看板が目に入り、ふらっと中に入ってみるとすごい人!外にはほとんど人がいないのに、お店の中は大繁盛。これだけはやっているということはきっと商品が美味しいに違いないと思って、ここのベーグルも買ってみることに。このお店で働いている人たちがあまりにテキパキ動いて客をさばいていくので見ほれてしまった。c0066171_19131928.jpgユダヤ人なのかな?ユダヤ人は日本人と似て働き者というし。お会計をしてびっくり。1個60㌣でした。安い!マンハッタンの有名ベーグル店の半額!しかも巨大!これはお得。
【後日談】帰国後、ベーグルカッターで半分にスライスしようとしたところ、ベーグルカッターに入らないほどの大きさでした。そして味もとてもおいしかった。次回またWillliamsburghへ行く機会があったらまた絶対寄りたいお店になりました。
 c0066171_19215710.jpg
その後、目的地であるBegel Smithでもベーグルを1ダース買購入。Bagel Storeで4個+Bagel Smithで12個+2個(1ダース買うと2個オマケがもらえる)=18個。すごい重さ。とりあえず一度宿へ戻る事に・・・と思ったのだけど、どうせなら買うもの全て買ってから帰ろうと思いなおす。
 地下鉄Lラインに乗り、3つ目のUnionSq下車、駅真上のFood Emporium(スーパー)で日本へ持ち帰り用の食品類の買出し。また地下鉄に乗りLライン終着駅14st/8Aveで下車、Chealsea Marketでお土産用のFatwich Brownieの買出し。9Ave側に出て、taxiで宿へ。腕がもげるかと思うほどの荷物だった・・・。
12:15宿着。かなりぐったりだったのでベッドに横になりながら休憩。でも次はどこに行こうかと頭はフル回転。マチネまで余り時間が無いので、行ってみたかったUnion Sqのカフェでランチをしてマチネに向かうことに決め、12:50宿出発。Times Sq駅からNラインでUnion Sq駅へ。駅を出てすぐのところにあるTisserieにてランチ。
c0066171_202684.jpg
          ↑ウィリアムズバーグの目抜き通りにあった壁画

<Tisserie>
c0066171_1932521.jpg入り口が狭かったので小さいお店かと思ったら、縦長でまあまあ広かった。2階席もあったけどこの時は満席で、席を見つけるのが結構大変だった。ショーケースには、おいしそうなケーキ類、キッシュ、サンドイッチ等々が並んでいて、目移りがしてしまった。このお店がタルトが凄く美味しいと聞いていたのでまずタルトは決定。c0066171_19323431.jpg嬉しいのは、普通サイズ(といってもアメリカサイズなので特大)以外に、一口サイズのミニタルトが売られていたこと。値段も$1.50-くらいだったし、お手ごろ。メインをサンドイッチにするかキッシュにするか悩んで、結局サーモンキッシュにすることに。
c0066171_1934533.jpgこのキッシュ、生地はすごく美味しかったのだけど、サーモンがしょっぱすぎてイマイチ・・・。サーモンを避けて生地だけ食べる有様(笑)。デザートの(ある意味メインの)フルーツミニタルトはすっごく美味しかった!!!小さいのに新鮮なフルーツが沢山のっていて、タルト自体も甘すぎず、上品な甘さ。これがアメリカのケーキか、と思うくらい。c0066171_19341961.jpgWebseiteによると、ベネズエラ出身のカフェらしい。ベネズエラって南米のあの陽気なラテンの人々が住む国だよね(あれ中米だっけ?)。意外。ヨーロッパ系列かと思ってた。とにかくタルトには大満足。次来る時はまた他のタルトにトライしよう。お店自体もとてもかわいらしくて明るい雰囲気で寛げるカフェでした。またリピートしたいお店が増えた。
13:15~14:15 Lunch @ Tisserie
Salmon Quiche, Mini Fruit Tart and 水 $8.53-

*Tisserie 17st/b’way サイトはコチラ


<ミュージカル3本目>
c0066171_19441286.jpgさて本日のメイン。14:15過ぎ、Union Sq駅からNラインでTimes Sq駅へ。14:30, Les Miserable上演中のBroadhurst Theaterへ。開演30分前に劇場入りするなんて我ながら優秀。これで開演前にゆっくりplaybillを見らるなあーと思いつつキャストをチェックすると・・・EnjolrasのAaron Lazarがお休み。今回の旅はことごとくメインの人に休まれるなーと思ったら、代役としてDrew Sarichとの名前が。この人、前回私が号泣したGrantaireの人だー!!ラッキーなような(より大きな役で見れるから)、ラッキーじゃないような(またGrantireの演技を凝視するつもりだったから)。
 今回はオーケストラセンターの1列目を取っていました。期待過多だったかなー・・・ちょっと気合を入れすぎたようで、前回見たときほどの感激はなく、また前回あれだけ号泣したのに今回は涙の一粒も出ず。同じ舞台を見てもこれだけ印象が変わる体験をしたのは初めてかもしれない。

15:00-18:00 Les Miserables観劇 @ Briadhurst Theater
キャスト表はコチラ


<ミュージカル4本目>
c0066171_19422491.jpg 日曜ソワレは開演時間が通常より1時間早く19時開演です。レミゼが長いので、2舞台の間隔が1時間しかなく、1時間弱ではなにもできないのでスタバでお茶しながら休憩することに。52st/b’wayのスタバで30分ほどお茶。目の前にはEllen’ s Stardust Dinerが。ここにもまた行きたいなー。でもここは一人で行ってもつまらないので今回はパス。
 さて開演15分前に、Snapple Theaterへ。昨日の昼にチケットを買ったのに前から2列目。しかも舞台と客席がめちゃくちゃ近い。「舞台」といっても、台などがあるわけでもなく同じフロア続き。さすがオフ作品。こんなに小さな劇場で、しかも満席ではないのに、隣が日本人でびっくりした。
19:00-21:15 The Fantasticks 観劇 @ Snapple Theater Center
キャスト表はコチラ

<Nederlanderへ・・・>
 Fantasticks終演後、時計を見たらまだ21:20。RENTも今日は19時開演だけど、上演時間は休憩を入れて約2時間半だから、終わるのは21:30頃のはず。今いる場所は51st/b’way, RENTの劇場は41st/8Ave. 急げば終演時間に間に合う!既に想定していた通りの時間配分だったので(←実は昨日チケットを買った際に上演時間を聞いておいた)、このままNederlander Theater(RENTの劇場)へ急行することに!目的はもちろん、Justin(RENTに出演中の役者さん)に会うことです。
Snapple Theaterのすぐ隣に赤のラインの地下鉄の駅があり、これに乗ると42st/7Aveに行けるので駅へ駆け下りると、工事中(?)かなにかで電車はこの駅には止まらないよーといわれ、急いで階段を駆け登り、ワンブロック走って8Ave/50stの青ラインの地下鉄へ。幸いCラインの電車がすぐに来たので、これに乗って1駅、Port Authorityで下車。またワンブロック走ってNederlander Theaterへ到着したのはちょうど21:30頃。間に合った~。舞台も終わったばかりのようで、出口からお客さんがどんどん出てきていた。出口がいくつかあるので、Justinを見逃さないように目を皿のようにして必死に出口を見張ること数分。メイン口から多少離れたところからJustinが出てきたー!
ジャースティーン!と呼びかけたところ、Oh hi, how are you? You’re back again!と挨拶を交わしていると早速他のファンに目ざとく見つかってしまい、Justinはサインと写真攻めに。しかも日本人が3人もいたよ!ファンと交流している間私はちょっと離れていて、交流会(?)終了後そのまま帰っちゃうかなーと観察していたらちゃんと私のところに戻ってきてくれたー!感激、カンゲキ!この日はゴキゲンがよろしかったのね、きっと。少し話して、明日観に来て明後日日本に帰るからねーと伝え、see you tomorrow~とお別れしました。ちなみにこの日RENTを観ていないことは伝えてません(笑)。はあ~会えてよかった。

<ディナー>
 Justinに会えたよー話せたよーとひとりニヤけながら次の目的地に向かって歩いていたのだけど、小腹が減っている事に気付き、軽く夕食をとることに。ファーストフード系だと重いし、カフェ系はないかな・・・と歩いていると41st/9AveあたりにPAPAYA KINGを発見、あ、ここでいいかとお店に入る。PAPAYA KINGはホットドッグが有名なお店。
注文をしていると、お兄さん1号にコリアン?と聞かれたので、I’m ジャパニーズよと答えると、ホットドッグを準備していたお兄さん2号がOh, me too!と言ってきた(笑)。ほんと?一緒だねーと答えてあげると喜んでいた。どこからどうみてもジャパニーズの顔して無いけどね!(ふたりともラテン系でした)
22:00 Dinner @ PAPAYA King :ホットドッグ1コ+水 $2.50- (←安っ!)

ホットドッグを美味しく頬張っていたら、サービス精神満点のお兄さん2号がタマネギとケチャップを大盛りにしてくれたおかげで(?)上に乗っていたものがゴソっとダウンコートに落ちたー!(食べ方が悪いともいう)。寒くてコートを着たまま食べていたのです。それも白いダウン。うわっ最悪と思いつつ、ペーパーナプキンを水で濡らして必死で拭いていました。と、いつの間にか客が10人くらい入ってきていててんやわんやのレジからお兄さん2号が「ハニー!カムヒアー」と呼んでいる。ハニーって!!と思いながらお兄さん2号のところにいくと、お湯で湿らせた大量のナプキンをくれた。私がコートの汚れと奮闘しているのを見てたみたい。優しいお兄さん2号に感激~。お湯のおかげで汚れはすっかり落ちました。兄ちゃんほんとありがとう。

<BIRDLANDへ>
 22:30頃、BIRDLANDへ到着。日曜はミュージカルのソワレ(夜公演)開始時間が早いので、終演後もたっぷり時間があるのがいい。というわけでBIRDLANDへ寄っていくことにしました。日曜日はChico O Farril Afro-Cuban Jazz Big Bandの出演日だし。2nd set開始は23時なので、それまでバーカウンターでお酒を頂きながら場内観察。ここでも日本人を沢山発見。バーテンのおじさんは前と同じ人。Jamesというらしい。なぜか自己紹介してしまった。この人の作るラムコークは、グラスの半分くらいラムなんじゃないの、というくらい濃い。でもこれがまた美味しい~♪おまけに絶妙のタイミングでお代わりは?と聞いてくるのでついつい2杯頂いてしまいました。さすがに3杯目はパスしたけど。
 23時、演奏開始。今日はバストロのおじいちゃんがおらず、代わりに若めの人が吹いていた。残念。知らない曲ばっかりだったけど、明るくのりのいいアップテンポな曲が多くて嬉しかった。
2杯でほどよく酔い、2nd set終了と同時に夢見心地で帰宅。あー幸せ。
24:15 宿着、シャワー
26:00 就寝。
第3日目終了。
[PR]
by reiko-204 | 2007-04-20 00:00 | 旅-2007 NY | Comments(12)

PE'Z ライブ

舞台:PE'Z REALIVE TOUR 2007春~あっち行っちゃ寝、こっち行っちゃ音~
日時:4月14日(土) 18:00~
場所:日比谷野外大音楽堂
座席:C7列19番 ¥3,800-

TpとSaxがかっこよかった。Tbがいないのが残念。
やっぱりせっかく見に行くならTbの音も聞きたい。
途中から少し肌寒くなったけど、それでも非常によいお天気で、
メンバーはしきりと「超きもちいい」と言っていた。
そりゃあんないい気候の中、野外で演奏して、目の前には会場を埋め尽くすお客さんがノリにノってくれいたら気持ちよくないはずが無いよな~と思いながら見た。
生の音楽はいいなあ!
[PR]
by reiko-204 | 2007-04-18 00:00 | 観-舞台観劇記 | Comments(4)

HEDWIG AND THE ANGRY INCH

舞台:HEDWIG AND THE ANGRY INCH
日時:4月8日(日) 14:00~
場所:東京厚生年金会館
座席:S席2階4列8番 ¥7,500-

キャスト:
ヘドウィッグ:山本 耕史
イツアーク :中村 中

公式サイトはコチラ

感想
[PR]
by reiko-204 | 2007-04-17 01:00 | 観-舞台観劇記 | Comments(0)

HEDWIG AND THE ANGRY INCH

c0066171_2028055.jpg観たもの:
HEDWIG AND THE ANGRY INCH / ヘドウィッグ アンド アングリーインチ

出演:
John Cameron Mitchell(主演、脚本、監督)
Stephen Trask(出演、作詞、作曲)

ストーリー:
東西冷戦時代に性転換手術をして東ドイツからアメリカにやってきたヘドウィッグは、手術のミスで残された股間の「怒りの1インチ(angry inch)」に苦悩し続けながらも、ロックシンガーとして活躍を続けていくが・・・(amazon.co.jpより)

感想
[PR]
by reiko-204 | 2007-04-17 00:00 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

トロンボーン日記

久々のバンド練習日記。

先週は練習がお休みで、週末が2日間とも自由に使えて、遊びに行ったり色々用事を済ませられたりいつもよりのんびりできて週末を満喫しましたが、でも2週間ぶりに今日練習に行ったら楽器を吹く休日もやっぱりいいなあと改めて思った次第です。

しかも今日は人数が沢山いて、音が厚くて、周りに圧倒されっぱなしだったけど、心地よかった。
トランペットも人数が増えて、横から音がガンンガン聞こえてくるし、
逆側の隣の人はそれに対抗してバリバリ吹いてるし、
両隣からの音の壁で圧縮されるかと思った。
でもそんな音の層がとっても気持ちよかったです。

今日配られた新譜もなんだかすごく楽しそう。
思ってたほどつらそうな譜面じゃないし、楽しみ♪
ちゃんと来週までに譜読みしていって次はちゃんと吹きたいな。

個人的には、高音が続くマイフェバでどれだけ唇をもたせられるか(今は曲の半分ももちません)+どれだけ高音をあてられるか(今は30%くらいしかあたりません)、という課題が改めて浮き彫りに。
ボン太先生に相談したらとにかくロングトーンと言われました。
が、がんばりまーす。
[PR]
by reiko-204 | 2007-04-16 02:30 | 演-Aebulay Zzja活動記 | Comments(7)

07年3月NY旅行記②

3月17日(土) NY2日目

7:30 起床。準備をしたり、宿の共有場所に置かれているPCでネットしたり、隣の部屋の人と会って少しおしゃべりしたり。
 今回の宿は前回と同じ、かくれがNY。前回が快適だったのでね。これまでの常宿Space46の共同部屋は、夜が遅い私は他の人を起こさないかと気になるのです。自分自身はいくら回りがうるさくても大丈夫なんだけど。そんなわけで価格は倍以上だけど、個室を求めてかくれがNYへ。Space46にも個室はあるけど、その他のコストパフォーマンスを考えてかくれがNYをチョイス。個室なだけではなく、バスルームもお部屋もとにかく清潔なのです。さらにSpace46がレストランの上階であるのに比べ、こちらは普通のアパートメントの一室なので、ほんとにNYの住人になったような気分が少しだけ味わえて自己満足なの。3部屋しかない(日本でいう3LDKの間取り)ので、人もあまりいないし。ただ、同じアパート内の2軒分が「かくれがNY」として営業しているようで、前回泊まったほうの部屋の方が広かった。個室もリビングも。でもこれは選べないので、運かな。

<雪、雪、雪!>
 8:45 宿出発。朝のテレビの天気予報だと今日も一日寒いらしい。たしか最高気温が華氏35度とかだったと思う。摂氏だと3度とか4度の世界。でも思ったほど寒くない。背筋が凍るような、立っているだけで震えてくるような感覚は無かった。やっぱりさすがに3月だしね。雪も降ってないし。しかしですよ、足元は昨日の雪のおかげで一面真っ白!

宿の前
c0066171_2132874.jpg

真っ白で綺麗
c0066171_21322166.jpg

まだ雪かきもされていないこの道を歩くのはかなり困難。転ばないように、一足ごとに雪を踏みしめて歩く。必然的に、とってものろい。でもなんだかそうやってのんびり歩いていると、小さな発見が沢山あって楽しかった。

今日のSt.Patricks' Dayを祝うかのように、レストランの前に小さく作られた雪だるま
c0066171_21295020.jpgc0066171_2130038.jpg

道行く人が、ハーイとか、寒いね、とか声をかけてくる。凛とした朝の空気。視界に広がるのは雪の白さと、朝から雪かきにせいを出すおじさんたち。ああ、NYに来た、NYに来たんだなあと、今更ながら幸せをかみしめた。


<朝ごはん@スタバ>
 9:00 Amy’s Breadに寄る。相変わらず朝から大繁盛だなあ。おっ、今日はシナモンツイストが売っている!ワーイ!久々にありつけるなあ。$2.25-のシナモンレイズンツイストのみを購入し、1ブロック先のスタバへ。コーヒーを買って、ここでさきほどのパンと一緒に朝ごはん。え、持ち込みは大丈夫なのかって?大丈夫だと思う。コーヒー買ったし。ちなみに私の隣の席のおじさんは、マックのコーヒー(のみ)を飲んでました(笑)。
*Amy’ s Bread :9Ave/46+47 サイト

<劇場巡り>
c0066171_2136645.jpg さて今日の予定はまず11時に友人と会うことになっていました。なのでそれまでの時間を、日本で予約済みのミュージカルのピックアップをすることに決定。Box officeが開くのは10時のはずなので、スタバでのんびりしたあと、9時半に出発。雪のためののんびり歩きのおかげで、9Ave/48stから、TimesSqに行くのに30分弱かかった。42st/7+8AveのMary Poppinsの劇場に着いたのがちょうど9:55。Box officeの前に立っていると、中からおにいちゃんが出てきて、何?と聞かれる。チケットのピックアップに来た、と伝えると、「じゃあもうすぐ開けるからあと15分待ってて」と。はあ?10時openじゃないんすか・・・。ちゃんとドアに10時openって書いてあるし、と思いつつ、寒いので地下鉄の構内に入ったり電話をかけたりして15分を潰す。10:10にbox officeが開き、無事今晩のMary Poppinsのチケットを受け取る。
次は44st/7+8Aveのレミゼの劇場へ行き、同じくチケットを受け取る。
さらに今度はThe Fantasticksのチケットを買う為に50stへ。このショーの劇場名をメモって来るのを忘れたのだけど、50st/B’way+8Aveという住所だけをメモしていたので、50stを横切ってみるも、劇場らしきものが見当たらず。そこで、50st/b’wayのduane reade(=ドラッグストア。日本のコンビニのようなもの)のレジのお姉さんに、「この近くにThe Fantasticksというミュージカルをやっている劇場があるんだけどどこか知らない?50stにあるはずなんだけど」と聞いてみた。c0066171_21552439.jpgすると、「さあ?この辺にある劇場はWickedの劇場のみのはずだけど。Wickedの劇場の人に聞いてみたら?私はわからないわ」というので、Wickedの手前のThe Spellking Beeの劇場へ。で、同じ質問をしたら、「ああ、すぐそこのduane readeの上だよ。入り口が小さいからわかりにくいけどね。50st沿いじゃなくてb’way沿いに入り口があるから。そこ右に曲がったら見えるよ」と教えてくれた。教えられたとおり、b’way沿いに入り口が。というかさっきのduane readeの入り口の隣じゃん!duane readeのお姉さん、あなたの職場の上が劇場ですってよ・・・。なんで知らないんだ?ほんとに、私にとっては羨ましくて仕方が無い土地で働いていても、興味の無い人にとっては自分の職場の上階が劇場だってことさえ知らずに働いているんだなあと思った出来事でした。
というわけでThe Fantastickのbox officeへ。明日の夜の回を買いたいんだけど、というと、box officeの窓口にいたおばちゃんが一生懸命PCをいじっているのだけど、うまく操作できない様子。しまいには、「ここ、仮窓口なのよ。正式窓口は1階下にあって、12時に開くから、12時また来て」といわれてしまった・・・。まいっか、また来よう。で、最後に52st/7+8AveのJersey Boysの劇場へ。無事チケットを受け取り、待ち合わせ場所のシェラトンホテル@53st/7Aveへ。

<St. Patricks’ Day Parade@5th Avenue>
 さて、この日はSt.Ptricks’ Dayでした。旅行の数日前に、NY在住の高校時代の同級生KMに連絡し、いつ遊んでもらうかを決めているときに、この日がSt.Patricks’ Dayでパレードを見に行くから一緒にどう?と誘ってもらったのでした。しかも、前回(06年11月)の旅行時に会った、高校時代の友人YMと、彼女の同僚であり私の小中学校時代の同級生AKがまたまた同じような日程でNY入りしており(出張で)、4人でパレードに行く事に。凄い偶然です。そんなわけでYMとAKの泊まっているシェラトンへ。いいところに泊まってるなあ。さすがだよ。個人旅行とはわけが違うよ。KM, YM, AKとの再会を果たし、5th Aveへ!
 昨日の雪で、今日のパレードの開催が少し心配だったのだけど、朝街にでると、パレード仕様(つまり緑の小物や服装)の人達が沢山あるいていたので、ああ開催されるんだなと。ちなみにSt. Ptrick’s Dayとは、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日で、アイルランドの祝祭日です。アイルランドのお祭りだけど、一般人も緑色のものを身につけて一緒にお祝いします。

緑色の小物を身につけた人達
c0066171_21584219.jpgc0066171_2159095.jpgc0066171_23151639.jpg


c0066171_23131455.jpg5th Aveへ行くと、バグパイプを吹くおじさんたちの団体あり、どこかの団体のマーチングあり、で楽しかった。しかし凄い人。身長のでかい私は日本ではあまり「前がみえない」となる事はないのだけど、さすがにここアメリカではその特技(?)も生かせず、全然前が見えません。おまけに皆St.Patricks’ Day仕様の帽子などを被っていらっしゃる為、隙間からなんとか覗ける程度。おまけに寒い!というわけで、パレード見学は30分くらいで切り上げ、ランチへ行く事に。雰囲気が楽しめたからいいんです、これで!

パレードの様子
c0066171_2231376.jpgc0066171_2232787.jpgc0066171_2234095.jpgc0066171_2235582.jpg



寒いのにかなりの人出です
c0066171_2242553.jpg


<12:00 ランチ@ Carnegie Deli>
 この後おのおの14時から観劇の予定を控えていた私たちは、Midtownでのランチを求めてうろうろ。どこにする?と言いつつ、なんとなくカーネギーデリへたどり着く。パストラミサンドで有名なこのお店、名前だけは知ってたけど来るのは初です。店内に足を踏み入れると、意外と広い店内。でも、ほとんどスペースもなくテーブルと椅子がぎっちり並べられ、おまけに店内には来店した有名人の写真がずらり!と、YMが大澄健也とピーターの写真発見!日本人を発見してちょっと嬉しくなったり。
c0066171_2245882.jpg

メニューには読むのも疲れるほど英語がびっちり。看板メニューのパストラミサンドがどこに書かれてあるのか探すのに手間どう。すごい量との噂だけど、シェアすると手数料($3とかだった記憶)を取られるとの事で、ひとり一品頼む事に。で、来たのがコレ(→)。c0066171_2253676.jpgでかっ!もはやサンドイッチじゃありません。何重にも重なったパストラミの一番上と下にパンがついてる、って感じ(笑)。もちろん、サンドイッチのように手で食べるなんて不可能。フォークで頂きました。どうせ量で有名なだけなんじゃ?とちょっと侮っていたけれど、このパストラミサンド、かなり美味でした!結局半分でギブ。持って帰る?と聞かれ、Noと答えた私達に、店員さんはちょっと不服そう。ごめんね、勿体無いし、しかも美味しかったから持って帰りたいんだけど、これをもって劇場に行くのは嫌なので・・・。パストラミサンド+オレンジジュース+チップで$22-。Midtownという立地もあるのか、お高め。

*Carnegie Deli 55st/7Ave
c0066171_2285979.jpgc0066171_2291045.jpg


c0066171_22194151.jpgその後、7Aveをのんびり南下。途中にあった靴屋や土産物屋でお買い物。ここで、St.Patricks’ Day仕様のI Love NY Tシャツを見つけて、4人とも購入。次回のSt.Ptricks’ Dayはこれを着よう!(寒くて無理だろうけど)
50stまで来たところで、3人とお別れ。西海岸在住のYM, AKとまたもやここNYで会えて嬉しかった、そしてNY在住のKMともまた再会できて楽しかった、またね、と別れる。そして私は先ほど購入できなかったThe Fantasticksのチケットを買うべく、box officeへ。先ほどオファーされた席よりいい席が買えた。前から2列目。ラッキー♪会社のイントラからプリントアウトしてきたdiscount code表にてハーフプライスでゲット。これまたラッキー♪

<ミュージカル1本目>
c0066171_222039.jpg 飛行機のdelayで、昨晩見るはずだったCOMPANYをミスり、ここでようやくミュージカル1本目。前回チケットが入手できなかったJersey Boysです!ああ念願のJersey Boys。小躍りしながら、13:40頃劇場へ。と、入り口に、at this performance, the role of Frankie Vallli will be played by Michael Longoriaとの看板が!な・ん・だ・とー!!!昨年のトニー賞で主演男優賞を取ったJohn Lloyd Youngを観に来たんだよ、私はー!!マチネだけど土曜日だからきっと大丈夫、以前(05年)観たときもマチネだったけど彼が出てたからきっと大丈夫、と信じて、最後列$130もするチケットを買ったのに!!と、頭の中でいろんな思いがぐるぐると巡る。が、結果的にアンダーの人も非常に良かったんです。さすがブロードウェイ、層が厚い!

14:00-16:50 Jersey Boys観劇 @ August Wilson Theatre
詳しくはコチラ

 c0066171_2245252.jpg<時間潰し in Midtown>
 次の観劇は20時。地下鉄に乗ってどこかに行こうかと思ったけど、なにしろ足場が悪いので歩くのに時間がかかる。急いで次のショーに遅刻したり、転んだりしたくないし、寒いし、今回の旅のテーマは「のんびり」だったはず、と思って、夜のショーまではMidtownでのんびりぶらぶらすることに。
 で、昨年12月にopenしたという新名所(?)、M&M’s Worldへ行ってみることに。しかもKissチョコで有名なHersey’s Storeの目の前にあるよ!すごい競合意識満々な店だなあと思いつつ入店。

外観
c0066171_22203150.jpg


c0066171_22451931.jpg
うーん、楽しい!3階まであるフロアは家族連れで大賑わい。m&m’sグッズが所狭しと並べられ、変なキーホルダーとか、変なクッションとか、変なTシャツとか、とにかくなんでも売っていて、危うくいろいろ買いそうに。危ない!



危うく買ってしまいそうになったクッションとm&m's仕様のモノポリー
c0066171_22504260.jpgc0066171_2250555.jpg

こちらも危うく買ってしまいそうになったTシャツと、銅像(?)と、自由の女神!?
c0066171_22512915.jpgc0066171_22514483.jpgc0066171_22515870.jpg


物欲を押さえ、店舗だけぐるぐる見渡して、外へ。あとは楽譜屋に入って、ミュージカルショーのスコアを見たり、土産物やを覗いたりと気ままに歩いてみる。だんだん寒くなってきて、軽く夕飯を食べながら休憩しようと、9Aveへ向かう。

*M&M's World Store: 48st/B'way, サイト
ちなみに自由の女神は、21-foot Miss Green M&M's version of Lady Libertyというらしい。


<Dinner @ CHIPOTLE>
c0066171_23135350.jpg18:45, Midtownにあるメキシカンファーストフード、CHIPOTLEへ。初めて入るお店。オーダー方法がよくわからず、どうしようーと思っているうちに自分の番が来てしまう。お店の人に聞かれるままに答えていたら注文できていた。どうも最初に、食べたいもの(ブリトーとかタコスとかサラダとか)の種類を伝え、その次の中に入れるものを選んでいくらしい。c0066171_23141038.jpgで、ものによっては追加料金等かかるみたい。今回、私が選んだものの中に追加料金のかかるもの(ワカモレ/+$3くらいだったかな?)があったため、ファーストフードとしてはお高めだけど、通常料金どおりいけばかなり安いかも。お店も綺麗だし、場所便利だし、美味しいし、かなり気に入った!ちなみにお値段は今回はBrito+水で$11.33-でした。

*CHIPOTLE, 9Ave/48st サイト

<ミュージカル2本目>
 早めにCHIPOTLEを出て、19:40, New Amsterdam Theatreへ。相変わらず豪奢な劇場だなあ。トイレに行ってから、自分の席につき、playbillを開いてみると・・・Ashley Brownが休み!またかい!主役じゃん!が、一番のお目当てのBert役、Gavin Leeはちゃんと出てました。よかった~!これでこの人にまで休まれたら泣いていた事でしょう。

20:00-22:45 Mary Poppins 観劇 @ New Amsterdam Thetre
詳しくはコチラ

終演後、人の流れに身を任せ外に出ると、たまたま41st側に出た。しかも、目の前のNerlander Theatre(RENTの劇場)から人が溢れ出てきている!RENTよりMary Poppinsの方が上演時間が長いので、劇場が近くとはいえMary Poppinsの終演後にRENTの出待は無理だろうと思っていたのだけど、どんぴしゃのタイミングで終わった様子。RENTの開演時間が押したんだろうなきっと。で、迷わず道路を横切ってNerlander Theatre前で出待ち。今回RENTは一度しか観ない予定なので、その時に好きな役者さんに会えるかどうか定かではないし、会えるときにあっておかないと思ったわけです。が、結局会えず。見逃したのか、この日は休みだったのか定かではないけど・・・。D’Monroe(Benny)や、なぜかMayumi Ando(前のAlexi役)を見かけました。話しかけてはないけどね。で、結局RENT出待ち人口がほとんどいなくなったので諦めて帰ろうとしたところ、Mary Poppinsの楽屋口ではまだ出待っている人がいる。これはまだ大物が出てきてないな、と思い、聞いてみるとGavin Lee待ちとのこと。で、一緒に出待つ。10分ほど待ったけれど彼も現れず、一緒に出待っていた人が全員帰ったところで私も諦める事に。素顔のGavin Leeが見たかったなあ~。

23:30 宿帰着。シャワー。
25:00 就寝。

第2日目終了。
[PR]
by reiko-204 | 2007-04-07 00:00 | 旅-2007 NY | Comments(11)

07年3月NY旅行記①

c0066171_18143464.jpg
3月16日(金) NY1日目

 今年第一弾NY旅行。約4ヶ月ぶり。前回は1年間我慢したので、今回の旅がとっても贅沢に思える。とはいえ、常に4ヶ月スパンで行っていたら破産するので、まあ目標は年2かなあ。目標はあくまで目標であって予定ではないけど。

 準備で一番悩んだのはコート。ダウンコートにするか、ハーフのジャケットにするか凄く悩んだ。でも出発2週間くらい前から常にNY在住者のブログや天気予報をチェックしていたところ、暑かったり寒かったりと不安定なお天気のようだったのでダウンで行く事に。嵩張って脱いだ時に邪魔だから本当は軽装備で行きたかったのだけど、結果的にはダウンで正解でした。私の滞在中、NYは“冬”でした。


<出発日午前中>
 さて3月16日。いつもの如く前日は遅くまで残業だったので、準備を始めた時には既に日付が変わって16日の深夜1時amでした。スーツケースさえまだクローゼットの奥深くに眠ってましたから。そんなわけでまた慌しく準備したりデジカメの中身をPCに移したりしながら夜を明かし、朝6時家を出発。さすがにこの時間だと電車がすいていてラク。30分で会社の駅へ。コインロッカーにスーツケースを預けて、近くのカフェで半分寝そうになりながら朝ごはんを食べ、8時出社。ブラックでコーヒーをガブ飲みしながらものすごい集中力で12時まで仕事。我ながら出発日朝の仕事の集中力は凄いと思う。だって4時間で前日の夜帰ってから朝までに来たメールとファックスの処理をぜんぶやり終えなきゃいけないからね。おまけに今回はnew caseもアサインされていたりして、とにかくファーストアクションだけやり終える。12時の鐘が鳴って、メールを不在設定にして、挨拶して、出発!!「ちゃんと帰ってきてね。そのまま居続けないでね」と上司に言われた。そのまま居続けられたらどんなにいいか・・・。

 昨日の準備中に気付いた、足りない日用品等を買いそろえ、軽くランチし、13時過ぎの快速エアポート成田にて一路空港へ!1時間に1本の頻度で走っている快速エアポート成田、コレに乗ると会社の最寄り駅から成田まで1本で行けてしまうのです。そんなわけで電車に乗った後は、乗り換えをしなくていいので、ひたすら寝続け、一瞬で成田空港第2ターミナルへ。危うく乗り過ごしそうだった。危ない危ない。


<成田でトラブル>
c0066171_18132340.jpg 15:15 check-in counterに行くと、私の乗る便CO008便がdelay中といわれる。「ヒューストンでの落雷により機体が損傷し、修復作業に入っているため日本到着が遅れます。現在のところ、成田出発は20:45、ニューアーク空港着は20:10の予定です。」!!!ニューアーク着が20:10? じゃあ20時始まりのミュージカルに間に合わない!!他の便に振り替えてもらったり出来ないのか聞いてみるも、無理との冷たいお言葉。c0066171_18143464.jpg定刻通りのスケジュールでも、観劇時間に間に合うか合わないかという微妙なスケジュールなのを、これまでほとんどdelay等経験したことの無い私はいつも強気でなんとかなると思って初日の舞台のチケットも入手済みだったのですが、今回は完璧にアウト。まあ飛行機に乗ってからdelayが発覚するよりもいいかもしれないけど。出発時刻の遅延=観劇には完全に間に合わない=焦る必要なし、なのでね。成田で必要以上に時間を潰す羽目になり、meal couponを頂きました。¥1000-分。これ要らないからミュージカルのチケット代を返して欲しいよねと思いながらこれから5時間どうやって時間を潰そうか・・・と空港内をうろうろ。結局ネットしたり、本屋で今更ながらNYのガイドブックを買ってイメトレしたり、電話したりしながら必死で睡魔と戦っていました。

<機内へ>
c0066171_18145261.jpg 漸く搭乗が始まったのが20:40, ここで既に予定よりさらに遅れてるし・・・と思いながら、早々に機内に入り、離陸前に眠りの途へ・・・。
 1度目の食事後、1時間ほど眠れないという私にとっては余り無い事態(?)に遭遇しつつ、やっとうとうとと寝始めたらスナックタイムになり、コンチネンタル航空のあの強烈な匂い放つ“軽食”を回りの人が食べ始めた途端、くさくて目を覚ます。食べた事がないので中身は不明だけど、あの強烈な匂いから察するに少なくとも“軽食”ではないよね。。なにかの肉?のサンドイッチ??頼むから私の机には置いてくれるな。くさいんだよ。今度から予めスナックは要らないとアピールしておこうと誓ったのでした。
 朝食タイム前に目覚め、朝食として配られたミールはやっぱりまずくて、フルーツのみ食す。コンチネンタル(航空)の食事ととことん相性が悪い私。パーソナルTVも一度も点けなかったし、ニューアークからだとマンハッタンへ行きづらいし、ノース(ウエスト航空)が恋しい!

 着陸は日本時間で17(土)の9:45am, local timeで16(金)の20:45でした。着陸が非常にスムーズで、ほとんど振動もなく、スーッと地面に降り立ったなあと思っていたら、女性の声で「Yes, it was a beautiful landing」とのアナウンスが。乗客から笑い声と拍手が起こる。私も思わず一緒に拍手。お茶目だよなあ。その後、「local timeは何分、現在の天候は雪、温度は何度、国内線は全て欠航です。乗り継ぎの人はどこどこへ行って指示を受けるように」とのアナウンス。・・・雪かよ!

<ニューアーク空港着>
 エコノミー席の前から2番目だった私はすぐに飛行機から降りることができ、入国審査もほとんど並ばず順番が回って来、おまけにほとんど何も聞かれずに通してもらい、baggage claimへ。ここまでは順調。ただ、荷物がなかなか出てこず、平気で人を待たせるアメリカなのに「雪のため荷物の運搬が遅くなりごめんなさい」とのアナウンスが入ってちょっと感激。
 21:15頃、外へ出て、まずは宿の人へ電話。普通のホテルなら24時間チェックインOKなんだろうけど、ホテルに泊まれない私はいつもシェアハウスなので、宿のオーナーと会わないとチェックインが出来ません。成田からメールでdelayの旨を連絡していたので、開口一番、大変でしたね、といわれる。むしろお待たせしてしまってすみません、と申し訳ない気持ちでいっぱいに。これからシャトルで向かいます、と伝えて、シャトルバス乗り場の予約場所へ向かうも、ここで色々な問題が発生。ながーくなるので詳細は割愛するけど、アメリカ人の手際の悪さと自己中さ加減にイライラしっぱなし。おまけに私にとってものすごく不利な事態に陥り、ついにキレて、黒人の女の人と喧嘩した。思いっきり怒鳴ってやったらちょっとたじたじしていた。なんでもイエスイエスと聞く大人しい日本人だと思ってたら大間違いなんだよっ。それでも絶対に自分の非を認めない彼女、最後にはI can’t help you any more ‘cause I’m leaving nowと一方的に帰っていきました。あーりーえーなーい!!そんなこんなでニューアーク空港を出たのは22:45でした。予約1本取るのに何時間かかってるんでしょうか、彼らは。よっぽど私が代わりにやってあげようかと思ったよ。

<そしてようやくマンハッタン到着!>
 23:45, やっと宿に到着。シャトルを降りて、雪の積もり具合とあまりの寒さにびっくりしながら宿のあるアパートメント前へ。オーナーさんと無事再会し、ようやくチェックイン完了。4-5時間待たせてしまったのに、とっても感じが良い人でした。荷物を置いて、数軒となりのデリへ水とphone cardを買いに行き、シャワーを浴びて、25:00就寝。

第1日目終了
[PR]
by reiko-204 | 2007-04-06 00:00 | 旅-2007 NY | Comments(7)

LOST Season1

LOST SeasonⅠ 鑑賞完了!

1.PILOT PART 1 OF 2 PREMIERE / 墜落
2.PILOT PART 2 OF 2 PREMIERE / SOS
3.Tabula Rasa / 眠れぬ夜
4.Walkabout / 運命
5. White Rabbit / 責任
6 House of the Rising Sun / 閉ざされた心
7.The Moth / 暗闇の中で
8.Confidence Man / 手紙
9. Solitary / 孤独の人
10. Raised by Another / 予言
11. All the Best Cowboys Have Daddy Issue / 見えない足跡
12. Whatever the Case May Be / ケースの中の過去
13. Hearts and Minds / 絆
14. Special / 運命の子
15. Homecomir / 守るべきもの
16. Outlaws / 最後の言葉
17. …In Translation / 沈黙の陰
18. Numbers / 数字
19. Deus Ex Machina / 啓示
20. Do No Harm / 約束
21. The Greater Good / 悲しみの記憶
22. Born to Run / タイムカプセル
23. EXODUS PART 1 of 3 / 迫り来る脅威
24. EXODUS PART 2 of 3 SEASON FINALE / 暗黒地帯
25. EXODUS PART 3 of 3 SEASON FINALE / 漆黒の闇

続きを読む(ネタバレあり)
[PR]
by reiko-204 | 2007-04-01 23:26 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(2)

PRISON BREAK

先週木曜日深夜にプリズンブレイクのシーズンⅠの最終話が放映されましたが、
あろうことか録画を忘れてしまい、今週始めにようやくレンタルしてきて最終話を鑑賞。
最後だからか、マイケルの仲間たちが次々と脱落(?)していく姿が切なかった・・
せっかくここまでがんばってきたのに。
まあ主役はマイケルとリンカーンだから仕方が無いか。
結局22話の放映分のうち、録画し忘れたのは#19と#22の2回分。
今回#19の分も一緒にレンタルしてきて見たんだけど、いつも吹き替えで見ていたので、レンタルDVDを字幕で見て本人達の声を聞くとすごく違和感があった。特にマイケルとティーバック。本人達のほうがいいなあ。
さすがにこれは1シーズンものだろうと思ったら、シーズンⅡもあるらしい。
脱獄しちゃったから“PRISON BREAK"にはならないのに、タイトルはやっぱりそのままみたい。
今後は追われる立場になる彼らの今後が気になるので、次のシーズンも見る予定。
放映は5/24~ 日テレ系。
随分先なので忘れないようにしないと。

PRISON BREAK SeasonⅠ

1.MICHAEL / マイケル
2.ALLEN / アレン
3 CELL TEST / 協力者
4 CUTE POISON / 計画開始
5. ENGLISH, FITZ OR PERCY / タトゥーの謎
6. RIOTS, DRILLS AND THE DEVIL Part1 / 暴動
7. RIOTS, DRILLS AND THE DEVIL Part2 / 悪魔の穴
8. THE OLD HEAD / 賭け
9. TWEENER / 自殺
10. SLEIGHT OF HAND / 策士
11. AND THEN THERE WERE 7 / 多すぎた仲間
12. ODD MAN OUT / 邪魔者は消せ
13. END OF THE TUNNEL / 決行!
14. THE RAT / 密告者
15. BY THE SKIN AND THE TEETH / 計画変更
16. BROTHER’S KEEPER / フォックスリバーへの道
17. J-CAT / 失われたルート
18. BLUFF / 記憶
19. THE KEY / 鍵
20. TONIGHT! / 今夜 決行!
21. GO / 壁の向こうへ・・・
22. FLIGHT / 脱出

と書き出して見て気付いたけど、邦題の付けかたはどういう基準で?
原題と全然違うのはなぜ。
[PR]
by reiko-204 | 2007-04-01 22:30 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(5)