<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

tikitiki

月曜日、友達の誕生日パーティーでtikitikiというお店に行ってきた。
新宿三丁目駅の真隣で非常に交通の便がよかった。
綺麗なお姉さんによるフラダンスショーがありました。
気を抜くとお客さんも拉致られ一緒に踊らされるので要注意(笑)
店内も、お料理のお皿も全部ハワイ仕様ですごくかわいかったんだけど、
カクテルを頼んだら量が凄くて、おなか一杯になってしまってご飯ががあんまり食べられなかった。残念。


ミソジだねえ。年取ったねえ。
写真は飲んでも飲んで減らないピニャコラーダとついに完食を諦めたパイナップル。
それとサービスのバースデーケーキ。

c0066171_0583194.jpgc0066171_0585065.jpg
[PR]
by reiko-204 | 2008-04-30 00:59 | 食-おそとごはん | Comments(0)

2009年、Anthony&Adam来日か?

後手後手ですが、RENTファンとしてやっぱり記事にしないわけにはいかない。
というわけで・・・

来年、Anthony RappとAdam Pascalというoriginalの黄金コンビでRENTが来日するそうです!!!

ほんとかよーという感じですが。
でもAnthonyが自分のmyspace(アメリカのSNS)で書いてあるんだから現時点では間違いはないんでしょうね。
日程まできちんと決まっているし。
Anthonyの記事によると、日本に来るのは2009年8月4日~30日だそう。
あまりにも先のことなのでどう変わっていくかわからないけど、
とりあえずRENTがまた日本で観れるってこと。
それもAnthonyとAdamのコンビで。
この人たちがまたRENTに復帰することさえ凄いのに、そのツアーが日本まで来るのは本当に本当にすごい。

ところがです。
このニュースのおかげで、私の中で、この秋にNYでRENTがcloseすることの重要性が少し薄まった気がするのです。
もちろん、RENTがcloseしてしまうことは大きなことだ。
NYに行きさえすれば必ず観る事ができた好きな舞台がなくなってしまうのは本当につらい。
でも、これで否が応でもRENTを卒業しなければならない・・・わけではなくなった。
AnthonyとAdamが来日すれば、私は必ず彼らの舞台を観にいくし、
「また来年観れる」
その気持ちが残る。

そう思うと、RENTのcloseの日に、私は本当にその場にいたいんだろうか?と迷いだした。
最初にRENT will be closed on June1と発表された直後にその千秋楽のチケットを買った。
数分後に完売になって、幻のチケットとなった。
その後延長が決定し、千秋楽がSept 7になり、
楽日チケット取得済みのファンのため、チケットの振り替えができるという異例の措置がとられた。
私はありがたくこの恩恵にあずかり、6/1のチケットを9/7に振り替えた。
行けるかどうかわからないけれど、なんとか調整して行きたいと思ったから振り替えた。
その後、この来年の来日公演のニュース。

「RENTを観るのは次が最期だ」
そういう気持ちがなくなったのは確か。

だから、なにがなんでも9/7にNYに行かなくちゃ、という気持ちが薄まった。


なんだか年明けからRENTに振り回されっぱなしだな。


まとまりがなくなってきた。
何が言いたいのかわからない・・・。

とにかく。
AnthonyとAdamが来てくれるならそれに越したことはなし。
発表したからには、日本のファンをぬか喜びさせただけって結果にはしないで欲しいな。
期待して待つことにしよう。
RENT卒業はしばらくお預けです。
[PR]
by reiko-204 | 2008-04-28 00:39 | RENT情報(観劇記以外) | Comments(7)

魔法にかけられて

映画:Enchanted / 魔法にかけれて


c0066171_0215497.jpg主演:
Amy Adams
Patrick Dempsey
James Marsden
Susan Sarandon

「魔法にかけられて」を観て来ました。
魔法の国のプリンセスが、現実のNYに来てしまう、というお話。
公開してもうだいぶ経っていたけど、なんとかまだやっていた。
よかった。

いやーおもしろかった!
いろんな意味で。
最初の10分くらいはもうまったくディズニーの世界(それも近年の、ではなく昔の)で、
あれこのままアニメがずっと続くのかな、と思ったら絵に描いたような魔女が出てきて
これまたお約束どおりお姫様を邪魔立てして現実のNYに送ってしまう。

で、実写版はNYのTimes Sqのマンホールからジゼル(お姫様)が出てくるところから始まって、その途端映画は一気にNY色に。
実写のジゼルを見て、あれなんだか老けてるなあ、目じりのしわとかすごい気になる・・・と思ったら、ジゼルを追ってきた王子様もこれまた老けてて、わざとか!と気づきました。
この王子様、どこかで見た・・・と思うのだけど最後までわからず。
後からネットで調べて、アリーマイラプに出ていたグレンだと判明。
たしか数ヶ月前にもヘアスプレイにコーニーコリンズ役で出ていて、
その時も誰だっけ誰だっけ、と気になりつつ最後までわからなかった人でした。
よっぽど印象が薄いのかしら。
しかし老けたよね。。。
アリーに出てた時はさわやかな年下弁護士って感じだったのに、と思って寂しくなりました。
こうして皆年をとっていくのね。
それを見ている私も年をとってるんだね。

老けてはいるけど、王子というにふさわしい長い手と長い足、白い歯と輝く笑顔とナルシストぶり。
見ていて恥ずかしくなるほどで(笑)、お見事でした。
だからちょっと最後はかわいそうになってしまった。
あ、王子様ルックで首からカメラを下げ、頭に自由の女神の緑の王冠をかぶってブルックリンブリッジを歩く王子の姿が笑えた。

ジゼルも本当にプリンセスのままで、踊りながらセントラルパークを散歩するシーンがすごくかわいかった。
あそこでみんなで踊りだすシーンがすごく好きだなあ。
セントラルパークの観光名所もかなりたくさん押さえていて、
歌もちょっとヒップホップででもやっぱりディズニーで。
エドワード王子に会った後に心情の変化があって少しづつ変わっていく感じがとてもよく出ていて、こちらも切なくなりました。

話が前後しますが、あのシーンには参った。
ロバートの家で掃除するシーン。
それはないよー!
気持ち悪くてちゃんと見れなかった。

モーガン(ロバートの娘)はかわいかったねー
ジゼルとふたりでショッピングに行くシーンとか、ラストで踊ってる姿とか、so cuteでした。

あ、あとロバートの恋人役でIdinaが出ててびっくりした。
知らなかった~
あの人、大写しにするとかなりゲイっぽい顔をしているような。。。

などなど、いろいろ思いながら見ていました。
ディズニーの歴代のおとぎ話の要素が少しづつ詰まっていて
それを使いながらまったく違う映画にしてきていて楽しめました。

何よりNYの景色がたくさん見られたので大満足!
[PR]
by reiko-204 | 2008-04-27 00:18 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

紅芋

昨日、友人とゴハンに行ってきました。
以前から気になっていた店に行ってみたら、運悪く閉まっていたので、近くにあった和風創作居酒屋に入ってみたところ、これが大正解!すごく美味しいお店でした!
本八幡の紅芋という店。
辺鄙な場所でしかも月曜日というのに常連さんっぽいお客さんが何組かいました。
雰囲気もすごくよくて、店は小さめだけど、テーブル席は広々としていたし、
暗めの照明と、店内を囲むように置いてある焼酎のビン(甕?)がオサレでした。
しかもお料理が凄く美味しくて、マグロとアボガドのたるたると豚バラの炙りが絶品!!
豚バラはトロ~っととろけてお箸で持つと崩れるくらいでした。
いやー美味しかった!
焼酎のお店だったけどワインで乾杯。
20時までハッピーアワーでワインが半額だったのですよ。
19:50くらいに店に入ったので一杯目だけだけど半額になってラッキーだねといいながら結局4杯づつくらい飲んだんだけど、全部半額になってた!
道理で異様に安いと思った。
きっと間違ってレジを売ってしまったんだろうけど。。申告せず(笑)。
ごちそうさまでした!という感じ。

友人と会うのは約半年ぶり。
この半年は激動の半年だったみたいで、話を聞けば聞くほどよくできたドラマかと思えるほど。
気持ちが落ち着いたら本でも書けば、と勧めておいた。
人生、何が起こるかわからない。
つくづくそう思った月曜日でした。
[PR]
by reiko-204 | 2008-04-23 00:19 | 食-おそとごはん | Comments(0)

月イチ会合-2008②

月イチ会合 2008年第2回目
日時:4月15日(火)20:00~
場所:「」 in 新宿
幹事:y子

面白そうなところを見つけたから今月の会合はここにしたー、とお店のURLを送ってきてくれたy子。URLに飛んでみると、Sora宙~Sushi, Wine, Sake & Japanese Cuisine と書かれたキラキラしたページが。そしてコンセプトとして、「世界初!オーロラダイニングNYが東京初上陸!」「天空に漂うオーロラ、夜空の街角に宵う、ここは東京のマンハッタン。エントランスを抜けるとそこには都会にいながらにして非日常の世界が広がる。まさにインテリジェンスな大人のための宵空の隠れ家」と書かれているわけです。さらに、飲み物つきの¥5000-のコースにした、と聞けば、期待度がぐんぐん上がるわけ。一体どんな素敵なお店でどんな美味しいご飯が出てくるのか、と思うわけですよ。

行ってみて。

えっ一体どこがマンハッタン?
そしてこの店のどこにインテリジェンスが漂っているのかしら?
という感じでした。

辛口コメントですみません。
だって狭苦しい場所に詰め込まれ、コースですので2時間きっかりですからと3度も言われ、1時間半後には会計を求められ、店のサービスは普通の居酒屋より感じが悪い。お店はとにかく狭くて、キラキラした照明を使っているだけで一体どこがNYなのか不明。
折角、気の会う友人と美味しいご飯を食べに行ったのにがっかりでした。とはいえ、ご飯はすごく美味しかったのです。量もたくさんあって食べきれないほどだし、全部手が込んでて美味しい。お酒もそこそこ美味しい。なのにこういう感想になってしまうのは一重に従業員のサービスの質の悪さと誇大宣伝だと思う。期待させられすぎなければそこそこ満足したかもしれないけどねー。2度は行かないでしょう。
 と、お店はいまいちでしたが、3人会合はいつものとおり楽しかった。旅行の話や、4月からの新しい生活や、私の引越し話などなど。次はGW明けかな。
[PR]
by reiko-204 | 2008-04-20 00:55 | 食-おそとごはん | Comments(2)

RAD with special guest, Fred Wesley

ライブ:RAD with special guest, Fred Wesley
日時:4月1日(火)
場所:COTTON CLUB 21:00~
チャージ:¥7000-

RADさんというのはフィリピン系アメリカ人の女性シンガーソングライター、Fred Weasleyさんは有名なトロンボーン奏者、だそうです。
ぜんぜん知識のないまま、誘われるがままにCOTTON CLUBへ・・・。

COTTON CLUBははじめて行ったけど、すごい!大人な空間でした。場違いじゃ?浮いてるんじゃ?と思うほど。でもすごく居心地がよかった。ブルーノートよりハコはたぶん狭いんだけど、でもなぜかゆったりしていて、落ち着く。
演奏もすごかったです。RADさんがキーボードを自在に操りながら歌を披露してくれるんだけど、透明感があってでも迫力もたっぷりで素敵な歌声でした。そしてトロンボーン奏者のFredさんが、すごい!!!!!!Tbでこんな音が出るんだ、と思うほどきれいなきれいな音色。かと思ったらバリバリ鳴らして低音を吹く。と思ったら踊りだす。演奏中にもかかわらず客席に下りていって座って休憩していたり、譜面を落としたのにお腹がつかえて拾えなかったり、なんだか一挙手一投足見逃せないおじちゃんでした。歌も歌ってたな~。いやいやすごかった。

と興奮しきりで帰ろうとしたら、お店の人からFredさんがそこにいるのでよかったらサインと写真でも、と言われる。カメラを持っていっていなかったのだけど、親切な方が撮影してくださりしかもメールで送ってくださいました。なんて素敵な人なんだ。というわけでCDとサインと写真をゲットして平日から終電ギリギリになりながら帰路に着いた火曜日でした。
[PR]
by reiko-204 | 2008-04-11 00:00 | 観-舞台観劇記 | Comments(5)

Z旗mission Vol.3~“管”フェス 3.28

ライヴ:Z旗mission Vol.3~“管”フェス 3.28
日時:3月28日(金)19:00~
場所:渋谷 CLUB QUATTRO
出場バンド:東京ブラススタイル、SHOW-SKA、Z旗
チャージ:¥3000-

くわっち先生所属のZ旗と、東京ブラススタイルが一緒にライブするなんてこれは行くしかない、ということでライブ参戦。
ブラスタは衣装も、メンバーの髪型も変わって、ずいぶん垢抜けていました。みんなどんどんかわいくなるなーと思って見ていました。数日前に発売された新CDから何曲か、あとは過去の曲も。最後はとなりのトトロをやってくれて、嬉しかった~。やっぱりこの曲が一番好きだなあ。

2番手のSHOW-SKAはまったく知らなかったんだけど、かなりツボに入りました。なんだかお笑いを見ているみたいだった。かっこよく演奏しているのに、なぜだか笑えてきて、にやにやしながら見てました。バリサクの人がかっこよかったな~。音もバリバリゴリゴリ低音で。

トリのZ旗。初めて見たけど、ビジュアル系!すごくかっこよかった。激しかった。
ファンの人がすごくたくさんいて盛り上がっていて、愛されてるなあーと思いながら見てました。ブラスタがほんわか、SHOW-SKAがお笑い、Z旗がロックという感じ。同じような編成のグループなのにこんなに雰囲気が変わるんだなあと思った。最後に3団体合同でルパン三世を演奏してくれて、ド迫力でした。
楽しかった!
[PR]
by reiko-204 | 2008-04-10 00:00 | 観-舞台観劇記 | Comments(0)

More Carnaval

イベント:More Carnaval
日時:3月16日(日) 16:30~
場所:調布グリーンホール
出場団体(出場順)
・小江戸ジャズクラスター(ビッグバンド)
・みやびカタックダンスアカデミー(北インド宮廷舞踊)
・ジョナウィンドオーケストラ(吹奏楽)
・武州今熊太鼓(和太鼓)
・Aesthetic Romany(エステティックロマ/マーチング)

すでに1ヶ月以上も前の話ですが。
調布で行われたMore Carnavalという、Aeshtetic Romany(以下ロマと略)主催の音楽祭に行ってきました。ロマには、大学時代に一緒にトロンボーンを吹いていた同期、および先輩数人が所属しているマーチングバンド。以前にも演奏会に行ったことがあるけど今回はかなり久々。この日はアエブレイの練習もなかったし他の予定もなかったのではるばる調布まで行ってきました。

いろいろなジャンルの団体が集って音楽を楽しむと言うお祭りだとの趣旨のごとく、異なった5つのジャンルの団体がそれぞれ工夫を凝らしてそれぞれの持ち時間で演奏や演技を見せてくれました。ビッグバンドもよかったし、和太鼓はめちゃくちゃかっこいいし、ダンスはなんだかよくわからないけど不思議なオーラでひきつけられるしで楽しかったんだけど、3番目に出演したジョナウィンドオーケストラがとってもよかった。吹奏楽の演奏を聴いたのは本当に久しぶりだったのだけど、あー吹奏楽もいいなあと改めて思った。しかも、大好きなフィリップスパークのMusic For a Festivalをやっていて、昔のいろんな思い出がよみがえってじーんときました。中でもTb1stの人がすごく上手で、聞きほれてしまった。
 
トリは主催のロマ。ロマはRENTの曲でマーチングをやってました。それも全9曲。RENT好きならご存知の通り、普段はキーボードとギター、ベースだけで演奏しているRENTの名曲の数々を、全部吹奏楽用に譜面を起こし直して、それを動きながら吹いてるんですよ。すごいよ!しかもちゃんと、Mimiのダンスがあったり、TANGO:MAUREENではMarkとJoanneが踊るシーンが再現されてたり・・・。もちろん楽器なので、歌詞はないわけだけど、その分ちゃんと動きや隊列でRENTの世界を表現しようとしているところがあっぱれでした。

最後の曲が終わって幕が下りた後、照明もつかないし司会者も出てこないし、進行ミスかな?と思っていたら幕が再び開いて、そこにロマを含め音楽祭に出た全団体が舞台に立って、全員でFinaleBを演奏しだしたのです。ハッピを来たオジサンがメロディにあわせて和太鼓を叩き、演奏にあわせてインドの民族衣装のようなものを着たお姉さんたちが妖艶に踊って、ジャズ吹奏楽マーチング、それぞれ異なるジャンルの奏者たちが一斉にFinaleBを演奏しているのを見たとき、不覚にも涙が出てきました。ああNYで生まれたRENTがこんな極東の日本まで来て、ちゃんとその音楽が広まってるよ、と思ったら胸が熱くなりました

 演奏会終了後、ロビーで出演者が出てくるのを待っているとロマ所属の先輩と5年ぶりくらいに再会。懐かしかった。Reikoさんもどう?またマーチング一緒にやろうよ、と誘われ、もう体力的に無理ですーと言ったものの先輩のほうがずっと年上だった(笑)。でもマーチングもやっぱりいいなあ。かっこいい。熱いし。また観にいこうと思った週末でした。
[PR]
by reiko-204 | 2008-04-09 00:00 | 観-舞台観劇記 | Comments(0)