「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

思い入れのある靴を思い切って断捨離

少し前に、下の3足を断捨離しました。
c0066171_23241227.jpg

うち2足は、思い入れがあってなかなか捨てられなかったのだけど、
思い切って・・・えいっ!
そんなわけで今日は靴の思い出を。

まずは左のブーツ。
これは2012年秋にNYに行ったときに、
Upper WestのDSW(靴のアウトレットストア)で買ったもの。
ちょっと安っぽいけど、ワンシーズン楽しむにはいんじゃない?と
お買い上げしたのでした。
確かものすごく安かったのです。$39くらいだったと思う。
ちょうど、その旅行中に履いていたブーツ(ヒールのないウォーキングブーツのようなもの)
がかなり草臥れてきていたのと、
購入したブーツを入れるスペースがスーツケースに無かったことから、
履いてきたブーツを宿に置いて(捨てて)、
おニューブーツを履いて帰ることにしたのでした。
飛行機の中ではブーツは脱いでスリッパで過ごすので、
日本到着時に足が浮腫んで入るのかという心配もあったけど、
持ち帰るのを避けたかったのです。
(ほかにいろいろ買い込んで大荷物だったので。いつものことだけど。)

結局、浮腫んだ足は入ったのだけど、別の問題が浮上しました。
靴底が固すぎて少し歩くだけで足が痛くなる、ということ。
やっぱり安物は安物だけあって、
ソール部分のクッション性とか快適性は全く考えられていないので、
足の裏がとにかく痛い。
おまけに結構厚底で歩きづらい。
そんなわけで、結局このブーツはNY→成田の1日と、
東京に1泊して、翌日当時の自宅@兵庫県に帰った日1日の
計2日履いた後は、ずーっと靴箱の中で眠っていました。

それから3年半。
一度も履くことのないまま靴箱の中でかなりのスペースを占めていたこのブーツが
とうとう断捨離対象に・・・。
歩くと足が痛くなるけど、
履くと足がちょっと細く見える気がして(自分比)気に入っていただけに、
2回しか履いていないとはいえど手放すのはかなり惜しかったのです。
でも今後も履く予定のない靴に、
貴重な靴箱スペースを占領されるのはやっぱり勿体ないよねってことで
とうとうお別れすることに。
さよ~なら~。
c0066171_233068.jpg


上は貴重な着画写真@2012年秋NY旅行最終日。
この時にはまだこの後足の裏が痛くてたまらなくなることを知らないのであった・・・。


次に右の赤いサンダル。
こちらもNYで買ったものなのです。
NYから連れ帰ってきたものだから手放すのが辛かったのかな?
こちらも忘れはしない2004年夏、Woodbury Common Premium Outlet内の
Ann Taylor Loftで買ったもの。
当時3か月間の出張でNY滞在していたのですが、たしかその滞在の最初の頃に購入し、
その後買ったばかりのこのサンダルを履いてご機嫌で出勤していたのでした。
旅行ではない、「NYに住んでいる」時に(たった3か月だけど・・・)、
愛用していたサンダルということで、とーっても思い入れがあるのです。
赤っていうのも、私にしては珍しく、愛着がある理由の一つ。
ラブリーな感じだけど、サンダルで面積が少ないからか
そこまでフリフリして見えない感じも気に入っていました。

これはもちろん当時のNY滞在中のみならず、その後もよく履いていたのですが
履きすぎてサンダルの内側の布地がぼろぼろと剥がれてきてしまい、
ちょっとみっともないので今回お別れすることにしました。
履いていればわからないのだけど、脱ぐとすぐわかるので、
人の家に行ったりしたときに恥ずかしいな、と。
こちらもひじょーに名残惜しかったのですが、
ブーツと違ってよく履いたし、なにより買ってからもう12年も経っているので、
ここらでお別れするのが妥当かな、と無理やり自分を納得させたのでした。

真ん中のサンダルは日本のマルイで買ったもの。
こちらも2006年あたりに買ったかな?私、物持ちいいなー。
こちらはすごく履きやすくて足も痛くならないのでよく履いていましたが、
やはり草臥れ加減が半端ないので手放すことに。
こちらは特に思い入れがあるわけではないけれど、
履きやすい靴を手放すのはやっぱり躊躇しました。

そんなわけで一気に3足断捨離!
お気に入りの靴を手放して悲しかったけれど、
こうして思い出を文章に起こしてみたらちょっとスッキリしました。
3足手放した分、また素敵な靴に巡り合えますように。
[PR]
by reiko-204 | 2016-06-04 23:31 | 日常 | Comments(0)

最近ハマっている外朝ご飯

普段、平日は朝5時半に起きています。
しっかりと朝食を食べ、6:55に家を出て職場の最寄り駅に着くのが8:10。
その後、始業時間まで喫茶店でコーヒーを飲みながら読書してまったり過ごすというのが
ここ半年ほどの私の平日です。

しかし。
最近、朝起きられなくなってきました。
目覚ましが鳴っても、もうちょっと寝たい・・・とグズグズしているうちに6時を過ぎて
慌てて起きだすという日が多々。
寝坊すると、朝ご飯の支度→食事→片付けの時間を削るしかないので、
結果的に朝食抜きで、でもいつも通り7時前に家を出ます。
これ以上遅くなると電車がさらに混みだし、
息も絶え絶えになってしまうので(押されて)。
まあ今でも座れることはほぼなく、約1時間立ちっぱなしですが・・・
(1か月に2回くらいは運よく座れます。座れたら迷わず眠りの途へ。)
そんなわけで、出発時間を遅くする選択肢は無し。

そんな寝坊した日は、朝のコーヒータイムを朝食タイムにチェンジ。
朝食抜きというのがどうにも耐えられない性分なので、朝ご飯はどうやっても食べます。
幸い、駅周辺には朝から開いているお店がたくさんあるので、
色々行ってみて楽しんでいるのですが、最近のお気に入りはPRONTO。
ここの朝食時間限定の「ハムチーズトーストセット」に最近ハマっております。

結構しっかり量のあるサラダ、ゆで卵(またはヨーグルト)、
ハムチーズトーストとドリンクで450円。
だいたい飲み物と炭水化物のみ、という朝食メニューを出すファストフード店が多い中で、
ちゃんと野菜とタンパク質が摂れるところが素晴らしいと思いませんか?
以前はこのお店のトーストセットを頼んでいたのですが
(その場合はシンプルなトーストとマーガリン、サラダ・卵は同じ)、
ある時ハムチーズトーストにしてみたらこれがとっても美味しくて!
で、最近はもっぱらコレ。
パンにちょっとマヨネーズを塗ってから、ハムとチーズを乗せて焼いている模様。
トロっとトロケるチーズとマヨのハーモニーがなんとも言えません~。
c0066171_2311335.jpg


そんなわけで、寝坊をしても「しまった!」と思うどころか、
「あ、じゃあアレが食べられる~♪」とウキウキする始末。
我ながら食い意地が張ってるなあ。。
他店よりは栄養バランスが取れているとはいえ、
家食の方がいいに決まっているので(ちなみに家では平日は和食派)、
寝坊をしない工夫をしなければ、と思いつつも、
今日も朝プロントを堪能してきたダメツマです。
(そんな日は夫は会社のデスクでウィダーインゼリーをチューっとしているらしい・・・。ごめんよー!)

=====
昨日の夜ご飯
c0066171_23122936.jpg

・麻婆茄子
・もやしナムル
・しめじの南蛮漬け
・キャベツのお味噌汁
・ご飯
[PR]
by reiko-204 | 2016-06-02 23:12 | 食-おそとごはん | Comments(0)