<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ベルギー旅行 ホテル編②

c0066171_14245742.jpg
c0066171_1492236.jpg

ブルージュで2泊したのは、Egmondホテル。
愛の湖公園の中にあるホテルで、全8室というこじんまりとしたホテルです。
ガイドブックで見つけて、庭がとても綺麗だったことと、行ってみたいと思っていた愛の湖公園の中にあるホテルだということ、そして小規模なホテルにも泊ってみたかったこともあって、決定しました。
エクスペディアから申し込んだのだけど、満室が続いていて、なんとか2日間だけ空いているのを見つけて予約。なのでこのホテルの空き具合に合わせてベルギー内の都市間移動スケジュールを組みました。


可愛らしいホテルで、家族経営?と思われるスタッフの人たちを3人見かけたけれどみなさんとても親切でした。お部屋もかわいくまとめられていて、ホテルというよりは民宿って感じかな。
清潔でとてもよかったのだけど・・・バスルームが小さくてそこだけがしんどかったです。
部屋内に無理やりユニットバスを詰め込んだような作りになっていて、シャワー室がとにかく狭くて、
身動きをとるのもつらいぐらい。
それ以外はとってもよかったんだけどな~

上段左:入口
上段右:ホテル入口前の庭
下段左右:部屋内部

c0066171_14191052.jpgc0066171_14193075.jpg
c0066171_14194619.jpgc0066171_1420781.jpg


朝食のブッフェ付き。
ダイニングはとても素敵でした。
シンプルだけど温かみがあってとても好きな雰囲気。
ご飯もおいしかったです。
c0066171_14214679.jpg

c0066171_1422641.jpgc0066171_14222645.jpg


c0066171_14245742.jpg階段下に、Honest Barなるものがあって、飲み物やお酒がおいてありました。
コーヒー、紅茶や、お菓子等は無料で、お酒のみ有料。
チェックアウト時に何本飲んだか申告してねっていうスタイル。

バスルーム以外は大満足のホテルでした。









ホテル近くから眺む愛の湖。
c0066171_14272817.jpg

[PR]
by reiko-204 | 2010-11-27 00:00 | 旅-2010 ベルギー | Comments(2)

ベルギー旅行記 Day7

10月8日(金)

7日目


8:00起床

朝ごはんをゆっくりいただき、その後パッキングをしてチェックアウト。
荷物は夕方まで預かっていただくことに。

10:40 ホテル発。
まずはこのホテル周辺のMinnewater Park/愛の湖公園を散策。
公園の中心にあるLe Minnewaterを、ヴィクトル・ユゴーがLac d' Amour(愛の湖)と訳したことから、
愛の湖公園と呼ばれるようになったそう。
1127年当時はここがブルージュへ水上輸送の玄関口だったそう。
今では運河と水門で仕切られた湖となっています。
とにかくその落ち着いた佇まいは絵のようで、あまりにも綺麗でしばらく時間を忘れてしまうほど。
この湖を眺めているだけで、自分の心の黒い部分まで綺麗に洗われていくような気がしました。

c0066171_12362891.jpgc0066171_12364693.jpg



公園から少し外れて町の中心地と逆の方向へ行ってみました。
そうしたらそこには普通の家々が並んでいました。
公園のすぐ近くに、こんなかわいい住宅地があるなんて。
いいなあ~。こんなところでのんびり暮らしたい。

c0066171_12423911.jpgc0066171_12425289.jpg


c0066171_12501046.jpg
住宅街を出て、Begijnhof/ベギン会修道院へ。
1245年に設立された、世界遺産にも登録された修道院。
現在はベギン会修道女ではなく、15世紀そのままの修道服を身に付けたベネディクト派の修道女たちが暮らしているそう。入口近くに、内部の生活を紹介するミニ博物館があったので見学。

写真は、右がベギン会修道院の全貌、下は修道女の寝室と、小回廊。
c0066171_12512725.jpgc0066171_12514361.jpg


c0066171_12585795.jpgその後、町を散策。
適当に歩いていたら自分たちが地図上のどこにいるのかさっぱり分からなくなり、人の流れに沿って歩いていたらどんどん知らない場所へ・・・。
でも!このBelfort/鐘楼が目印になってくれたので安心でした。
ここを目指せばマルクト広場(=町の中心地=知っている場所)へ
戻れるからねー!


c0066171_13275116.jpgc0066171_13282143.jpg


町を散策しながらずーっと気になっていたベルギー名物、屋台のフリッツとワッフルにも挑戦しました。
ベルギーは、ここが観光地だからかもしれないけれど、いたるところに綺麗なベンチとゴミ箱があって、
露天で食べ物を買っても座って食べられるし、お年寄りが休憩していたり、カップルが仲良くしていたり、
人にとても優しい町だなという印象でした。
ゴミ箱も本当にいたるところにあるのでゴミが溢れて汚い、ということもなく、
ゴミ箱自体がとても清潔で、だからこそ道にゴミも落ちていないのかな、と。
道に落とすまでもなくそこここにゴミ箱があるからね。
話がそれたけど、ワッフル!
ここのワッフルがほんとーーーに美味しかった!
このあともう一度ブリュッセルでも食べたのだけど、このお店のもののほうが断然美味しかった!
ふわふわでサクサクでした。
フリッツはケチャップではなくマヨネーズをつけるのがベルギー風。
これがまたウマイのなんのって。
ワッフルもフリッツも2ユーロくらいで決して安くはないんだけど、でもこのお味と量なら満足です。
c0066171_13285559.jpgc0066171_13291272.jpgc0066171_13293240.jpg


c0066171_13213034.jpgブルージュ出発が迫ってきて、ホテルに戻る途中でお茶タイム。
Sukerbuycというチョコレート店のチョコを扱うティーサロンで、自慢の一品ホットチョコレートを頂きました。
ホットチョコレートを注文して出てきたのがこのセット!チョコレート以外に、チョコレート4粒と、ホイップクリーム付きで3.80ユーロ。激安です。カップの上の濃厚なチョコレートが乗った小皿をとると、カップの中にはホットミルクが入っていて、そこに自分で小皿上のチョコレートを落として飲むスタイル。c0066171_13335161.jpgホイップクリームはまろやかにするためかな、と思ったのだけど、このお店は何を注文してもこのホイップクリームがついているようでした。そのまま食べるみたい。。チョコレートは1粒がプラリネ、3粒はSukerbuycの自慢の一品のレースチョコなんだって。薄いチョコは、口の中に入れるとふわっと溶けてなくなります。ホットチョコレートはものすごく濃厚で超美味でした。やっぱりチョコレートの国なんだなあと実感したカフェタイムでした。




16:00 ホテルで荷物をピックアップ。
愛の湖公園を通ってブルージュ駅へ。
16:58発のブリュッセル行のICに乗り込むも・・・まさかの席なし!
1時間通路で立ちっぱですw/ suitcase...
18:04ブリュッセル中央駅着。
次のホテルは中央駅のど真ん前ー!ラクです。

ホテルにチェックインし、少し休憩した後グランパラスへ。
19:30-21:30, レストランMannekenにて夕食。
たまたま隣にいらっしゃった日本人一人旅の方といろいろとお話ししながらの夕食タイムとなりました。

左:私がオーダーしたもの(赤ワイングラスとエビのクロケット)
右:母がオーダーしたもの(スプライトとエビのトマト詰めサラダ)
この日はジャンクフードを食べすぎていたので(フリッツとか・・・)、アペタイザーだけにしておきました。
でも結構満腹。。
c0066171_13442837.jpgc0066171_13444259.jpg


夜のグランパラス。
c0066171_1344079.jpg


22:00 ホテル着
24:00 就寝
[PR]
by reiko-204 | 2010-11-26 00:00 | 旅-2010 ベルギー | Comments(0)

ボジョレーヌーボーパーティ in 銀座

ワインが好きです。
ここ2,3年ですが、ワインが美味しく感じるようになりました。
でも好きなだけで知識が全くありません。
どういったものが好きなのか、自分でもわからない。
飲んでみてこれはいまいち、これはまあまあ、これはとっても美味しい、そんな感想を持つものの、
如何せん知識がないのでせっかく美味しいワインに巡り合っても二度と同じものを注文できないという・・・
好きなものはちゃんと理解したいな、といういう思いはあるののの、
何をどうすればいいかわからないし、ワイン好きの友達もいないし、ひとりで買って家で飲むのもなんだかねってことで一向にワイン知識が増えないワタシ。
そこで、思い切ってワインセミナーなるものに参加してみることにしました!

ちょうど1回限りのセミナーで、場所も銀座とお手軽なものをネット上で発見し早速申込。
時期的にボジョレーヌーボーを飲み比べる、という趣旨のパーティでした。
サックスレッスンを終え、いそいそと銀座へ移動。
緊張しながら会場へ・・・。
会場は、何度かお茶をしようと立ち寄ったことがあるカフェでした。
いつも満席で未だに入ったことが無いカフェだったので、
目的が異なるとはいえ中に入れてラッキー☆
こじんまりとした、かわいいカフェでした。
パーティは30名限定で、着席スタイルでお料理はビュッフェ。

お料理!玄米パンがとっても美味しかったー!
c0066171_0361237.jpg


そこに用意された4種類のワインがふるまわれました。
最初にスパークリング、そしてそのあとボジョレーが3種。
それぞれのワインの特徴を記したレジュメ(?)を頂いたので、ワイン名のみ記録しておきます。

・カルス ルージュ ガメイ スパークリング
・ボジョレー・ヴィラージュ“ル・ペレオン”ヌーヴォー ドメーヌ・ド・ラ・マドーヌ
・マルセル・ラピエール ボジョレーヌーボー2010
・フィリップ・パカレ ボジョレー ヴァン ド プリムール

レジュメを見ても???だらけでの私でしたが、
同じテーブルにいらっしゃった方は「ワイン初心者です~」と言いつつ、「名前は聞いたことがある」とのこと。
あらら。
何も分からず参加していたのは私だけだったかもしれません。


どのワインがどうの、という偉そうな感想は書けませんが、
それぞれの違いを味わいつつ、一度に4種類ものワインを飲み比べることができて幸せでした。
こういうパーティーならではだな、と思います。
お食事もおいしかったし、途中クイズ大会などもあり、和気あいあいとした雰囲気のパーティでした。
もう少し講義的なお話があるのかな、と思いましたが、ほぼ飲食中心でした。
パーティーですしね。
また機会があれば、「パーティ」ではなくて「セミナー」に参加してみたいなと思いました。

と、ちょっと変わったイベントに参加した土曜の夜でした!


この日いただいたワインたち
c0066171_0375297.jpg

[PR]
by reiko-204 | 2010-11-22 00:38 | 食-おそとごはん | Comments(6)

買っちゃった

買っちゃったよー。
ipod touch.
c0066171_2352441.jpg


4年ほど使っていたipodが壊れまして。
特に落としたりはしていないので、充電池の寿命かなと思ったら、やっぱりそうでした。
激込の土曜午後の銀座apple storeにて、充電池交換が必要ですねーと爽やかに言われました。
(ところで外人の店員さんがいっぱいいたのだけど、みんな日本語が上手でびっくりでした。)

電池交換も6000円くらいするらしいので、それならってことで買い換えました。
今はものすごーく小さいipod nanoが出ていて、
私が今まで持っていたものと比べるとたぶん10分の1くらいの大きさなんじゃないかと思われるくらい小さくて、その大きさにもとても惹かれたのですが、
最終的にはipod touchを購入。
購入して1週間。
結局ネットにはつなげられないのでnanoでもよかったんじゃ?という気もしないではないですが・・・まあいいや。
それでも今まで持っていたipodの半分くらいの薄さになったし、
カメラもすごく性能がいいので気に入ってます☆

早速はまったアプリは・・・太鼓の達人。
3日で飽きましたが(笑)
だいぶ極められたと思います。うん。
[PR]
by reiko-204 | 2010-11-21 23:52 | 日常 | Comments(0)

お土産

最近頂いたお土産たち。

香港土産
c0066171_23365688.jpg


アルゼンチン土産
c0066171_23372788.jpg


東京夢の国土産
c0066171_23375953.jpg


ハワイ土産
c0066171_23382461.jpg



少し会わない間にいろんなところに行っている私の友達たち。
そんな彼らに刺激されてまたどこかに行きたくなるのよねー。
南米なんて・・・!
夢のまた夢です。

みなさん、ありがとー!!!
[PR]
by reiko-204 | 2010-11-19 00:00 | 日常 | Comments(0)

お宅訪問

週末、お友達の家に遊びに行かせてもらいましたー!
一人暮らしの女の子の家に行くのって好きなんだよね~
・・・ってオッサン発言?

どういう部屋の造りなのか、
どういう家具があるのか、
家具はどういう配置なのか、
すべてが気になります。
よく意味もなく独り住まいのインテリア雑誌などを買って眺めてますが、
やっぱり本物の家に勝るものは無し。
その人の個性も出るし、楽しい。

今回行かせていただいたおうちはとても綺麗で、照明が素敵で、
いろいろなものがあるのに全部の調和がとれていてとても居心地がよかったです。
自分の家の汚さを思い出し、ちゃんと片付けよう!と思いました。

お宅訪問でそのまま家飲み。
手料理でもてなしていただきました。
お料理もすごく美味しくて、おもわず作り方を聞いてしまいました。
今度真似して作ってみようかな~。

美味しいお料理と美味しいワインでとても楽しい会でした。


c0066171_0304915.jpgc0066171_031857.jpg

[PR]
by reiko-204 | 2010-11-09 00:32 | 日常 | Comments(0)

サックス発表会

約半年ほどこのブログをさぼっている間に、いろいろと始めたことや変わったことがあるのですが、
まあ追々紹介するとして、まずは新しく始めたもののひとつ、サックスについてのお話。

前々からやりたいやりたいと言っていたテナーサックスをついに習い始めました。
よしやろう、と決めたのは去年の11月頃。
12月頃から教室を探し出して、12月~1月にかけて3か所体験レッスンに行き、
1月末にとある音楽教室に申込み、そこで生徒が揃うまで待って、4月からレッスン開始と相成りました。
今は月に3回、1時間のレッスンを3人で受けています。

で。
最初は気合を入れてレッスンに通っていたのですが、
途中からトロンボーンを一時再開したためにトロンボーンとサックスを同時に練習するという無謀な状態に。
そのためどちらも中途半端になってしまって、サックスはとにかくレッスンに通うのみ、という状態でした。
もともと楽器もないので自主練もできないのだけど、CDを聞いてイメトレしたり、
楽譜を見ながら指をさらったり、ってこともさえもやらない不真面目生徒に落ちぶれていきます。
開始早々・・・。

レッスン開始時に、レッスン内容を録音して復習すれば上達度がまったく違います、と先生から言われて
早速購入したICレコーダーXactiも、気づけばほぼ出番なし。
最近は壊れたipodの代わりにウォークマン化しているのみ。

そんな状態が一変するかも?という出来事がこの週末にありました!
・・・というのは大袈裟で、ただ発表会があっただけなのですが。

まあそんなわけで発表会があったのですよ。
土曜日に、新宿somedayで。
新宿somedayといえば立派なライブハウスです。
そんな素敵なライブハウスでなんとサックスを演奏しちゃったんですよ!
これはもう興奮です。

でもねーやっぱり不真面目さがたたって、ちーっとも吹けませんでした。
何度も音がかすれるし、指ももたつくし。
今回は、先生の生徒さん達を集めての発表会で、
サックス歴の一番浅い私のクラスの3人がトップバッターで演奏したのです。
今回はね、まだ「まだ始めて半年なので!」という言い訳が通ると思うのです。
他の方たちも「半年なのにちゃんと発表会に出てえらい!ちゃんと曲になってた!」とほめてくださったし。
(というか発表会に出ない、というoptionは無く強制的に出演させられたのですが・・・!)

でも、聞くところによるとこの発表会は半年に1度あるとのこと。
半年後の次回、同じようにどうしようもない演奏をするわけにはいきません。
「まだ半年」っていう言い訳ももう通用しない。

というわけで、ちゃんと心を入れ替えて練習しよう!と固く誓ったのでした。
じゃあ楽器でも買うか☆ポンッ!
・・・ってわけにもいかないので、しばらくはレッスン時間以外にも教室に行ってお部屋と楽器を借りるしかありません。


発表会後の打ち上げ飲み会で、楽器を始めて2年くらいは誰でも練習量に比例して、ある一定のところまでは必ずうまくなるものです、と先生に言われました。
少し吹けてくるとどんどん楽しくなってくるから、と。
壁にぶつかって久しいトロンボーンと違って、サックスはまだ始めたばかり。
伸びしろは無限にあるはずだし、凡人だって一定のところまでは行くはず。
自己流で趣味としてやってきたトロンボーンと違って、
サックスはお金を出してプロに教わっているのです。
うまくならないわけがない。

うまくなりたい。
自分で自由に吹けるようになりたい。
頑張ろう!
と、ちょっと熱くなった土曜日の夜でした。
[PR]
by reiko-204 | 2010-11-01 01:14 | 日常 | Comments(0)