<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トトロ譜面起こし

旅行記のNY分が終わって、残すところあとシアトル3日分のみ。われながら今回はハイスピードです。あとは観劇記も書かないとな。忘れないうちに。
で、とりあえず一段楽したので違う話題。

昨日は1ヶ月ぶりにバンドの練習に行ってきた。
旅行で3週連続で休んだので。
わかってはいたけど、やっぱり吹きづらかった。マウスピースにあたる口の部分に違和感。ちょっと吹かないとすぐに忘れるんだからね。困ったものです。

1ヶ月ほど前に、次回の音楽祭でやる曲の選曲会議があって、いくつか曲が決まったのだけど、そのうちのブラスタバージョンの『となりのトトロ』を自分たちで譜面を起こすことになった、というのを今日聞きました。譜面がないのはわかっていたので、やるならやるでどなたかプロの方に頼んで譜面を起こしてもらうんだろう、と思っていたんだけど、まさか自分らでやるとは・・・!各パートで責任をもって自分たちのパートの音を拾ってください、と言われました。

「無理!」って言いたいところだけど、この曲がやりたいと言い出した身としてはそんなこと言えないし(あ、でも言っちゃったけど、昨日・・・笑)、この曲を演奏したいって気持ちは今ももちろんあるし、メロディは大体わかるので、「よし、じゃあやってみよう」と思ったわけです。

今日は時間がたっぷりあったので、早速音取り開始!メロディ部はわかりやすいんだけど、バッキング部は大変。まずメロディに消されて音があんまり聞こえないし、耳を澄まして何度も何度も聞いてようやくなんとなくわかっても、今度はそれを音符にして譜面に落とす作業がとっても難しい。この音は2拍と1/2分伸ばしてて、そのあと1/4分休んで・・・って考えると頭がこんがらがってきます。譜面作りの大変さを痛感。それでも、トロンボーンソロ前までは大体できました。ま、合ってるかどうかは別として・・・。

でもこれだけ集中して何度も何度も繰り返して聞いていると、今まで聞こえてなかったパートまで頭に入ってくるから面白い。ああここでペットがこう絡むんだ、とか、後ろでベースはこんな風に動いてるんだ、とか新たな発見があってとても勉強になります。
と、柄にもなく本気モードで2時間くらいがんばりました。次の練習までに半分くらいできてるといいな。
[PR]
by reiko-204 | 2007-10-09 00:23 | 演-Aebulay Zzja活動記 | Comments(5)

07年9月NY+Seattle旅行記⑦

9月20(木)NY7日目/シアトル1日目

7:30 起床
8:30 朝食。昨日YKさんにいただいたおこわをいただきました。美味しかったです、ありがとう>YKさん。
9:20 出発。タクシーを拾ってラガーディア空港へ。このときのタクシードライバーがすごく感じの悪い人でびっくりした。スーツケースが重くて「ちっ」と舌打ちした後、客のうちらに重いから半分持てと命令。うちらの1.5倍はあるかという大きな体の健康そうな黒人の男がひとりでスーツケースもてなくてどうすんだよ!しかもトランクに投げ入れるし!ありえない。重いもの持ちたくないならスルーすればいいものを自分から止まったくせに。気分悪!腹が立ったのでチップは$2しか渡さなかった(でも多少は渡してしまう私は小心者・・・)
10:00 LaGuardia Airport着。余裕をもって空港へ行ったはずなのに、母がTSA検査にひっかかり持ち物全部出させられ・・・。運悪し。

11:30 NW849便出発
NY時間15:00=乗り継ぎ地時間14:00, ミネアポリス着。
予定より30分のdelay,乗り継ぎ便のゲートが空港のはるか彼方端っこで、空港内を走ることに。トイレに行く時間さえ無し。どういうこっちゃ。
NY時間15:30=乗り継ぎ地時間14:30, 無事NW807に搭乗、出発
NY時間19:10=乗り継ぎ地時間18:10=到着地時間16:10 シアトル到着

c0066171_011998.jpg16:10, Seattle-Tacoma Airport 着。Baggage Claimの荷物が出てくるベルトコンベア上に、スーツケースが連なって回転している妙なオブジェが!なんだかよくわからないけどすごくかわいかった(→)。
タクシーを拾ってダウンタウンへ。
シアトルに来るのは3度目、でも自力でダウンダウンへ行くのは初でちょっと緊張。
17:00 Hotel Seattle着、check-in. 出発1週間前に電話で予約を取っただけで、その後のconfirmation mail等なにも受け取っていなかったのでちゃんと予約できているのか不安だったけど(アメリカは適当なので)、問題なく部屋は用意されていた。ああよかった。

NYの宿が狭かったので、無駄に広いこのホテルがとても快適に思える。・・・が、よく見るとかなり年季の入ったホテルで、カーテンはボロボロだし、ベッドカバーは穴があいているし、暖房機器は動かないし、窓からは微妙に隙間風が入ってくるし、テレビはほとんど映らないし・・・って有様。広いのだけが取り柄(笑)。これでも1泊ン万円なんだけどね・・・。

18:00 ホテル出発。
シアトルといえばやっぱりシーフード!ガイドブックに載っているシーフードレストランはたくさんありすぎるし、しかもまだ土地勘がつかめていないのにこの時間から遠出するのは危険だし、ということでフロントのおじさんに近場で美味しいシーフードレストランを教えてもらう。教わったのは3軒、なかでも一番のお勧めはこのホテルの斜め前にあるShuckersだよ、と。おじさんにお礼を言って、とりあえず当たりをぶらぶらして3軒のお店の前を通ってから、お勧めのShuckersへ。

c0066171_024651.jpg18:30~Dinner @ Shuckers

あとから気づいたのだけど、このShuckersというのはThe Fairont Olympic Hotelの中にあるレストラン。このホテルはシアトルを代表する「高級」ホテルで、地球の歩き方によると宿泊予算は$359~$865-!一部屋だよ!1泊だよ!すごーい!!レストラン自体は表の通りに面しているものの、レストランに入ったときに、席を準備するまでこちらでお待ちください、と通された場所がホテルの一角だったので気づいたのです。えらいところに来ちゃったね・・・と多少緊張しながら待つこと10分、席に通されメニューを開くと・・・ぜんぜんわからない!魚の名前とか使っている有機野菜などの固有名詞が全然わかりません。調理方法もよくわからないし。なんでもいいやってわけにも行かないので、メニューと格闘。オーダー決めるまで20分くらいかかった・・・。で、ようやく決めたのが下記メニュー。たしかこんな感じのネーミングだった。

母:貝柱のなんとかかんとか風、ワイルドマッシュルームとホイップドポテト添え
私:シーフードチャウダーとmixed leaf salad

あまり空腹ではなかったことと、眠くて仕方がなかったので、私はメインディッシュは頼まず、アペタイザーの中からスープとサラダのみにしたのですが、これが失敗!もちろん、シーフードチャウダーもサラダもすごく美味しかったのですが、母の貝柱のお料理がもう最高に美味しいのです!貝柱は大きくてぷりぷりしているし、付け合せのマッシュルームの味付けも美味、ホイップドポテトはいわゆるマッシュドポテトみたいなものでじゃがいもをつぶしてあるんだけど、ふわっとした感じで口の中に入れるととろける感じ。あーこれぞシーフードレストラン!あまりの美味しさに眠さも吹き飛び、母とふたりで興奮しながら食べたのでした。いつもなんでも美味しいと思いながら食べているけれど、あんなに興奮するほど美味しいと思ったのは久々。そして食べ過ぎて苦しいのに残すのがもったいなくて無理やり全部食べたのも久々でした。幸せな気分でレストランを出てホテルへ。

左:貝柱のお料理。見てください、このホタテのデカさを! 右:Shuckersの看板c0066171_032226.jpg
c0066171_033610.jpg
左:シーフードチャウダー。奥に見えるのが付け合せ(?)のパン盛り合わせ。これもまた美味しい。
右:ミックスリーフサラダ。奥に見えるのは、スープ用のクラッカー。

c0066171_0427.jpgc0066171_041348.jpg

20時過ぎ、ホテル着。明日会う予定の人へ連絡し、交通手段等の打ち合わせ。交通の便が悪くてネットで調べてもらったりなんやかんやで30分くらいかな?
23時過ぎ 就寝。時差のため3時間遅くなっているので、本来ならば午前2時。眠いはずです。
[PR]
by reiko-204 | 2007-10-04 00:00 | 旅-2007 NY+Seattle | Comments(2)

07年9月NY+Seattle旅行記⑥

9月19(水)NY6日目

8:00 起床
9:30 出発。50st/7Aveの駅から1ラインで86stへ。

〈BrunchとUpper West Side散策〉c0066171_16335684.jpg

10:15~ ブランチ@ Café Lalo
 カフェラロは、映画You’ve got m@ailに出てきたことで有名なカフェ。一度だけお茶したことはありますが、食事は初。メニューを見ると、かなりの量で見るのが大変!英語でメニュー読むのって苦手。というか文章読むのが苦手・・・。ま、それはおいておいて。
 ようやく決めたのはベジタリアンサンド。バゲットに、アボガド、パプリカ、ズッキーニ、レタス、トマトなどなど野菜がたくさん挟まっていました。c0066171_1634121.jpg付け合せも野菜w/オリーブ。このサンドイッチ、マヨネーズとかドレッシングなどの味がまったくついてなかった。パンの上に生野菜が乗ってるだけでめっちゃシンプル。でもバケットがすごく美味で、薄味だけどなかなかいける。テーブルにおいていたオリーブオイルを少しつけて食べたらこれまた美味しかったです。母とシェアして完食、まだおなかに余裕があった私たちはショーウィンドーにこれでもかというほど並んでいるケーキも食べることに。もともとはチーズケーキが有名なお店だからね、食べておかないと!これも散々悩んだ末オーダーしたのは、カプチーノチーズケーキ。しっとりしていて濃厚で美味でした。・・・が、これがあとから後悔の元に・・・。

左:カフェラロ店内。平日の昼前なのでとてもすいていました。 右:カフェラロ概観c0066171_16342989.jpgc0066171_16344153.jpg

*Café Lalo: 83st/Amsterdam Ave+B’way: サイト

c0066171_16405166.jpg11:20ころ、店を出て、Upper West Sideをbroadway沿いに南下。この辺の町並みがとても好き。Upper East Sideほど高級じゃなくて庶民的だけど、こぎれいで明るい感じがとても親しみやすい。ぶらぶらとウィンドーショッピングをしながら、72stまで。
72st駅から3ラインでTimesSq、Rラインに乗り換えてLex/60st駅へ。

〈Roosevelt Islandへ〉

13:00ころ、blooming dales前のNine Westへ。この前の地下鉄内あたりから気持ちが悪くなってきて店内のベンチで座って休憩。その間、母は靴を物色。私は気分が悪いのに、セール棚にあったバッグに一目ぼれして抱え込んでベンチでぐったり。30分くらい動かずにいたらだいぶ落ち着いてきたので会計して外へ。60st/2Aveのトラム乗り場へ、トラムに乗ってルーズベルト島へ。トラム、metro cardで乗れるとは知らなかった。便利だなあ、metro card。このトラム内で気分悪さマックス、まっすぐ立っていられなくて顔面蒼白。トラムを降りたらすぐその便でマンハッタンへ戻る予定だったのだけど、とてもじゃないけど乗れなくて、トラム乗り場横のスペースでダウン。さっきのチーズケーキにあたったよう。胸焼けがして歩くと吐きそうに。時間がもったいない、動きたい、今日が最後なのに、と思うのに動けないつらさ。NYで初めての体験。
 で、私がぐったりしている間に母がその辺を散策に出かけました。なかなか戻ってこないので心配になってきたころ、ふらふらと戻ってきて、「そこの建物に入ったらVISITOR CENTERで、中にいた人がいろいろと教えてくれた。この島は小さくて歩いてでも回れるし、そこのバスは1回25㌣で島を一周していると言ってた」と。ほんとかいな、と思いつつ、30分強安静にして気分の悪さから抜け出していた私は母とともにそのVISITOR CENTERへ。ガイドのおばちゃんに話を聞くと、母が聞き出していたことは間違いじゃなかった!英語がわからないなりに、身振り手振りでコミュニケーションをとった様子。・・・すごいな!ガイドのおばちゃんの話を聞くうち、Roosevelt Islandに興味が出てきたので、このあとの予定を変更して島散策してみることに。

左:トラム乗り場 中:Queensboro Bridge 右:Visitor Centerとガイドさんc0066171_1703489.jpgc0066171_1705334.jpgc0066171_1711294.jpg

〈Roosevelt Island散策〉

結局その後、OCTAGONでバス下車、そのあと島の北端へ行ってLIGHTHOUSEを見、c0066171_1710153.jpgそのままマンハッタン川のイーストリバー沿いに南下して噂のTom Ottenessさんの作品を見る。このルーズベルト島のアートは、14stの地下鉄のアートの前に作られたものだそうで。初めて知りました。
Mr Tom Otternessのサイト
c0066171_1710302.jpgc0066171_17104487.jpg


c0066171_1732411.jpg またVISITOR CENTER前を通って島の南側へも足を運ぶ。イーストリバー沿いにクライスラービルや国連が見えた。川を隔てただけでここもマンハッタンの一部なのに、こんなに穏やかな空気が流れているなんて不思議。この島は州政府が所得の異なる家族を一緒に居住させているモデル地区だそうで、かつては病院や刑務所があったが現在は住宅地となっているそう。とはいえ今も病院は数多くあり、車椅子に乗った患者さんが気持ちよさそうに川沿いの遊歩道で日向ぼっこをしている姿がとても印象的だった。ここは春は桜並木の名所のようで、その時期にもまた訪れてみたいなあと思ったのでした。
c0066171_1721851.jpgc0066171_17212046.jpgc0066171_17213493.jpg

さて、14時過ぎに島内一周の旅(?)に出て気づけば17時。ずいぶんゆっくり散策していました。島内で唯一見つけたカフェ、スタバに入ってトイレ休憩。VISITOR CENTERのガイドおばちゃんに挨拶をしてからトラムでマンハッタンへ。

左:すれ違ったトラム 中:トラムからの眺め 右:マンハッタン。途端に車が増えた。c0066171_1727315.jpgc0066171_17274292.jpgc0066171_17275589.jpg
〈買い物@ Food Emporium〉

c0066171_1730644.jpgLex/60stからNラインで49st/7Aveへ。49st/8AveのFood Emporiumで日本へ持ち帰る食品と、今日の夕食を買出しして宿へ。
18:50 宿着
19:00~ 夕飯。Food Emporiumで買ったsalmon+tuna rollとカニカマサラダ。これがいまいち。急いで食べる。
19:25 出発。さきほどのFood Emporiumで品切れになっていた、個人的must buy itemを買うべく42st/9AveのFood EMPORIUMに立ち寄り無事購入、もうほとんど走る勢いでAmsterdam Theaterへ、チケットをpick upして無事開演10分前に席に着く。あー忙しかった。このたびで一番時間に追われた1時間でした。

20:00 ~ Mary Poppins観劇

22:45 劇場前で在住のYKさんと落ち合う。
23:00 母を送って宿へ。
23:15~1時間ほど、YKさんとまったりNY話を。途中でPRさん合流。こうやってNYで会合をするのも今回で3回目。NYに住んで、学校に行って、毎日忙しそうだけどとても充実しているのが伝わってきてうらやましい限り。またNYであえるかな?会えることを願って。
24:30 宿帰着。お風呂、パッキング
26:00 就寝
[PR]
by reiko-204 | 2007-10-03 00:00 | 旅-2007 NY+Seattle | Comments(6)

07年9月NY+Seattle旅行記⑤

9月18(火)NY5日目

7:30 起床
9:00 出発
c0066171_1938599.jpgPort AuthorityからAラインの地下鉄でW4th駅へ、Fラインに乗り換えて2Ave駅で下車、目指すはClinton Street Baking Company.。このお店は、以前NY駐在の方のブログで知って、2年前の9月に母とNYへ旅行に行った際にランチに行ってみたのだけど1時間待ちだった為諦めたお店でした。その後の旅行でひとりで訪れて、評判どおりパンケーキがめちゃくちゃ美味しかったので、その話を母にしたら自分も行きたい行きたいとずっと行きたがっていたので、今回改めてふたりでリベンジしたのでした。混んでいそうな週末とランチタイムを避け、平日のブランチに挑戦。それでも店内は結構埋まっていてびっくり。空いていたのはテーブル席2席だけだったし、私たちの食事中も、人が出たらすぐ入ってくる状態で、ほんとに人気店なんだなあと実感。火曜日の朝10時からこんなに混むとは思ってなかった。

9:50 Brunch @ Clinton St. Baking Company
add: Clinton st/Stanton+Houston(LES)/サイト

c0066171_20293019.jpgオーダーしたのは、もちろんBanana Walnuts Pancake。ふたりでシェアすることにして、一皿だと足りないかもと思ってbanana chocolate muffinも単品でひとつオーダー。それからコーヒー2つ。出てきたのはふわふわの大きなパンケーキ3枚。中にはバナナをすりつぶしたものと胡桃がたっぷり入っていて、上にもバナナの輪切りとくるみ。横にはmaple butterがついています。これが本当に美味しい!パンケーキの概念を覆される!(大げさ?)私にとってパンケーキとは、日本のあのパンケーキミックスで焼くものだったから、お店でサーブされるパンケーキがこんなに美味しいとは知らなかったのでした。それともここが特別に美味しいのかな。とにかく美味しい。ふたりでほぼ完食、でもマフィンまではたどり着かず、マフィンはお持ち帰りすることに。レジ横にあるスコーンもあまりにも美味しそうなので、ついでにmixed berry sconeも買ってみた。いつかの朝食にしよう。

11:00 店出発。Fラインでbroadway/Houston駅へ、6ラインでCity Hall駅へ、4ラインで終点まで。駅を降りてすぐのStaten Island Ferry乗り場へ。ちょうど11:55出発のフェリーが停泊中だったのでこれに乗り込む。待たずにすんでラッキー。

左:スタテン島行きフェリー乗り場         右:フェリーに乗り込む人々c0066171_19422039.jpgc0066171_19423371.jpg
左:フェリー            中:フェリー内部     右:フェリー乗り場の標識
c0066171_1943220.jpgc0066171_19482550.jpgc0066171_19594976.jpg


c0066171_202302.jpg観光としては、自由の女神があるリバティ島へ行く人がほとんどだと思うけれど、ステタン島行のこのフェリーもなかなかgoodです。無料だし、自由の女神のすぐ近くを通るし。片道30分かかるので、よい休憩にもなります。往路は、天気もよくて空の青い色と、Hudson River, East Riverの青い色が目に鮮やかで、遠くに見える女神様は威圧感ばっちりで、ほんとに絵になるなあNY、という感じ。復路では雲が出てきてちょっともやもやした感じになってしまったのが残念だけど、寒すぎず、川風が気持ちよかったです。




自由の女神と摩天楼c0066171_19433310.jpg

フェリーから見るマンハッタン最南端部c0066171_19435098.jpg


13: 00 赤の1ラインで一駅、Rector Stで下車してグランドゼロへ。ここに来るのも久しぶり。前回訪問時から2年経って、周囲はだいぶ変わっていた。それでもここへ来るとやっぱりいろいろと思わずにいられない。9.11の瞬間は家でテレビで見た。1機目が突っ込んだとき、事故だと思った。2機目が来たとき、父がテロだと叫んで、家族全員がテレビの前で固まった。私はその2日前にアメリカから戻ったばかりで、事故の数週間前にはWTCにも登った。つい数時間前までの日常が、まさに音を立てて崩れていく瞬間をテレビの前で固まってみているしかなかった、その現場。今はフリーダムタワーの建設準備中で当時の面影はないけれど、ビルが立ち並ぶ周囲に突如現れる大きな“空き地”はやっぱり異様。通りを少し入ったところに、これまで気づかなかったモニュメントがあった。MAY WE NEVER FORGETと刻まれていて、たくさんの花が供えられていた。May we never forget・・・まさに。

c0066171_20192483.jpgc0066171_2019854.jpgc0066171_20184767.jpg


c0066171_20233835.jpgそのあと少し回りを歩いてから、CラインでChealsea Marketへ。祖母大好物のFatwichのブラウニーをいくつか買って、Chelsea Market Basketsという雑貨屋で、I Love NYのマウスパッドを買った。観光地土産こてこてだけど、これがかわいいんだよー!会社で使おうと思ったのだけど、一度広げてみたらあまりにも大きくて目だって恥ずかしいのでこそこそと持ち帰った。c0066171_20375450.jpg自宅のはマウスパッド不要なのでマウスパッドとしてではなくてほかの用途で使うつもり。No idea yetだけど。


15:30 タクシーを拾って宿へ。荷物をおいてちょっと休憩。
16:30 宿の前で、P先生と再会。

1989年~1993年まで4年弱、家族でNJに住んでいたときに、当時英語が全然できなかった(abcも順番にかけなかった)私たち兄弟に、週に2回英語を教えに来てくれた家庭教師がP先生。当時も、そして今も現役の小学校の先生でほんと~にお世話になった人。初めて教わったのは、My name is Reiko と、My address is~でした。迷子になったときに言うんだからね、と何度も何度も教わった。Abcもかけない、英単語なんて全然知らないアジア人の子供によくもまあ根気よく教えてくれたなあ、と今なら先生の苦労がわかる。それからもうすぐ20年。今でもまだ連絡が取れて、こうしてたまにNYで会えることが奇跡のような気がします。母も私も2年ぶりの再会。

c0066171_20235218.jpgこのあたりでいいレストランがあるよ、と連れて行ってくれたのがBeccoというイタリアンレストランでした。なんでも、このレストランのシェフがアメリカで人気の料理番組に出ていて、美味しいと評判らしい。17時過ぎに入ったのに、人がたくさん!バーカウンターのすぐ後ろの席に通されたのだけど、バーに人が入りきらず、立ちながらお酒を飲んでいる人がいたり、その合間を縫って美味しそうな料理を運ぶインタリア~ンな感じのウェイターのおっちゃんがいたり、人物観察をしているだけでおもしろい。メニュー名が英語とイタリア語が混じっていて全然わからず、P先生お勧めの料理をオーダー。Zuppa di pesce Mistoという名前の料理。
Zuppa di Pesce Misto: sauteed day-boat seafood in lobster brodo served over Sicilian Cous-Cous (サイトのメニューより)
美味しかったのはいうまでも無し。シーフードがごろごろ入ったスープのようなものでした。こんなちゃんとした感じのレストランに来れただけでも先生に感謝かな。母と私だけだったら気後れしちゃって入れないから。ここでゆっくり食事しながら、昔話をしたり、お互いの家族の話、仕事の話、NYの話などに花を咲かせました。
Becco: 46st/8+9Ave サイト

c0066171_20242857.jpg19:30 「また会おうね」とP先生と別れて、41st/8Aveへ。

20:00~ RENT観劇

23:00 帰宅
25:00 就寝
[PR]
by reiko-204 | 2007-10-02 00:00 | 旅-2007 NY+Seattle | Comments(8)

07年9月NY+Seattle旅行記④

9月17(月)NY4日目

この日は丸一日、Woodbury Premium Common Outletで買い物三昧でした。

6:15 起床
7:00 宿出発
7:15 Port Authority Bus Terminal着。Woodbury へのチケットを購入。
7:30 au bon painで朝食
8:15 ゲートへ移動
8:30 バス出発

ウッドバリーへ行く途中、バスの車内から見えるNYCの摩天楼。
今年は写真撮影に失敗。ゆがんでます。
c0066171_1718721.jpgc0066171_17181985.jpg

c0066171_17193277.jpg10時前にウッドバリーについてからは、大興奮で買い物。安い!安い!安い!
どれだけ安いかって言うと、元値$50くらいのカットソーが$3.50だったり、元値$60のスカートが$6.80だったり @ バナリパ。さすがここまで極端に安いのはチラホラとしかなかったけど、それでも全体的にやっぱり安い。かなりいろいろ買い込みました。これで当分は買い物禁止令を引かねばなりません。あ、もちろん日本に戻ってから。
途中、1時間のランチ休憩以外は、ずーっとお店をまわってました。それでも広い広いウッドバリー、全部のお店には到底行ききれませんでした。

19:00のバスでNYCへ。
20:20 Port Authority着。宿に戻って荷物だけを置き、すぐ出発。
21:00- 近くのピザ屋でピザの夕食。NYではたいていどこのピザ屋で食べてもおいしく感じるけど、このお店のピザはいまいち。。
22:00 宿に戻る
24:00 就寝

余談:
旅行中、毎日相当数の写真を撮っていたのだけど、この日は1日でたったの5枚しか撮っていませんでした。ここに載せたこの5枚だけ。どれだけ買い物に夢中になっていんだろう(笑)。
上の写真は、williams sonomaのショーウィンドー。ハロウィン仕様のディスプレイがかわいかったけど、荷物を抱えた自分が見事に映ってます・・・。下はランチと、いまいちだった夕飯のピザ。この色合いがもうすでにいまいちっぽい。

c0066171_17195788.jpgc0066171_17201148.jpg
[PR]
by reiko-204 | 2007-10-01 00:00 | 旅-2007 NY+Seattle | Comments(0)