「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Kinky Boots(来日公演)

舞台:Kinky Boots(来日公演) / 通算2回目
日時:10/28/16 Fri, 13:00~
場所:東急シアターオーブ
席 :S席2階1列目26番 ¥13,000-

キャスト:
Charlie Price: Adam Kaplan
Lola / Simon: J.Harrison Ghee
Lauren: Tiffany Engen
Nicola: Charissa Hogeland
Harry: Josh Tolle
Mr.Price: Tom Souhrada
Simon Sr.:David Jennings
Don: Aaron Walpole
George: Jin J. Bullock
Pat: Madge Dietrich
Trish: Tami Dahbura
Richard Bailey: Ciaran McCarthy
Milan Stage Manager: Annie Edgerton
Young Charlie: Collin Jeffery
Young Simon: Jhazz Fleming

来日公演中のKinky Bootsを観てきました。
3年前のNY旅行時に現地で観たときに、とても感動したこの作品。
日本公演があると知って、気になりつつも、前回の観劇が素晴らしかっただけに、
今回日本公演を観ることでその時の感動が色褪せはしないか、
思い出は綺麗なままとっておいたほうがいいのではないか、
などと色々考えてしまいチケットは買わずにいました。
なんといっても前回はTONY賞のBest Musicalを獲ってノリにノッている時期に
original castsで観たので、
必然的にツアーカンパニーの質は落ちるだろうなあと思っていたのです。

でも。
観に行った友人の感想などを聞いているうちに、やっぱり観たい!との思いが強くなって、
ちょうど1週間前にチケットを購入したのでした。
そんな直前購入にも関わらず、2階席1列目のほぼ中央席が取れて、ラッキー!
(・・・というか売れてない?大丈夫?)

実際に観に行って、そんな杞憂はどこへやら、大感動してしまいました。
ローラ(主役のドラッグクイーン)がすごい!
ものすごく長身で、迫力があり、声もかなり低音がきいていて圧倒されました。
一見、着飾った女装人たちが歌い踊る舞台に見えるかもしれないけれど、
その奥に込められた各登場人物の思いや、作品自体のメッセージ性を理解すれば
どんなシーンにも意味があるんだなということがひしひしと伝わってきて、
素直にああ素敵な作品だなあと改めて感じることが出来ました。
ノリのいい楽曲は聞いていて心地よく、
舞台である靴工場で繰り広げられるベルトコンベアを使ったダンスなどは目で見て楽しく、
そして高いピンヒールを履きながら堂々と踊るドラッグクイーン達のダンスは圧巻です。
本当に行って良かった。

実は・・・
最後の曲、Raise you up/Just Beの時に、突如ポロポロと涙が・・・。
作品に感動したというよりは、
こんなに素晴らしい作品を今日日本で観ることが出来てなんて幸せなんだろう、という思いが
涙になって出てきたものと思われます。
最近涙もろくなってイヤだわー。

と、作品そのものには非常に満足でしたが、
会場が広すぎて2階席がガラガラだったのが本当に残念でした。
こんなに素敵な作品なのに~と思ってしまう。
制作側がもっとうまく宣伝できないものかねと思ってしまう。
そして、2階席1列目なのに、
舞台上の俳優さんの表情がほとんど読めないほど舞台から遠かったのも残念。
もうちょっと1階席に迫り出して客席を作ってくれればいいのに・・・。
と、思うところありつつも、大満足で帰途についたのでした。
[PR]
by reiko-204 | 2016-10-30 16:24 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

blast! The music of Disney

舞台:blast! The music of Disney (来日公演)/通算7回目
日時:8/30/16 Tue, 19:00~
場所:東京国際フォーラム ホールC
席 :S席1階12列目32番 ¥11,500-

Set list:
・Be our Guest (「美女と野獣」より)
・Circle of Life(「ライオンキング」より)
・Under the Sea(「リトルマーメイド」より)
・When You Wish Upon a Star((ピノキオ」より)
・A Dream is a wish your heats makes(「シンデレラ」より)
・Bibbidi Bobbidi Boo(「シンデレラ」より)
・Let it go (「アナと雪の女王」より)
・I Wanna Be Like You(「ジャングルブック」より)
・Reflection(「ムーラン」より)
・The Sorcerer’s Apprentice(「ファンタジア」より)
・Rhapsody in Blue(「ファンタジア」より)
・Night on Bald Mountain(「ファンタジア」より)
※順不同、パンフレットを購入しなかったため、公式サイトより引用
[PR]
by reiko-204 | 2016-10-29 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

水棲のアリア

舞台:水棲のアリア
日時:6/3/16 Fri, 19:30~
場所:阿佐ヶ谷アートスペース・プロット
席 :フリー

友人出演の舞台。
お話はとても難しかったのだけど、いつもと違う友人の一面が見れて満足な夜でした。
[PR]
by reiko-204 | 2016-10-28 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

2016グランプリシリーズ 第1戦アメリカ大会

今年も始まりました、フィギュアスケートのグランプリシリーズ!
またまたテレビ観戦に忙しい毎日になりそうです。

今年のアメリカ大会は、男子が圧巻でした。
宇野君!すごかった~。
たった1年で随分大人になりましたね。
滑っているときは真剣そのもの、きりっとした顔で、
滑る前や滑った後は穏やかな優しい顔をしているのが印象的な宇野君。
演技も見事でした。
彼は柔軟性があるのか、足首がしっかりしているのか、
バランスを崩したように見えても足首をキュッと締めて
必ず体勢を元に戻しているように私には見えます。
他の選手にはなかなか見られない気がするな~。

ジェイソン・ブラウン選手の演技もとってもきれいでした。
滑らかで、優しい滑り。
音楽にものすごく上手に乗って、のびのびと滑っているのが、見ているこちらにも心地よかったです。

あとロシアのボロノフ選手の滑りも良かったな~。
流れるようなスケーティングで、美しい。

女子は、真央ちゃんが残念な結果でしたが、
でも演技はとても素晴らしいと思いました。
点数が伸びなかったのはなぜだろう。
次に期待したいところ。

優勝したワグナー選手はとにかく迫力がありました。
特にショートがすごかったな。
迫力満点、自信満々に見えました。

以上、簡単に感想を。
[PR]
by reiko-204 | 2016-10-25 19:30 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

久々のブログ

気付けば最後の記事から4か月以上も経っておりました。
特に忙しかったわけでもないのですが、
一度ブログから離れるともうその存在自体忘れてしまうという私の悪い癖が・・・。
このブログは自分の備忘録も兼ねているので、出来るだけ日々のことを綴りたいのですが
なかなかうまくいきません。

この4か月のことをざっとメモ。

6月:実家に帰省&淡路島・徳島旅行
7月:暑くて体調を崩し、会社⇔家の往復以外は引きこもりの毎日
8月:高校野球とオリンピック観戦で忙しくて、またまた引きこもりの毎日
9月:実家に帰省
10月:夏休みで北海道へ

こんな感じで過ごしておりました。
10月ももう後半。
あっという間に年の瀬を迎えそうですが、
また少しづつ日々のことを綴っていきたいと思います。
[PR]
by reiko-204 | 2016-10-25 19:00 | 日常 | Comments(0)