「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あの夏から・・・

あの夏から5年が経った。
早いなあ。
5年間、私は一体何をしてたんだろうな・・・
全く変わっていない自分にうんざりしてしまう。
[PR]
by reiko-204 | 2009-07-19 01:00 | 日常 | Comments(2)

LOST Season4

最近夜中にLOSTのSeason3が流れてます。
それを見ていたら急に見たくなったSeason4。
ついつい先週の金曜に見始めたら・・・やばい、止まらない。。
今日もこんな時間。
とりあえず既に10話見ちゃったよ。
今日見たところで、ソーヤに改めて惚れ直した!
ほんとは優しいのね、ソーヤ!
クレアを守るところ、ハーリーを気遣うところでジーンと・・・
かっこいいなあ。

この勢いで行くと今週末くらいに観終わりそう。
でもみてしまうのがもったいなくて。
見たいのに見れないというジレンマに陥りそうな予感。
あーでも先が気になる!
[PR]
by reiko-204 | 2009-07-08 01:21 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

6月の美味しかった店

ala
サイト
神楽坂のこじんまりとしたイタリアン。
週末のランチに行きました。
前菜、パン、パスタ、デザート、コーヒーで¥1400-と、破格のお値段。
小さいけれど洗練されたお店でランチとはいえコース料理で1400円とは素敵過ぎます。
前菜もパスタも美味しかったし、何より手作りのパンが絶品でした。
夜も素敵そうなので行ってみたいな~


HIDE坊
サイト
広島風お好み焼きのお店。新橋店に行きました。
神戸出身の私はもちろんお好み焼きが大好き。
中でも「我が家のお好み焼き」が一番好きで、それはもちろん関西風。
広島風お好み焼きは、以前広島に出張に行った時に一度食べたきりだったので
なんと人生2回目の広島風お好み焼きでした。
小さめの店内は、仕事帰りのサラリーマンで満席。
お好み焼きの焼けるいい香りと、サラリーマンの熱気でむんむんとしてました。
でも美味しかった~
個人的には関西風とは別の食べ物、という感じ。
また行きたいな。


エルプルポ
サイト
神楽坂にあるスペイン料理店。
通りに面してドアも窓も開け放たれていて、バーみたいな雰囲気。
店内も狭くて、バーカウンターに沿うようにテーブルとイスが配置されていて、
NYの街角でよく見るような店構えだった。
お料理もとってもおいしかったんだよね~
料理名は忘れてしまったけど、特にこの写真のお料理が絶品でした。
c0066171_1632772.jpgc0066171_1635098.jpg



ラムしゃぶ 金の目
サイト
ラムって独特の味がするからな・・・とちょっと二の足を踏みましたが、
この店を絶賛する女友達にとにかく騙されたと思って食べてみて、と言われるがままに行ったところ、
確かに美味!
ラム肉の独特な癖が全然なくて、すんなり食べられる。
しゃぶっとお湯につけてももちろん、生でも食べられるんです。
これは驚き。
食べ飲み放題で4000円強だったかな?
なかなかよかったよー
階下には300円バーもあるので食後の一杯もすぐに行けます☆


MASUMASU
サイト

この店は私の記念すべき(?)神楽坂デビュー店(??)で、思い出のお店。
まだ新人の頃に会社の先輩に連れてきてもらって、いろいろ慰めてもらったお店です(笑)。
一軒家の古民家をそのままお店にして使っていて、1階はテーブル席、2階は座敷と掘りごたつ席があります。
隠れ家的なそのたたずまいと、お店の雰囲気がとても好きで、
昔はよく来ていましたが、最近はもっぱらご無沙汰。
今回訪れたのは4年ぶりくらいかな?
そうしたらメニューがずいぶん変わっていて、ちょっと残念だったかなー。
昔の方が趣があったというか。
ちょっと今風になりすぎていて。
しかも昔はもっと焼酎一辺倒だったのに、今はオーガニックワインが多かった。
ワインも好きだけど、この店は焼酎っていう男くさい感じがよかったのに。。
と言いつつ、この日はかわいらしくワインべースのカクテルを飲みましたけどね。
お料理は創作和食。
相変わらず美味しかったです。

スペイン厨房ぷらてーろ
サイト

ここも神楽坂のスペイン料理屋。
ほかの店は全部人に連れて行ってもらった店だけど、
この店はネットで見つけて行ってみました。
なのではずれだったらどうしよう、と内心ドキドキでしたが、
大当たり!美味しかった!
サングリアが美味!
パエリアも絶品でした。
イカスミのパエリアにしたんだけど、魚介パエリアとさんざん迷ったので、
次回は魚介で!



6月は神楽坂月間でした。
毎週行ってたな。。
小さな町に小さなお店が沢山あるから楽しいんだよね。
この他にも特に目立った点のない普通の居酒屋や、チェーン店にも行ったので、
思い返してみれば外食しすぎのような。。。
来月控えよう。。
でも美味しいお店を開拓するのは楽しい。
美味しくてくつろげて長居できてリーズナブルなお店にたくさん出会いたいものです。
[PR]
by reiko-204 | 2009-07-06 00:00 | Comments(3)

6月に読んだ本

・重力ピエロ 伊坂幸太郎 著

すごく読みやすい。
独特の雰囲気をもった文章だった。
主人公の春の描写が丁寧で魅力的。
もっともっと春のことを知りたいようなそんな気分になった。
春君のシリーズものがあったらぜひ読んでみたところ。
話は途中からなんとなく予測はつく感じ。
いろんな雑学が入っていて楽しい。


・佐賀のがばいばあちゃん 島田洋七 著

今更読んだ。
ずいぶん前にはやっていたような。
ドラマ化とかされていたような・・・。
本はとっても簡単。一日で読んだかな。
昔の人の知恵とか生き方が素敵でした。


・不毛地帯①(全5巻) 山崎豊子 著

久々の山崎さん小説。
やっぱり読み応えがあるわ。
読み進めるのに時間がかかるん分、どんどん話に入り込んでいくというか
主人公に肩入れしていくというか。
時代設定は終戦直後。
①は主人公の壱岐さんがシベリア抑留中の話がほとんどなのんで、
同じ山崎さん作品の大地の子を思い出しました。
この秋に唐沢君でドラマ化されるらしいのでそれまでに読み終えたいな~
しかし文庫本なのに1冊¥800-もします。
高い~
図書館で本を借りるという行為をしない私には結構痛い出費。。


・喋々喃々 小川糸 著

読後に興奮して記事をupした作品。
[PR]
by reiko-204 | 2009-07-03 00:00 | 本-読書記録 | Comments(2)