<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フィギュアNHK杯

昨日は今季初めて、フィギュアスケートをオンタイムで見れました!
そろそろ夕飯の準備をしないとなーと思っていたら、大さんから飲み会が入ったとのメールが。
ラッキー!ご飯作らなくていい!(←ダメ嫁)、しかもフィギュア見れる!とひとりでテンションアップ。
ざっと家の中を片付け、いそいそと残り物をお皿に盛り、
お気に入りのワイングラスとボトルを持ってテレビ前のテーブルでスタンバイ!
そして19時半からワインを飲みながらフィギュアNHK杯観戦。
は〜至福の時間でした。

今回はNHKでの放映でしたが、やっぱりカメラの羽入君目線が気になりました。
直前の6分間練習でも無良選手そっちのけで羽入君を追いかけてたもんな〜。
中国大会のアクシデント後でもあるし、羽生君の調子が気になるのは当然だけど、
それにしても無良選手も同じ場にいるのにって思わずにはおれなかったなー。
真央ちゃんの時も思ったけど、ひとりの選手に入れ込みすぎる報道の仕方は
改善して欲しいなあなんて思ったり。

羽生くんはまだちょっと調子が悪いのか、ジャンプミスが目立ってましたね。
でもきっと今頃はメラメラと燃えていて、今日の夜のフリーでは挽回して来る気がするなー。
無良選手は素晴らしかったですね!
堂々とした滑り、ジャンプ、惚れ惚れしました。
私はああいう男の色気がプンプンする滑りをする人が好きだなー。
羽生君も町田くんも小塚君も好きだけど、
羽生君=華奢、
町田君=繊細、
小塚君=綺麗すぎる、
というイメージがあって。
対して、高橋大輔選手や無良君は男っぽいけど色気がある滑りをする気がします。
今晩はいよいよ羽生君と無良君のオペラ座対決!
楽しみすぎるー!
村上佳菜子ちゃんもファントムだしもう楽しみです。
オンタイムで見れるかなー。見たいなー。
[PR]
by reiko-204 | 2014-11-29 14:30 | 日常 | Comments(0)

Woman on the Planetにハマり中

普段からあまりテレビは見ない方です。
朝晩のニュースとNHKの朝ドラ、大河くらい。
最近はフィギュアスケートや錦織君など見ていて面白いスポーツ番組がたくさんあって、
追うのに忙しい日々です。

それとは別に、数週間前にたまたま見ていたバラエティが面白くて、定期録画を始めました。
日本テレビのWoman on the Planetという番組です。
ちょっと調べてみると、数年前からやっている番組のようです。
が、最近まで全然知りませんでした。

たまたま見た回、というのが、年齢も職業もバラバラの5人の女性が
一台のモーターホームで生活をしながらアメリカを西から東へ向かう、
というシリーズ?の初回でした。
一人の脱落者も出さずに全員で最終目的地のNYまで辿り着けるかを追う、というのが
番組のコンセプトのよう。

番組としては、赤の他人同志の5人が生活を共にすることでぶつかり合う様子などを
伝えたいようで、車の中の様子や5人の会話がメインなんだけど、
私が思わず見入ってしまったのはその合間合間に映るアメリカの色々な地域の景色や、
何でもないローカルフードレストランなどの映像。
アメリカ好きとしてはたまらない映像なのです!
特定の地域のみならず次々と変わっていく景色を見ていると、
アメリカの広大さを改めて感じるし、
本当に色々なカラーの土地があって、見ていて飽きません。
地域限定型ではなく移動型の旅番組ならではのおもしろさ。

数週間前の放映では、歴代大統領の顔が掘られた巨大な岩で有名な
Mount Rushmore国立公園が出てきました。
いつか行ってみたいと思いつつ、まだ行けていない場所の一つです。
いいな〜行きたいなーと言いつつテレビ鑑賞。
そして先週の放映分は、なんとコロラド州デンバーでした!
かれこれ15年前に短期留学していた懐かしの場所です。
デンバーのダウンタウンは本当に小さいこじんまりとした町なので、
テレビに映る景色の大体が、あ!あそこだ!とわかってしまうほど。
本当に懐かしかったです。デンバーにもまた行きたいなあ〜。

そしてこの番組に惹かれるもう一つの理由。
それは、私自身似たような旅をしたことがあることです。
私の場合は、国籍年齢バラバラの男女混合11人で一台のバンに乗って
アメリカ東海岸を3週間かけて周遊するというものでした。
当然、番組の企画でもなんでもなく、自分でお金を出して参加したレジャーですが、
共同生活をしながらアメリカを移動して観光するというのが当時の旅に酷似していて
なんだか共感してしまったのでした。
私が参加したのはモーターホームではなくただのバンだったので、
車内で寝たり料理したりすることはく、
車は生活の場所といよりは移動手段に過ぎなかったという違いはあるけれど、
知らない者同志が小さな空間に篭って四六時中一緒に過ごすという環境は同じで、
当然今見ているテレビ番組のよう旅行仲間内の衝突あり喧嘩あり恋愛あり・・・と、
当時の自分たちを見ているかのような展開に笑えてきてしまいます。
同じ環境下に置かれると、結局人間は同じような行動を取るのかなーと思ったり。
ちなみに、あれやこれやあった濃い濃い3週間を共に過ごした仲間とは、
全員ではないけれど今でもメールしたり、facebookで見つけたり見つけられたりと
繋がって面白いです。

そんなこんなで目の離せないWoman on the Planet、
MCの有吉さんの毒舌つっこみも楽しくてすっかりハマっています。
今週末も楽しみ☆
[PR]
by reiko-204 | 2014-11-20 23:32 | 日常 | Comments(0)

おニューのカトラリーレスト

先日の楽天お買い物マラソンでは、珍しく6店舗もお買い物をしました。
いつも参加しても2店舗3店舗なので、
6店いくのは私としては珍しい!
もちろん完走などしたことはありません。。
日用品が切れそうだったり、買いたい本があったりと、
買ったものは本当に細々したものばかりなんですけどね。

そんな中で唯一テンションが上がるお買い物だったのが、
中川政七商店のカトラリーレストでした。
特別カトラリーレストを探していたわけではないのですが、
なんとなくブラブラと楽天内を徘徊していたら見つけてしまって一目惚れ!

元々、カレーとかパスタを食べる時のカトラリーレストが欲しいなあとは思っていたのです。
お箸とスプーンとか、フォーク+ナイフ+お箸など、
複数のカトラリーを乗せられる大きめのものを探していました。
今唯一持っているのは、独身時代に買ったコレ↓
c0066171_15412449.jpg


ダックスフンドの可愛らしさにやられて、一人暮らしだったのに4つ購入。
これはこれで今でもとっても気に入っているのですが、
もう少し大人っぽいものも欲しいなあと思っていたのでした。

で、今回たまたま出会ったカトラリーレスト。
綺麗な色味とシンプルな形にハートを射抜かれました。
まさしくそのルックスに一目惚れでしたが、商品説明を読んでみると
波左見焼きで、中川政七商店の商品とのなので品質にも問題がなさそう。
というわけで出会って5分で購入決定です☆
色が10色もあって、全部揃えたい衝動に駆られましたが、
そこはなんとか抑えて、今回は2つのみ購入。
使ってみて不便さを感じなかったらまた買い足せばいいやと思って。
今回選んだのは、薄桃と水浅葱です。
パキッとした濃い色も素敵ですが、
まずは淡い色で揃えてみました。
こちらです。





メール便で届けてもらえるし、とても綺麗に梱包されていたので
割れ物ですが安心して受け取ることが出来ました。

届いたカトラリーレスト
c0066171_1530984.jpg


裏はこんな感じ
c0066171_1531468.jpg



さっそく今週カレーにして使ってみました!
いい感じ〜。
c0066171_1533319.jpg

c0066171_15332938.jpg

c0066171_15335955.jpg


お箸がハゲてきて汚いし、カトラリーレストも置き方が揃ってない。。


大満足のお買い物となりました。
ただ、これが届いた直後に、毎日使っているお気に入りの箸置き(これはお箸しかおけない大きさ)を一つなくしてしまったのです。。
2つしか持ってなかったのでショック!
間違ってゴミ箱にいれちゃったのかなあ。。
お気に入りを失くすと悲しいものです。
今回届いたものも、大事に使おうと思ったのでした。

[PR]
by reiko-204 | 2014-11-15 15:48 | 物-お気に入りのモノ | Comments(0)

フィギュアスケート中国大会を見て思ったことをつらつらと。

グランプリシリーズ中国大会を、ほぼ全て見終わりました。
ニュースなどでも散々羽入君の衝突映像が流れていて、
その時のリンクの雰囲気やその後の彼の演技を
フルで見たくて見たくて仕方がなかったけれど、
やっぱり試合の最初から順を追って見たいので、
月曜からちまちまと細切れで録画映像を鑑賞したのでした。
朝仕事に行く前とか、夕飯準備をする前、それから寝る前、と
隙間時間をフル稼働させてフィギュアを見る日々。
今日ようやく最後までたどりつきました。

・・・が!

羽生君のフリーの演技が終わって、キスアンドクライで点数を待っている時に
映像が途切れました。。
延長分も自動で録画してくれる機能があったはずなのに〜
なんなのー!

というわけで、結局最後のロシア選手の演技だけは見れませんでしたが
まあ概ね観れたのでよし。

それにしてもびっくりするようなアクシデントだったこと、
それを乗り換えて滑り切った両選手の凄さは
私なんかが今さらどうこういうまでもないのですが、
それを中継している人たちのコメントが非常にうるさかったなあと。
特に松岡さん。
感情的になりすぎだし、個人的な意見や感想を言いすぎでは?と
非常に気になりました。
いろいろな思いを持って視聴者は見ているので
現場を伝える人はもっと中立的な立場で冷静に淡々と事実だけを正しく伝えて欲しいものです。
それからテレビカメラ。
しつこく羽生君を追いかけすぎ。
何度もスタッフに注意されているのに構わず羽入君の姿を捉えようとするのはいかがなものかと思わずにいられませんでした。
と、ちょっと不快に思ったので書いてみました。

今回は、村上選手と羽生選手のオペラ座の怪人の演技をとても楽しみにしていました。
村上佳菜子選手の、ショートとフリーでオペラ座の怪人を滑るというのはなるほど!という感じですね。
まさにありそうでなかったアイディアなんでしょうね。
ショートのクリスティーナとは全く違う、フリーの演技、とても良かったな〜。
羽生君の怪人と、無良選手の怪人が全く違って、それも面白い。
個人的には無良選手の怪人の方が好み。
スタイルも良くて、衣装もはまっていて立ち姿はまさに怪人!
衣装もタキシードで、手袋だけ左右で白黒でとってもオシャレ〜と思いました。
もちろん演技も素晴らしかったですよね〜。

それから今回の中国大会で優勝したロシアの女子選手!
名前長くて覚えられない、、、
あの選手の演技がすごく好き!
ショートのボレロも良かったけど、フリーが特に好きかも。
妖艶、艶やか、という言葉がぴったりで、香り立つような色気に引き込まれました。
体は小さいのに、あの女女女!っていうオーラはどこから湧いてくるものか。
あれでまだ17歳なんて末恐ろしいわー。
演技中もずっと笑顔で、それもよかったな。

と、思いの丈を語ってみました。
フィギュア、おもしろいな〜。
[PR]
by reiko-204 | 2014-11-12 23:08 | 日常 | Comments(0)

黒部峡谷と初お弁当作り

秋真っ盛り。
いつまでいられるかわからないこの地を堪能しようと、
週末ごとにプチ旅行しています。

昨日は初めての黒部峡谷へ。
紅葉は見頃を少し過ぎた感じでしたが、まだまだ楽しむことが出来ました。
先週末降り続いた雨で、もうかなり葉が落ちてしまっていたのだけど、
歩道が落ち葉の絨毯のようになっていて、とっても風情がありました。
朝6時に起きて宇奈月へ向かい、トロッコに乗って欅平へ。
欅平には夕方近くまで滞在し、秋の黒部を堪能してきました。

黒部峡谷は、立山連峰と後立山連峰の間の日本一深いV字谷で
河床との高低差が2000mに及ぶところもあるのだとか。
ガイドブックを読むとなんとなく理解できた気分になるけれど、
実際にその地に降り立ってみて、想像よりはるかに凄いんだということを体感しました。
トロッコ電車からの景色も素晴らしかった〜!
また来年もぜひ行きたい場所になりました☆


トロッコの車窓から
c0066171_2355754.jpg


猿飛峡
c0066171_23565770.jpg


祖母谷地獄
c0066171_23592123.jpg



***

今回は、大さんの強い希望によりお弁当を作って持って行きました。
先月行楽地に行った時に、自然の中でお弁当を広げて食べている人たちが沢山いて
羨ましかったのだとか。
が、わたくしお弁当なんて作ったことがなく。。
自分用のお昼に、お弁当箱にご飯と余り物を詰める程度のお弁当はたまに作りますが、
いわゆる行楽地で食べるピクニック弁当とでも言うべき物は経験が無く、
正直めんどくさ〜と思ったことは確か。。
が、あまりにもベントーベントーとうるさいので、仕方なく頑張って作ることに。
とはいっても当日は朝早いので、前日仕事が終わってから夜にちゃっちゃと。
時間も食材もあまり無く、手軽に済ませたのだけど、
思ってたよりずっと時間がかかりました。

そんな手抜き弁当↓
c0066171_005493.jpg


彩りもいまいちで野菜もほとんど無いお弁当でしたが、
大さんは喜んで食べてくれたのでまずは一安心でした。

初お弁当作りを通して強く思ったのが、母の凄さでした。
子供の頃、よく家族で行ったピクニックや動物園、それから学校での運動会、
それらの時はいつも母がお弁当を作ってくれていました。
レジャーシートの上に広がった、お重に入ったお弁当に
いつもワクワクしていたのを思い出します。
なかでも強く印象に残っているのが、卵の薄焼きでくるまれたおむすび。
あの優しい黄色い卵にくるまったおむすびが大好きで、
よく弟や妹ととりあって食べたな〜と。
おかずを数種類用意するだけでも大変なのに、
おむすびをくるむためだけに卵焼きとは別に薄焼き卵を作るなんて
そんな面倒なことを母は毎回やってたんだと思うともう脱帽。
それも、私を筆頭に3人のうるさい子供たちの面倒を見ながら、
出かける日の朝に作ってたなんて。。。
おかあさん、すごい!
改めて思う母の偉大さなのでした。

今度会ったら感謝しよう〜。

私もいつか母のお弁当のように、美味しくて綺麗なお弁当を作りたいなーと思った、
黒部峡谷へのプチ旅行だったのでした。
[PR]
by reiko-204 | 2014-11-10 00:02 | 日常 | Comments(2)