野田琺瑯のバターケース

またまたご無沙汰です。
やらなくてはいけないことが山積みなのに
ついつい現実逃避しています。

===

さて。
前回の楽天お買い物マラソンでゲットしたものについて。
いつか欲しいなーと思って前から探していたものがありました。
野田琺瑯のバターケースです。

1年ほど前に、バターを10gづつ切り分けられる器具?を買いまして、
非常に便利に使っておりました。
こういうやつです。
c0066171_1837237.jpgc0066171_18375158.jpg

室温に戻したバターの上からこの器具をあてがってそのまま保存できるという優れもの。
調理中にいちいちバターを箱から出して、銀紙を剥がして、必要な分だけ切って、
また箱に戻して、ベタベタになった手を洗って…
という一連の動作をせずともよくなって、とても便利に使っていました。
便利は便利なんです。




が。
バターを全部使い切った後が少々面倒で…。
このバターを10gづつに切り分けるための溝にバターが入り込んでしまって
洗うのが結構大変。
溝にたまったバターをティッシュで拭き取って、
その後しばらくお湯につけて、それから洗うのですが
どうしてもスポンジがベトベトしてしまってイヤだなーと思っていました。
本当に些細なことなんですけどね。
しかも数ヶ月に1回の作業なんですが。
それでもイヤなものはイヤで。

で、もっとストレスフリーなバターケースは無いかなといろいろ探していました。
探せばいろいろあるもので、
特に木でできたバターケースがオシャレで可愛くて素敵だなーと思いつつも
お値段が可愛くなく、結局行き着いた先が野田琺瑯でした。

野田琺瑯のホワイトシリーズを少しづつ集めていて、
その使い心地の良さ、見た目のスッキリ感、
琺瑯だからこその清潔感がとても気に入っていたので、
バターケースも揃えられたらかわいいなあと思っていたのでした。

ちなみにこれはある日の冷蔵庫内(の一部)。
c0066171_18413470.jpg

冷蔵庫中段は、一番左端にお味噌、他は常備菜や残りもの置き場になっています。
冷蔵庫内もゴチャつかずスッキリ見渡せるように
容器を野田琺瑯とiwakiの耐熱ガラス容器で揃えるようにしているのですが、
そこにバターケースも揃えて置きたいなあと思っていたのでした。

とはいえ、なかなか買えずにいたのは、
ネットで買うには、バターケース単品だとどうしても送料がかかってしまうこと(←送料はどうしても払いたく無いケチなワタシ)、
かといって近所に野田琺瑯を置いてあるお店がなかなか無いこと(ああ東京だったらどこにでもあるのに!)、
たまに送料ラインの低いネットショップで取り扱いがあるのを見つけても、常に売り切れ状態であること、
などなどの理由で買えずじまいでした。

が、なんと前回のお買い物マラソン時にブラブラ楽天内を徘徊していたら
私の大好きなあるモノが期間限定でセールになっているお店を見つけてしまい、
そのお店に、この以前から狙っていた野田琺瑯バターケースが在庫ありで残っていて、
そのあるモノとバターケースを一緒に買ったら値段的に送料無料になることに気づきまして
思わずポチッとしてしまった次第です。
バターケースは前から欲しかったモノだけど、
同時に買ったあるモノは明らかに衝動買い…。
これがネットショッピングの怖いところ!
といいつつ、届いた商品を見て大満足しております。
そのあるモノは次の記事で書こうと思います。

肝心のバターケースはというと、
とにかく見た目も中もシンプルでとてもいい感じです。
今は、前から持っていた器具で10gづつに切り分けてから
野田琺瑯のバターケースに入れています。
使いたい時にさっと出せるし、
琺瑯だからにおい移りもなく、つるんとしているから洗うのも楽チン。
そして木でできた蓋がなんとも愛らしくて、
冷蔵庫を開けるたびにニヤケています。
ニヤケの源↓
c0066171_18421938.jpg

ちなみに六花亭のバターサンドもあるのでニヤケ倍増です。

私が買ったお店では今は売り切れみたいですが、コレです↓


少しづつだけど、こだわって選んだキッチングッズが増えてきて、
苦手な台所仕事がちょっとづつ好きになってきた…かもしれない今日この頃です。
[PR]
by reiko-204 | 2015-05-24 19:00 | 物-お気に入りのモノ | Comments(0)


<< ウエッジウッド フェスティビティ 今年の手帳 >>