「ほっ」と。キャンペーン

Kinky Boots(来日公演)

舞台:Kinky Boots(来日公演) / 通算2回目
日時:10/28/16 Fri, 13:00~
場所:東急シアターオーブ
席 :S席2階1列目26番 ¥13,000-

キャスト:
Charlie Price: Adam Kaplan
Lola / Simon: J.Harrison Ghee
Lauren: Tiffany Engen
Nicola: Charissa Hogeland
Harry: Josh Tolle
Mr.Price: Tom Souhrada
Simon Sr.:David Jennings
Don: Aaron Walpole
George: Jin J. Bullock
Pat: Madge Dietrich
Trish: Tami Dahbura
Richard Bailey: Ciaran McCarthy
Milan Stage Manager: Annie Edgerton
Young Charlie: Collin Jeffery
Young Simon: Jhazz Fleming

来日公演中のKinky Bootsを観てきました。
3年前のNY旅行時に現地で観たときに、とても感動したこの作品。
日本公演があると知って、気になりつつも、前回の観劇が素晴らしかっただけに、
今回日本公演を観ることでその時の感動が色褪せはしないか、
思い出は綺麗なままとっておいたほうがいいのではないか、
などと色々考えてしまいチケットは買わずにいました。
なんといっても前回はTONY賞のBest Musicalを獲ってノリにノッている時期に
original castsで観たので、
必然的にツアーカンパニーの質は落ちるだろうなあと思っていたのです。

でも。
観に行った友人の感想などを聞いているうちに、やっぱり観たい!との思いが強くなって、
ちょうど1週間前にチケットを購入したのでした。
そんな直前購入にも関わらず、2階席1列目のほぼ中央席が取れて、ラッキー!
(・・・というか売れてない?大丈夫?)

実際に観に行って、そんな杞憂はどこへやら、大感動してしまいました。
ローラ(主役のドラッグクイーン)がすごい!
ものすごく長身で、迫力があり、声もかなり低音がきいていて圧倒されました。
一見、着飾った女装人たちが歌い踊る舞台に見えるかもしれないけれど、
その奥に込められた各登場人物の思いや、作品自体のメッセージ性を理解すれば
どんなシーンにも意味があるんだなということがひしひしと伝わってきて、
素直にああ素敵な作品だなあと改めて感じることが出来ました。
ノリのいい楽曲は聞いていて心地よく、
舞台である靴工場で繰り広げられるベルトコンベアを使ったダンスなどは目で見て楽しく、
そして高いピンヒールを履きながら堂々と踊るドラッグクイーン達のダンスは圧巻です。
本当に行って良かった。

実は・・・
最後の曲、Raise you up/Just Beの時に、突如ポロポロと涙が・・・。
作品に感動したというよりは、
こんなに素晴らしい作品を今日日本で観ることが出来てなんて幸せなんだろう、という思いが
涙になって出てきたものと思われます。
最近涙もろくなってイヤだわー。

と、作品そのものには非常に満足でしたが、
会場が広すぎて2階席がガラガラだったのが本当に残念でした。
こんなに素敵な作品なのに~と思ってしまう。
制作側がもっとうまく宣伝できないものかねと思ってしまう。
そして、2階席1列目なのに、
舞台上の俳優さんの表情がほとんど読めないほど舞台から遠かったのも残念。
もうちょっと1階席に迫り出して客席を作ってくれればいいのに・・・。
と、思うところありつつも、大満足で帰途についたのでした。
[PR]
# by reiko-204 | 2016-10-30 16:24 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

blast! The music of Disney

舞台:blast! The music of Disney (来日公演)/通算7回目
日時:8/30/16 Tue, 19:00~
場所:東京国際フォーラム ホールC
席 :S席1階12列目32番 ¥11,500-

Set list:
・Be our Guest (「美女と野獣」より)
・Circle of Life(「ライオンキング」より)
・Under the Sea(「リトルマーメイド」より)
・When You Wish Upon a Star((ピノキオ」より)
・A Dream is a wish your heats makes(「シンデレラ」より)
・Bibbidi Bobbidi Boo(「シンデレラ」より)
・Let it go (「アナと雪の女王」より)
・I Wanna Be Like You(「ジャングルブック」より)
・Reflection(「ムーラン」より)
・The Sorcerer’s Apprentice(「ファンタジア」より)
・Rhapsody in Blue(「ファンタジア」より)
・Night on Bald Mountain(「ファンタジア」より)
※順不同、パンフレットを購入しなかったため、公式サイトより引用
[PR]
# by reiko-204 | 2016-10-29 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

水棲のアリア

舞台:水棲のアリア
日時:6/3/16 Fri, 19:30~
場所:阿佐ヶ谷アートスペース・プロット
席 :フリー

友人出演の舞台。
お話はとても難しかったのだけど、いつもと違う友人の一面が見れて満足な夜でした。
[PR]
# by reiko-204 | 2016-10-28 00:00 | 観-舞台観劇記2 | Comments(0)

2016グランプリシリーズ 第1戦アメリカ大会

今年も始まりました、フィギュアスケートのグランプリシリーズ!
またまたテレビ観戦に忙しい毎日になりそうです。

今年のアメリカ大会は、男子が圧巻でした。
宇野君!すごかった~。
たった1年で随分大人になりましたね。
滑っているときは真剣そのもの、きりっとした顔で、
滑る前や滑った後は穏やかな優しい顔をしているのが印象的な宇野君。
演技も見事でした。
彼は柔軟性があるのか、足首がしっかりしているのか、
バランスを崩したように見えても足首をキュッと締めて
必ず体勢を元に戻しているように私には見えます。
他の選手にはなかなか見られない気がするな~。

ジェイソン・ブラウン選手の演技もとってもきれいでした。
滑らかで、優しい滑り。
音楽にものすごく上手に乗って、のびのびと滑っているのが、見ているこちらにも心地よかったです。

あとロシアのボロノフ選手の滑りも良かったな~。
流れるようなスケーティングで、美しい。

女子は、真央ちゃんが残念な結果でしたが、
でも演技はとても素晴らしいと思いました。
点数が伸びなかったのはなぜだろう。
次に期待したいところ。

優勝したワグナー選手はとにかく迫力がありました。
特にショートがすごかったな。
迫力満点、自信満々に見えました。

以上、簡単に感想を。
[PR]
# by reiko-204 | 2016-10-25 19:30 | 観-映画・テレビ記録 | Comments(0)

久々のブログ

気付けば最後の記事から4か月以上も経っておりました。
特に忙しかったわけでもないのですが、
一度ブログから離れるともうその存在自体忘れてしまうという私の悪い癖が・・・。
このブログは自分の備忘録も兼ねているので、出来るだけ日々のことを綴りたいのですが
なかなかうまくいきません。

この4か月のことをざっとメモ。

6月:実家に帰省&淡路島・徳島旅行
7月:暑くて体調を崩し、会社⇔家の往復以外は引きこもりの毎日
8月:高校野球とオリンピック観戦で忙しくて、またまた引きこもりの毎日
9月:実家に帰省
10月:夏休みで北海道へ

こんな感じで過ごしておりました。
10月ももう後半。
あっという間に年の瀬を迎えそうですが、
また少しづつ日々のことを綴っていきたいと思います。
[PR]
# by reiko-204 | 2016-10-25 19:00 | 日常 | Comments(0)

思い入れのある靴を思い切って断捨離

少し前に、下の3足を断捨離しました。
c0066171_23241227.jpg

うち2足は、思い入れがあってなかなか捨てられなかったのだけど、
思い切って・・・えいっ!
そんなわけで今日は靴の思い出を。

まずは左のブーツ。
これは2012年秋にNYに行ったときに、
Upper WestのDSW(靴のアウトレットストア)で買ったもの。
ちょっと安っぽいけど、ワンシーズン楽しむにはいんじゃない?と
お買い上げしたのでした。
確かものすごく安かったのです。$39くらいだったと思う。
ちょうど、その旅行中に履いていたブーツ(ヒールのないウォーキングブーツのようなもの)
がかなり草臥れてきていたのと、
購入したブーツを入れるスペースがスーツケースに無かったことから、
履いてきたブーツを宿に置いて(捨てて)、
おニューブーツを履いて帰ることにしたのでした。
飛行機の中ではブーツは脱いでスリッパで過ごすので、
日本到着時に足が浮腫んで入るのかという心配もあったけど、
持ち帰るのを避けたかったのです。
(ほかにいろいろ買い込んで大荷物だったので。いつものことだけど。)

結局、浮腫んだ足は入ったのだけど、別の問題が浮上しました。
靴底が固すぎて少し歩くだけで足が痛くなる、ということ。
やっぱり安物は安物だけあって、
ソール部分のクッション性とか快適性は全く考えられていないので、
足の裏がとにかく痛い。
おまけに結構厚底で歩きづらい。
そんなわけで、結局このブーツはNY→成田の1日と、
東京に1泊して、翌日当時の自宅@兵庫県に帰った日1日の
計2日履いた後は、ずーっと靴箱の中で眠っていました。

それから3年半。
一度も履くことのないまま靴箱の中でかなりのスペースを占めていたこのブーツが
とうとう断捨離対象に・・・。
歩くと足が痛くなるけど、
履くと足がちょっと細く見える気がして(自分比)気に入っていただけに、
2回しか履いていないとはいえど手放すのはかなり惜しかったのです。
でも今後も履く予定のない靴に、
貴重な靴箱スペースを占領されるのはやっぱり勿体ないよねってことで
とうとうお別れすることに。
さよ~なら~。
c0066171_233068.jpg


上は貴重な着画写真@2012年秋NY旅行最終日。
この時にはまだこの後足の裏が痛くてたまらなくなることを知らないのであった・・・。


次に右の赤いサンダル。
こちらもNYで買ったものなのです。
NYから連れ帰ってきたものだから手放すのが辛かったのかな?
こちらも忘れはしない2004年夏、Woodbury Common Premium Outlet内の
Ann Taylor Loftで買ったもの。
当時3か月間の出張でNY滞在していたのですが、たしかその滞在の最初の頃に購入し、
その後買ったばかりのこのサンダルを履いてご機嫌で出勤していたのでした。
旅行ではない、「NYに住んでいる」時に(たった3か月だけど・・・)、
愛用していたサンダルということで、とーっても思い入れがあるのです。
赤っていうのも、私にしては珍しく、愛着がある理由の一つ。
ラブリーな感じだけど、サンダルで面積が少ないからか
そこまでフリフリして見えない感じも気に入っていました。

これはもちろん当時のNY滞在中のみならず、その後もよく履いていたのですが
履きすぎてサンダルの内側の布地がぼろぼろと剥がれてきてしまい、
ちょっとみっともないので今回お別れすることにしました。
履いていればわからないのだけど、脱ぐとすぐわかるので、
人の家に行ったりしたときに恥ずかしいな、と。
こちらもひじょーに名残惜しかったのですが、
ブーツと違ってよく履いたし、なにより買ってからもう12年も経っているので、
ここらでお別れするのが妥当かな、と無理やり自分を納得させたのでした。

真ん中のサンダルは日本のマルイで買ったもの。
こちらも2006年あたりに買ったかな?私、物持ちいいなー。
こちらはすごく履きやすくて足も痛くならないのでよく履いていましたが、
やはり草臥れ加減が半端ないので手放すことに。
こちらは特に思い入れがあるわけではないけれど、
履きやすい靴を手放すのはやっぱり躊躇しました。

そんなわけで一気に3足断捨離!
お気に入りの靴を手放して悲しかったけれど、
こうして思い出を文章に起こしてみたらちょっとスッキリしました。
3足手放した分、また素敵な靴に巡り合えますように。
[PR]
# by reiko-204 | 2016-06-04 23:31 | 日常 | Comments(0)

最近ハマっている外朝ご飯

普段、平日は朝5時半に起きています。
しっかりと朝食を食べ、6:55に家を出て職場の最寄り駅に着くのが8:10。
その後、始業時間まで喫茶店でコーヒーを飲みながら読書してまったり過ごすというのが
ここ半年ほどの私の平日です。

しかし。
最近、朝起きられなくなってきました。
目覚ましが鳴っても、もうちょっと寝たい・・・とグズグズしているうちに6時を過ぎて
慌てて起きだすという日が多々。
寝坊すると、朝ご飯の支度→食事→片付けの時間を削るしかないので、
結果的に朝食抜きで、でもいつも通り7時前に家を出ます。
これ以上遅くなると電車がさらに混みだし、
息も絶え絶えになってしまうので(押されて)。
まあ今でも座れることはほぼなく、約1時間立ちっぱなしですが・・・
(1か月に2回くらいは運よく座れます。座れたら迷わず眠りの途へ。)
そんなわけで、出発時間を遅くする選択肢は無し。

そんな寝坊した日は、朝のコーヒータイムを朝食タイムにチェンジ。
朝食抜きというのがどうにも耐えられない性分なので、朝ご飯はどうやっても食べます。
幸い、駅周辺には朝から開いているお店がたくさんあるので、
色々行ってみて楽しんでいるのですが、最近のお気に入りはPRONTO。
ここの朝食時間限定の「ハムチーズトーストセット」に最近ハマっております。

結構しっかり量のあるサラダ、ゆで卵(またはヨーグルト)、
ハムチーズトーストとドリンクで450円。
だいたい飲み物と炭水化物のみ、という朝食メニューを出すファストフード店が多い中で、
ちゃんと野菜とタンパク質が摂れるところが素晴らしいと思いませんか?
以前はこのお店のトーストセットを頼んでいたのですが
(その場合はシンプルなトーストとマーガリン、サラダ・卵は同じ)、
ある時ハムチーズトーストにしてみたらこれがとっても美味しくて!
で、最近はもっぱらコレ。
パンにちょっとマヨネーズを塗ってから、ハムとチーズを乗せて焼いている模様。
トロっとトロケるチーズとマヨのハーモニーがなんとも言えません~。
c0066171_2311335.jpg


そんなわけで、寝坊をしても「しまった!」と思うどころか、
「あ、じゃあアレが食べられる~♪」とウキウキする始末。
我ながら食い意地が張ってるなあ。。
他店よりは栄養バランスが取れているとはいえ、
家食の方がいいに決まっているので(ちなみに家では平日は和食派)、
寝坊をしない工夫をしなければ、と思いつつも、
今日も朝プロントを堪能してきたダメツマです。
(そんな日は夫は会社のデスクでウィダーインゼリーをチューっとしているらしい・・・。ごめんよー!)

=====
昨日の夜ご飯
c0066171_23122936.jpg

・麻婆茄子
・もやしナムル
・しめじの南蛮漬け
・キャベツのお味噌汁
・ご飯
[PR]
# by reiko-204 | 2016-06-02 23:12 | 食-おそとごはん | Comments(0)

Birthday Gift from my hubby

実は今回のお誕生日、食事だけじゃなかったんです♪
図らずも今年はGW中に私の母と妹が来ていたということもあり、
夫は4人分の食事代を負担してくれたので、
私としてはそれで十分というか満足していたのですが、
欲しいもの買ってあげるよと言うので(そしてそんなことは滅多にないので・笑)、
お言葉に甘えてピアスを買ってもらうことにしました。

ピアスにしようというのはすぐに決まったのですが、
これがいい!と以前から狙っていたものがあったわけではなく、
どれがいいかなとデパートのジュエリーコーナーをウロウロしてみるも、
あの雰囲気がとにかく苦手な私。
というのも、ショーケースをちょっと覗いただけで寄ってくる店員さんがとにかく嫌いなのです。
適当に相槌を打ちはしても、話しかけないでオーラを出しているつもりなのに、
お構いなしについてくる店員さん。
そして聞いてもいないのに、商品の説明を始める彼ら。
それが面倒ですぐに退散してしまい、肝心の商品をゆっくり見ることがなかなか叶わず。
私は商品をゆっくり見たいんだー!Leave me alone-!

そんなことを何度か繰り返しつつ、店員さん攻撃を交わしつつ、
ようやく先日コレダ!というピアスに巡り合いました。
淡水パールが縦に並んだリングピアスです。
知らないブランドでしたが、デザインに一目ぼれ。
最近コットンパールが人気で、パールピアスは色々目にしますが、
このデザインはちょっと珍しい。
大き目のフープピアスで中にパールが一粒入っていたり、
三角形の底辺にパールが3つか4つ横並びしているものなどはよく見かけるのですが、
この縦並びバージョンはなかなか見ない気がします。
また、パールのみが並んでいるのではなく、
ちゃんと爪に入っていて並んでいるところがまた珍しく
なんか指輪みたいだな~と思いまして。
という話を夫にしたら、「指輪っていうかなんかの武器みたい」と。
なにはともあれ、指輪武器ピアス?をめでたく買ってもらったのでした☆
写真を撮ってみました↓ちょっとボケてますが・・・
c0066171_17371545.jpgc0066171_17374058.jpg

淡水パールはパワーストーンとしても人気だそうで、
ちょっと調べてみると、
・持つ人が毎日を幸せに過ごせるよう環境を整えてくれる
・ネガティブなエネルギーを祓い、魅力を輝かせてくれる
・災いや事故、トラブルといったことから持ち主を守ってくれ、病気やケガをはらいのける
・身に着けると女性の母性を高め、美しさ、女性らしさを高める効果があるといわれ、
 古くはクレオパトラが美のお守りとして身に着けていた
などなど。

石の力とかパワースポットとか、
どちらかといえばそんなに気にかけないタイプですが、
せっかく聞いた「イイコト」は覚えておこうと思ってメモ。
都合のいい部分だけ吸収するタイプなのです。

そんなわけでお気に入りのピアスがまた増えました。
大切にしよう!

=====
昨日のご飯
c0066171_2372036.jpg

・鯖の味噌煮
・ほうれん草の胡麻和え
・ひじき煮物
・冷ややっこ
・キャベツとワカメのお味噌汁
・雑穀ご飯

すごい量ですが、こちらは夫分。
お魚ラブな彼は、お魚の時は必ず2切れ食べます。
この後ご飯をお代わりして、デザートにプリンを食べてらっしゃいました。
すごい食欲ー!
[PR]
# by reiko-204 | 2016-05-30 20:00 | 日常 | Comments(0)

誕生日とお祝いディナー

先日(といってももう随分前ですが・・・)、また1つ年を取りました。
このブログを始めたのは2005年、当時20代後半だった私も、
いつのまにやらアラフォーといわれる領域に入ってきてしまいました。
当時も、もう20代後半だ~ヤバイーと思っていたけれど、
今思うと、まだまだ若い!全然若い!!(笑)
当時の私にそう言ってあげたいです。

あの時はあの時で色々な悩みがありました。
その悩みが全て解決すればどんなにか幸せだろうと思っていました。
10年経って、その当時の悩みが全て実際に解決された今、
じゃあどれだけ幸せなのかというと・・・
やっぱり悩みだらけの毎日です。
その時には思ってもみなかった悩みが出てくるものですね。

きっとこれからも、新しい、今は思いつきもしない悩みや心配事が出てくるんでしょう。
人生とはそういうものなのかもね。
悩みが一つもない、現状で100%幸せ、そんなことはあり得ないのでしょう。
むしろ、そうでない方がいい。
現状に100%満足していないということは、常により良いものを、
より上を目指していることになるから。
その方が成長するってもんです。
そう思えるようになったこと、
悩みはあれど、悩みに縛られすぎず、ある意味客観的に捉えられるようになったこと、
それがこの10年の私自身の成長の証なのかな。

さてそんな誕生日。
今年はGW中にありました。
大体、GW明け初日が誕生日ということが多いので、
連休中というのはちょっと珍しい。
今年は実家の母と妹が泊りがけで自宅に遊びに来ていたので、
夫が、母・妹も含めてディナーに連れて行ってくれました。

行ったのは代官山のFAVORIというレストラン。
前から気になっていたお店だそうで。
とても雰囲気のある素敵なお店でした。
1軒家レストランで、店内も天井が高く広々していて、オープンキッチンでオシャレな感じ。
結婚式2次会などにいいかも。
c0066171_14214775.jpg


お料理はコース料理が4種類。
かなりの品数だったので、女子3人は一番お手軽なコースを、
夫は1品増えるコースをチョイス。

私が頂いたのはコチラのお料理たちです~。
c0066171_14224968.jpgc0066171_14225841.jpgc0066171_14231167.jpgc0066171_14232549.jpgc0066171_14233635.jpgc0066171_14235138.jpg


すごい品数!食べきれるかなー?と心配していましたが、ペロっといけました。
1品1品は上品な量だったからかな?
全部美味でしたが、最初のお野菜プレートは珍しかったし、
野菜そのものの甘味があり、添えられたソースもとても美味しくて印象的でした。
あと、メインのお料理はストウブのお鍋でグツグツ煮込まれたものらしく、
サーブされるときにワゴンでお鍋ごと運ばれてきました。
お鍋の中を見せて下さった後に、それぞれのお皿に盛りつけるという趣向。
粋ですな。
これもキャベツがとっても甘くて感激!
ストウブいいな~欲しいな~と思ってしまった。
ルクルーゼが1つあるので、同じようなお鍋は無くてもいいのだけど(置き場所もないことだし)、
ストウブはストウブでルクとは違う可愛さがあるよね~。欲しいー!

・・・と話が脱線。
というわけでメインを堪能。
デザートもすごく美味しかった!
マンゴーのババロアにアイス。
デコレーション用のチョコレートも濃厚で、
お行儀が悪いなあと思いつつ、スプーンですくって「Happy」を食べちゃいました。

こちらのお店はフレンチトーストが有名らしく、
なんとコース料理を平らげた後、夫がフレンチトーストを追加オーダー!
えーもう入らない~と言いつつ、やっぱり食べた私たち。
もちろん1皿を4人でシェアですけどね。
c0066171_14264318.jpg

フレンチトーストは濃厚で、プリンみたいでした。
大変おいしゅうございました。

ご馳走を食べて満足満腹な夜でした。

====
BISTRO FAVORI(HP)
目黒区青葉台1-4-8
[PR]
# by reiko-204 | 2016-05-29 14:28 | 食-おそとごはん | Comments(0)

RENT 20周年記念ツアー チケット発売日決定

RENT20周年記念ツアーのチケット発売が、6月7日12時より開始されるそうです。
詳しくはコチラ(音が出ます!)

私はとりあえず1度は観に行こうと思ってます。
[PR]
# by reiko-204 | 2016-05-29 14:00 | RENT情報(観劇記以外) | Comments(0)