<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ギリシャ旅行記 Day-8,9

2013年10月25日(金)〜26(土)

8-9日目

帰国日。
飛行機は午後だったので、とりあえず普通に起きてホテルの朝食をゆっくりといただく。

このホテルに、フレッシュオレンジジュースを作る機械のようなものがあって面白かった。
機械の横にオレンジが半分に切って置いてあって、
それを入れボタンを押すとスクイーズされるというもの。
半透明で、中に果物が浮かんでいるのが見えて興味深い!
ボタンを押してもジュースが出てこない時は、別のボタンを押して
中身を搾り取られてカスカスになったオレンジの残骸を外に排出し、
新しいオレンジを入れるとまたジュースが注がれるというなんともおもしろい機械でした。
ファーストフード店にも機会が置いてあったし、ギリシャではポピュラーなのかなあ。
写真を撮ってくるのを忘れて後悔。
もちろん、作りたての100%オレンジジュースは濃厚でとても美味しかったです。
c0066171_17135088.jpg
c0066171_1712581.jpg


最後にもう一度プラカ地区までお散歩。
タベルナが連なり、夜は食事をする人たちで大にぎわいのプラカ地区も、
朝はひっそりと静まり返っていました。
c0066171_17143513.jpg


11時チェックアウト、シンタグマ広場前からX95番のバスで空港へ。
12時過ぎ空港着。
14:35発のエティハド航空便でアブダビへ、乗り換えて26日13時成田到着。

帰りの乗り継ぎは2時間弱で、ほとんど待つことなく次の便に乗れました。
今回の旅はいままでにないほど移動に時間がかかったので、滞在時間が短くて残念でした。
ギリシャは他にも魅力的な島がたくさんあって、もっといろんな島へ行ってみたかったのですが、
今回の旅程では島ひとつとアテネで精一杯でした。
またいつか違う島にも行ってみたいと思えるのは、サントリーニ島があまりにも素敵だったからに他なりません。

憧れの景色をこの目で見ることができて感無量でした。
新婚旅行先を私の行きたい場所にしてくれて、そして一緒に楽しんでくれた旦那さんに感謝。

6泊9日の旅終了。
[PR]
by reiko-204 | 2013-12-27 17:15 | 旅-2013 ギリシャ | Comments(0)

ギリシャ旅行記Day-7

2013年10月24日(木)

7日目

実質最終日。
まずはホテルのすぐ裏手にあった郵便局へ行って、日本へ絵葉書を投函。
明日帰るので今更感満載だけど、せっかく書いたしねってことで。
ギリシャのポストはこんな感じでした。
カラフルでかわいい。
c0066171_16122193.jpg

さて電車に乗って一駅、モナスティラキ駅下車、アクロポリス遺跡へ向かいます。
アクロポリス、とは本来「高い丘の上の都市」を意味するそうで、
かつては神殿の建つ聖域として、且つポリス(都市国家)防衛の要塞として利用されていたのだとか。
この遺跡の中で最も有名なのが、パルテノン神殿。
なんと完成は紀元前432年だそうです!

駅を降りたところ。
広場の奥に遺跡が見えます。
c0066171_16141729.jpg

遺跡へ向かう道は普通の住宅街で不思議な感じ。
お土産屋さんもぽつぽつありました。

到着!
経路に沿って歩くと...見えてきました!
まずはパルテノン神殿の入り口の門。
c0066171_16141349.jpg

門をくぐります。
パルテノン神殿!!
c0066171_1616435.jpg

すごい人〜!
アテネ中の観光客が集まってるんじゃないかというくらいすごい人。
ツアーが多いのか、いろんな言語でのガイドが聞こえてきました。
さすがパルテノン神殿、世界の観光地であることがよくわかりました。

裏へ回ってみました。
今も修復作業が続く神殿。
作業待ちの岩?石?が整然とならんでいました。
c0066171_16165277.jpg

この写真はよく撮れていてお気に入り。
空が青くて本当に綺麗です。
c0066171_161833100.jpg


パルテノン神殿の裏を歩いていると、ディオニソス劇場が見えてきました。
c0066171_1620897.jpg

これは酒と演劇の神ディオニソスに聖域に造られたギリシャ最古の劇場で、
15000 人もの観客を収容できるのだとか。

もう少し歩いていると、遠くにゼウス神殿が見えました。
ゼウスといえば万物を司る全能の神。
それにしては神殿が小さいなーなんて。
近くで見たらもっと圧倒されるのかな?
あとで行ってみようと思っていたのに結局行けずじまいで
ここから眺めたのみになってしまった神殿。
c0066171_16195246.jpg

パルテノン神殿の前に建つのはエレクティオン。
紀元前408年に完成した、複数の神を合祀する神殿で、
南側の、カリアティディスと呼ばれる6人の少女像を柱とした柱廊が有名だそう。
近くで見ると少女像が圧巻です。
c0066171_16205565.jpg


勉強不足でギリシャ神話もギリシャの不遇な歴史もいまいち頭に入っていないので、
遺跡や神殿の真の凄さはわからなかったのだけど、
それでも古代にこんな立派な建造物が建っていた事実、その技術、
神々を祀るためという古代ギリシャ人の信仰心、
そういったことを考えるととにかくすごい!という言葉しか出てこなかったのでした。

さて遺跡のすごさを堪能したあとは、最後のショッピング。
アテネの目抜き通り、エルムー通りを歩いてシンタグマ広場方面へ。
意外と近くて、すぐにホテルまで戻ってきてしまいました。
そのままコロナキ地区へ移動、ランチへ行こうとしていたお店へ向かうも閉店!
時すでに14時過ぎで腹ペコ&疲れ切っていた私たちは、とりあえず近くにあったパスタ屋さんへイン。
ギリシャ料理でもなんでもないけど。。

久々のパスタはなんだか新鮮。
が、やっぱり本場ではないパスタ。
大味で最後はちょっと飽きちゃったかな。
デザートは美味しかった!
c0066171_1623248.jpg

食後、一度ホテルへ戻り少し休憩。
再度出発し、国会議事堂前の無名戦士の墓へ。
過去数々の戦争で犠牲となった兵士たちや戦死者を慰めるために造られたお墓で、
墓前にはギリシャの民族衣衣装に身を包んだ衛兵が二人微動だにせず立ってお墓を守っています。
30分ごとに左右の持ち場、1時間ごとに衛兵が交代し、そのたびに交代式が行われています。
私たちはちょうど左右持ち場の交代式に居合わせ、交代式を見ることができました。
10分位くらい続いたかなあ。
二人の兵士さんが左右対称の動きをしたり、かと思うと同じ動きだったりで、おもしろかったです。
c0066171_16231624.jpg


その後、ガイドブックを頼りにスーパーマーケットに向かうも、
その場所にあったのは小さなコンビニのようなお店でした。
ギリシャの首都アテネの最も賑わっているシンタグマ広場近くを3日間うろうろしていたのに、
結局見つけられたスーパーはカルフールのみでした。
そもそもカルフールってフランスのスーパーだし。
ギリシャには大型スーパーがないのかしら?
住民は一体どこから食料を調達するんだろう。
観光地だから見当たらず、住宅地に行けばあるのかなあ。
謎です。
結局カルフールでお土産用にローカルなお菓子を買って終了。

最後の夜はGiouvetsakiaというタベルナで。
途中、ライトアップされたパルテノン神殿につられてフラフラ歩いているうちに道を見失い、どこにいるのか全然わからなかったのに、適当に歩いているうちに目的としていたタベルナのすぐ近くに辿り着くという不思議な体験をしました。
タベルナに呼ばれていたのかなあ〜。

最後のディナーはこんな感じ。
c0066171_1626846.jpgc0066171_16301795.jpg
c0066171_1631377.jpgc0066171_16323088.jpg

c0066171_1633011.jpgc0066171_16335616.jpg

食べ過ぎ飲み過ぎでさあ帰ろうとチェックをお願いしたら、
最後にもう一杯、と白ワイングラスをウエイターさんがサービスしてくれて、
うれしい悲鳴を上げながら全部飲み干して千鳥足でホテルへ帰ったのでした。

7日目終了。
[PR]
by reiko-204 | 2013-12-27 16:27 | 旅-2013 ギリシャ | Comments(0)

帰国しました

一昨日の21日夕方に帰国しました。
昨日今日とフィギュアスケートに夢中で片付けもまともに終わっていませんが、
明日からback to normalです。
今回は11泊13日とう長丁場だったので、旅行記は書けるかどうか微妙ですが、
とりあえずギリシャ分は年内に終わらせたいと思います。

・・・と宣言してみたものの、1週間もしないうちに今度は田舎へ帰省するし、
それまでにも習い事、医者通い、年賀状書き、大掃除、とやることは山のように。。
当分バタバタの毎日になりそうです。
[PR]
by reiko-204 | 2013-12-23 22:48 | 日常 | Comments(0)

NY滞在中

昨日からNYに来ています。
ただいま10日の夜、こちらに来て2日目の夜です。
NY旅行開始前にギリシャ旅行記をおわらせたかったのですが、無理でした。。
あと残すところ1日なので、NYから帰ったら書き上げます!(今度こそ。。)

NYは寒いです。
今日は雪でした。
かなり厚着して、雪だるまのようになっていますが、
唯一出ている顔が寒い!!
ほとんど目しか出てないのに。。
明日からはサングラスしようかな。。

また時間ができたらなにかアップします!
[PR]
by reiko-204 | 2013-12-11 13:15 | 日常 | Comments(0)

神戸の結婚式場

ギリシャ旅行記の途中ですが、久々に違う話題を。

昨日の土曜日、旦那さんが日帰りで神戸に行って帰ってきました。
同僚の方の結婚式だったのですが、
その結婚式というのが、
・私もその新郎を知っていて、自分の結婚式の時にとてもお世話になった
・おまけに新婦も知っていて、何回かご飯したこともある
・さらにはその結婚式会場が、私も下見に行って、いいなあと思ってた場所
という、他人事とは思えないものだったので、
留守番しながらずーっとソワソワしてました。
私がソワソワしても仕方がないんですけどね。

写真を撮りまくってきて!とお願いしたのが功を成し、
新郎新婦のたくさんのショット、チャペルや待合室、テーブルセッティング、会場装花などなど、
男子には珍しいほどの枚数を撮ってきてくれたので(普段は人の結婚式に行っても5,6枚しか撮ってこない)、
それを見てひとりニヤニヤしてしまいました。

去年会場見学に行った時に説明を受けたその場所で、
実際に知っている人が挙式披露宴をしているなんて本当に不思議。
今まで何回も結婚式には参列させてもらってきたけど、
そのほとんどが東京の会場の私。
(厳密には、東京以外はハワイ、軽井沢、神戸、大阪と4回ありますが。。)
自分が結婚することになった時に神戸近辺在住だったためそのあたりで式場見学をしましたが、
それまでずっと東京在住だったので関西の式場知識がほとんどなく、手探り状態でした。
逆に何の知識もなくて、どこの式場に行っても新鮮な気分でしたけどね。
そんな中で、たまたま心に残っていた神戸の式場で、
知っている人たちが結婚式を挙げるなんて、なんだかとても縁を感じました。

とても素敵な式だったようで、きっと素晴らしい夫婦になるに違いないと思っています。
さて私も、来月結婚式に1件招待されています。
これまた大好きな友人同士のお式なので、今からとっても楽しみ。
[PR]
by reiko-204 | 2013-12-08 11:15 | 日常 | Comments(0)

ギリシャ旅行記 Day-6

2013年10月23日(木)

6日目。

今日は日帰りでメテオラへ行く日。
メテオラへはだいたいアテネから1泊2日で行くのが妥当のようで、
アテネ発着のツアーは全てこのパターン。
ただ、私たちの旅のスケジュール的に、1泊2日でメテオラに行ってしまったら
アテネ滞在時間が半日のみになってしまってまともな観光ができない。
でもメテオラは行ってみたい。
ということで、日帰り強行軍で行くことにしました。

アテネからメテオラまでは電車かバス。
バスだと乗り継がなければいけないので、電車をチョイス。
電車は1日に数本しかないので、朝一の8:27ラリッサ駅発に乗る必要がありました。
というわけでこの日は6時起き、ホテルのダイニングが開くのと同時に急いで朝ごはんを食べて、8時前にはラリッサ駅に着きました。

無事に乗車、予定では13:18にカランバカ駅着予定。
車内はまあふつうでこんな感じ。
料金は片道一人29.30ユーロでした。
c0066171_19172851.jpg


予定時間を大幅に過ぎても目的駅へ到着しなかったのでかなり焦りましたが、
なんとか14時過ぎに到着。
・・・って遅れすぎ!

メテオラとは、ギリシャ中部のテッサリア平原に突如現れる奇岩石群のこと。
これらの奇岩石は20〜400mに及び、その上には修道院が建ち、
今も修道士たちが共同生活を送っています。
世界遺産(複合遺産)にも登録されている場所です。

メテオラへの拠点はカランバカという町。
とても小さな町で、駅から徒歩5分くらいで町の中心へ着きます。
駅から町の中心へむかっているところ。
c0066171_1919630.jpg


ここからメテオラに行くには、広場にある旅行会社のツアーに参加するか、
タクシーに乗るしかありません。
私たちは時間が限られているのでタクシーをチョイス。
近くにあるタクシー乗り場で、1時間20ユーロで貸切運転してくれることになりました。
(人数に関係なく、1時間20ユーロが相場のようです。)

最盛期には24もの修道院があったようですが、現在人が生活しているのは6つの修道院のみ。
限られた時間で全ての修道院を回ることはできないので、
今回はそのうちの下記2つに連れて行ってもらいました。
・Megalo Meteoro(メガロ・メテオロン修道院)
・Agia Triada(アギア・トリアダ修道院)

まずはメガロメテオロンへ。
あんな上に修道院があります!
c0066171_19214328.jpg

高さは613m。
手前の駐車場で降ろしてもらったあとは、もちろん歩いて登ります。
これがなかなか大変!
息切れしながら階段を登りました。

修道院に到着したら、入場料を支払います。
パンツスタイルの女性は、ここで腰に巻く布を借り、
修道院内ではずっと巻いておく必要があるそうです。
(私はなんとなく他の人が使った布を見に纏うのが嫌だったので
あらかじめスカート着用で行きました。)

修道院内では、博物館や教会内部を自由に見学できました。
観光客もちらほらといる程度で、非常に静かな空間でした。
修道院内部。
c0066171_1923570.jpg
c0066171_19362582.jpg


庭からの景色。他の修道院がいかに高い岩の上に建っているのかがよくわかります。
c0066171_19285824.jpg


あまりゆっくりもしていられないので、来た道を引き返して再びタクシーへ。

次の修道院、Agia Triadaへ、
ここは高さ565mの岩の上に立っており、ここへももちろん徒歩で登ります。
修道院内部は先ほど同じような感じ。
c0066171_19393567.jpg



ここもやはり景色がすごい。
c0066171_19402262.jpg

どうしてこんな高い不便なところにわざわざ修道院を建てたのか...
そう考えると非常に面白い。
外部からの侵入を防ぐためとか、
なるべく神に近いところで生活するためとか
諸説あるらしいですが、本当のところはどうなんでしょうね。

タクシーの運転手さんはとても世話好きなおじさんで、
片言の英語でいろいろとガイドしてくれました。
最初にお願いした2つの修道院以外にも、
その道すがらの絶景スポットや撮影スポットで自ら車を止めて、
さらにカメラマンに徹して写真を撮ってくれるという・・・。
最後はきちんと電車の時間に間に合うように駅前まで送ってくれて、
本当にいい人でした。

駅近くの軽食を買える店でギロピタと飲み物を買い、
17:35カランバカ駅発、アテネ行の電車に無事乗り込み、
車内でギロピタの昼食兼夕食を取り、
予定より1時間遅れて23:10分、無事にアテネのラリッサ駅に到着しました。
c0066171_19324548.jpgc0066171_19331698.jpg


メテオラ観光には1泊2日必須、とどのガイドブックにも書いてあるけれど、
個人的には日帰りで十分と思いました。
正直なところ、修道院内部よりはそこに至るまでのその道そのものの方が印象深かったし、
修道院は2つしか見学できなかったけれど、
メテオラの雰囲気を味わうにはこれくらいが十分かなというのが感想です。

というわけで6日目終了。
[PR]
by reiko-204 | 2013-12-05 19:33 | 旅-2013 ギリシャ | Comments(0)

ギリシャ旅行記 Day-5

2013年10月22日(水)

5日目

今日でサントリー二とはお別れ。
最後にあの綺麗な景色を見納めたくて、朝食前に街へゴー!

7時台。
さすがにまだ観光客はいません。
家仕事をする地元の人たちがチラホラいるくらい。
朝の清々しい空気を吸って、イアの街を歩ける贅沢さ。
本当に幸せ。
c0066171_10181578.jpgc0066171_10184454.jpgc0066171_10191656.jpg


さて8:15、ダイニングのオープン時間ぴったりに行って最後の朝食。
(このヴィラ、とても居心地がいいのですが、朝食時間が遅いのだけがちょっと残念でした。)

9時過ぎ、チェックアウト。
ヴィラの方にあらかじめ手配していただいたタクシーにてサントリー二空港へ。
来た時と同じ運ちゃんでした(^^)

サントリー二空港は非常に小さい空港で、航空会社もオリンピックとエーゲ航空の2社しか乗り入れしていません。
日本の地方都市の空港よりも小さい空港でした。
あっという間に手続きが終わり、フライトまで小一時間、時間を潰す場所もないのでひたすらベンチでガイドブックを読みながら待機。
c0066171_10204592.jpg


約50分のフライトでアテネ到着。
X95のバスでシンタグマ広場へ。
と思ったら、この日は国会議事堂前でデモがあり、
周辺の道路が閉鎖されていたため、全然違うところで降ろされました。
警察官に道を聞いたらとても丁寧に教えてくれたので、無事ホテルに到着しましたが、
後から地図を確認してみると電車2駅分くらい歩いてました。。

アテネでのホテルはElectra Hotel。
シンタグマ広場から徒歩2分、目抜き通りのエルムー通り沿いという非常に便利な場所にありました。
ホテルの人も親切で、こじんまりとしているけれど上品な雰囲気のとてもいいホテルでした。

チェックイン後、まずは腹ごなし。
ホテル目の前のPita Panというファーストフード店でギリシャ名物ギロピタ。
美味しい!ボリューム満点!
c0066171_10225516.jpg


その後、明日メテオラ行きの電車の切符を買うためと駅の下見を兼ねて、ラリッサ駅へ。
無事に切符を購入し、電車でコロナキ地区まで戻って街をブラブラ。
ガイドブックによると、アテネ随一のブランド街とあるけど
車の交通量が非常に多くて、ゆったり優雅に買い物できるような雰囲気ではなかったかな。
店の数も少なかったし。
でも古い建物があって、景色はとても良かった。
c0066171_10241762.jpg


カフェで休憩したり、
アテネ唯一のデパート、Attikaに行ったり、
ギリシャといえばのマスティハショップに行ったりしているうちに20時頃に。
c0066171_10253485.jpg


あまりにも疲れていたので、プラカ地区にあるByzantinoというお店へ。
(ガイドブックに日本語メニューありと書いてあった)

各国語メニューが揃っている観光客メインのタベルナでしたが、
ご飯もそれなりに美味しかったです。
旦那さんはビールを、私は念願のRESTINAというギリシャ白ワインのハーフボトルを飲みながら、
この日はポークスブラキ(肉を串に刺して炭火で焼いたもの)をいただきました。
c0066171_1025473.jpgc0066171_10253559.jpg


5日目終了。
[PR]
by reiko-204 | 2013-12-01 10:28 | 旅-2013 ギリシャ | Comments(2)