人気ブログランキング |

カテゴリ:旅-2004 Hawaii( 5 )

2004年11月14日(日) Hawaii4日目

1114日(日) 第4日目


またまた寝坊

気が抜けてるとしかいいようがない。
またしても大寝坊をやらかした。
ハワイ最終日、朝ちゃんと起きて出発までの時間を有効に過ごそうね、と
昨晩H子と言っていたのに・・・。

当初の予定は、まず6時起床。
パンケーキで有名なEggs'n Thingsで優雅に朝食。
その後最近openしたというWalmart(アメリカのチェーン店である大型スーパー)で
遊んで、13時にホテルに戻ってくるという完璧な(!)予定でした。

が、実際には目覚めが9:45!!

誰かと一緒だとだめなのかもしれません。頼ってしまうから。

ひとりだったら絶対起きるのに・・・。

海外でこんなもったいない朝の使い方をしたのは多分初めて。反省。


というわけで、9:45起床、準備、最後のパッキング、そして11時チェックアウト。
スーツケースをフロントに預かってもらい、
集合時間13時までとりあえずあと2時間、ワイキキをぶらぶらすることにしました。


朝食はThe Cheesecake Factory

c0066171_14105071.jpgまずは腹ごしらえ!

というわけで、どこいく?とブラブラ歩いていたら

噂のThe Cheesecake Factory発見。

夕飯時にはかなり待たされるらしいけど、

お昼にも早いこの時間帯は中途半端で結構空いている。

最後なので、ファーストフードですまさず

ちゃんとしたお店での雰囲気を味わいたかったので、

ここに決定。



The CheesecakeFactoryといえば、初めて入ったのはデンバー留学時代。

デンバーの目抜き通り16th streetは、

端から端まで歩いて15分ほどのこじんまりとした目抜き通りだったけど、

沢山のレストランが軒を連ねていて、そのどれもにテラス席があって、

初夏だった当時、みんながテラス席で気持ち良さそうに食事をしているのを横目で見ながら、とても羨ましく思ったものでした。

そこで当時のハウスメイトや学校の友達を誘って大勢でわいわいとその中の1軒に出向いた、そのレストランがこのThe Cheesecake Factoryだったのでした。

懐かしいな~とひとり思い出に浸りつつ、席に案内されました。


c0066171_14105839.jpgEggs'n Things に行くつもりだったので、気分はパンケーキだったのだけど、メニューを見てひとしきり悩んだ後、極普通の朝食定番メニューを選びました。

ハワイに来てから、こってりとしたものしか食べていなかったので、あっさりととてもおいしかった。

でもH子のオーダーしたパンケーキもとても美味しそうだったなあ。

H子はキッズミールを注文したのにパンケーキがわんさかやってきて、「これお子様メニューなわけ?」と目を白黒させていました。

※11:30 朝食@ The Cheesecake Factory:ベーグル、目玉焼き、トマト、アイスコーヒー



●最後のお買い物

さて、H子も私も初日に出会ったモノたちの中で、

どうしても忘れられないモノがありました。

ふたりして滞在中悩んだ結果、買って帰ることに。

食後、再び別行動にし、それぞれのモノを購入しに別々の方向へ。

集合時間まで45分しか無いし、

おまけに小雨が降っているので自然と駆け足になります。


さて私が向かったのはCinnamon Girlという、ハワイ生まれのサンドレス店。

ガイドブックで見たときからかわいいなあ、と思っていて、

ハワイでお店に入ってみたところ想像以上におんなのこおんなのこしていて

ちょっとびっくり。

さすがにドレスやワンピースは買えないけど(女の子っぽすぎて・・・)、

ここでとあるバッグに一目ぼれしていたのでした。

木曜日に来た時には2つあったバッグがひとつになっていたので、

もう一つあったと思うのだけど売れちゃったんですか?木曜に2つ見たけど・・・?

と聞くと、木曜に店頭にあったものは両方売れてしまって、

翌日金曜に入荷したものも全部売れてこれが最後ヨとのこと。

おおっ危なかった~。

もう少しのところで、一目ぼれバッグに二度と会えないところでした。

というわけでお買い上げ。


バッグはガマ口になっていて、ビーズが沢山付いていてとってもキュートです。

もちろん、普段には派手なので、結婚式参列用バッグに決定。

これで$56とは破格の値段

最後にいい買い物をしました。

c0066171_14122926.jpg

c0066171_14123590.jpg

左:Cinnamon Girl 店構え

右:これがその“一目惚れ”バッグ


少し時間が余ったので、ABCストアで小物を買ったりしていましたが、

スタバのコーヒー豆を買うのを忘れていてダッシュ。

これは母親からのリクエスト。

豆は日本で買うより随分安いですからね。

でも観光地だからか、豆自体はあまりストックがないらしく、

こちらが指定した豆はこの店舗には無いから2ブロック先のあっちの店に行け、

と言われる始末。仕方が無いのでダッシュするも、そちらのお店は激混みで、

中々順番が回ってこないのであきらめました。

ごめんね、お母さん・・・。

空港にスタバが入ってたらそこで買うよ・・・。


サヨナラハワイ


c0066171_14153993.jpgツアーの良いところはお迎えまで来てくれるところ。

13時ホテルで、と言われていたのでギリギリ13時にホテル到着。

預けていたスーツケーを出してもらって、送迎が来るのを待つこと約10分。

同じ便に乗ると思われる、

他の日本人の方たちと共にHonolulu International Airportへ。

ドルが余っていたので、雑誌とかお菓子とか買うついでに、

ウクレレを買ってしまった(笑)。$10也。

ちゃんとしたウクレレは買えないけど、このおもちゃのウクレレでも当分楽しめそう。

日本に帰ったら弾いてみよう!

空港にスタバはあったのだけど、豆は全く置いていないとのこと。
まあ仕方がありません。
次回のアメリカまで日本で通常通り買うしかないですね。


●最後に大事件

c0066171_14155210.jpgさて、無事に搭乗し、離陸も気付かず寝に入る。

今回の旅ではよく寝ていたので、帰りは眠れないかもなんて思っていたのに、

いつもどおり寝てました。

食事の時も、隣の見知らぬ方に起こしてもらったし(苦笑・H子とは席が離れた)。


さて、日付変更線を越え、
日本へは15日(月)19:10に成田に到着の予定でした。

しかし、

「成田周辺の天候が悪いため着陸できません。これから羽田空港に向かいます。」

というアナウンスが入る。

「羽田かー。スーツケース持って山手線で帰るの嫌だな、混んでるんだろうな・・・」

なんて思いつつ羽田着。

乗客は当然のように荷物を降ろして帰る支度。と、またアナウンスが。

「成田周辺の天候が回復したら、燃料を積みなおして成田へ向かいますので

座席でお待ちください。」

えー!!いいよ、成田に戻らなくて・・・。

降ろしてくれ~。

当然回りでもブーイングの嵐。

既に19時半を回っていて、明日会社だし、帰りたい帰りたい帰りたいと

しばらく様子を見ていたところ、

天候が回復してきたようなのでこれから燃料を積みます、とのアナウンスが入り、

よかった、これで帰れる!と安心した途端また眠ってしまったようです。

目覚めた時は成田についていました。

が、ここで時計を見てびっくり。

時既に22:55

私は3時間ほど寝ていたようで、

その間ずっと羽田で待ちぼうけだったようです(←あとでH子に聞いた)。


ようやく地上に降り立った時には23時を回り、当然電車もなく、

怒れる乗客がNWの係員に食って掛かる場面がそこらじゅうで見られます。

たしかに、天候が理由の割に、遅れて到着した飛行機がこの便だけっておかしいよね。

さすがノース○ースト・・・。

空港ではスタッフが総出(?)でお出迎え、頭を下げつつ“お詫びの品々”を配っています。

もちろんゲット(マイルと、米国内で使用できるコーリングカードでした)。

NWが手配したバスが3台。

東京行き、新宿行き、横浜行き。

東京行きのバスに乗り込み、

バスを降りてからはスーツケースを引っ張って駅構内をダッシュしたところ

なんとか最終電車に間に合いました。

そして自宅に到着したのは午前1時半

とんだ災難でした。

(しかもH子は終電が既になく、東京駅からタクシーだったらしい。

もちろん自腹。タクシー代くらい出してもらいたいものですね)



楽しかった!

旅の締めは強烈な結末となりましたが、ハワイ旅行楽しみました。
最近はNYにしか行っていなかったので、妙な新鮮さがあったりもしました。
あとは近さに感激。
これだけ近いなら、ほんとにまたすぐ来れそうな感じです。
近いし、飛行時間も短いし、日本人にとても身近な観光地だなと実感。
でも何より、Y子の素敵な姿が見れて、
一緒にお祝いできたことが一番の思い出となった2004年ハワイ旅行でした。

20192月 旧HPより転記



by reiko-204 | 2004-11-14 00:00 | 旅-2004 Hawaii | Comments(0)

2004年11月13日(土) Hawaii3日目

1113日(土) 第3日目


式の朝


6:00 起床。
今日がハワイ旅行
メインの日です。

Y子の結婚式当日。

予定通りの時間に起き、部屋の中で簡単に食事を取って、準備。
ドレスを持っていないのでワンピで代用。
普段スカートをはかないのでなんだか落ち着かない気分。
しかも薄いし。とりあえずレンタカーを返却し、Y子のホテルへ。

※6:30
朝食@ホテル:サンドイッチ、水

8:00 Y子'sホテル着。

偶然にもJ君(Y子'sダンナ)と同じエレベーターに乗り合わせる。

既に式用の洋服を着ていたのだけど、白いアロハシャツですっごくかわいい。

白のアロハシャツに麻のスーツで、焼けた肌によく似合ってる!!

その姿、かなり良いよー。

ありふれたタキシードよりずっとずっといい!


Y子の部屋に入ると、既にY子の支度が終わっていた。

真っ白のドレスを着て、髪の毛をアップにしたY子はほんとにほんとにほんとにかわいくて、

綺麗で、美しくて、見惚れてしまいました。

キラキラ輝いてました。


まずは花嫁達が会場となるホテルへと向かい、

H子と私はY子のご家族の方たちとリムジンで(!)ホテルへ移動。

リムジンだよー。

Y子'sパパ、私たちまで乗せてくれてありがとうございました。

ワイキキを抜け、多分西へ西へと向かっていたと思われる。

窓の外の景色はどんどんゴージャスになっていって、

観光地ワイキキとはまた違うリッチな雰囲気漂う住宅地でした。



c0066171_07424874.jpg
結婚式

自分のことではないので、当日の様子を詳細に記載するのはやめておきます。
Y子のプライバシーに触れないかな、という程度で私の感じた事を箇条書きで少しだけ・・・。
・とにかくY子が
綺麗だった。

・海の側の屋外での結婚式だったが、お天気に恵まれて、
 本当に絵のような景色の中での式だった。
・式も、披露宴も、日本のものとは随分違っていて興味深かった。
 これがアメリカ式なのか、ハワイ式なのか、個性なのか、はわからないけれど。
・日本より、ファミリー色の濃い披露宴だった。
 招待客も、主賓も家族主体だったのがアメリカっぽいと思った。
・日本の披露宴と比べると、とても大規模だった。

 でも周りの人に聞くと、ハワイではこれがaverageよ、とのこと。びっくり。
・会場のホテルはとても素敵なホテルで、披露宴でのお食事もとても美味だった。

※14
時頃?昼食@披露宴: いろいろ

c0066171_07425612.jpg

c0066171_07430201.jpg

●式終了、夜も有効活用

式と披露宴が終了し、「素敵だったねえ」とH子と夢見心地でタクシーでホテルへ戻る。

着替えをして、この後の時間も有効活用するためにアラモアナショッピングセンターへ。

ワイキキでは有名な巨大ショッピングモール。

どのガイドブックにも必ず載っています。

17時頃ホテルを出発、

フリートロリーでショッピングセンターに到着したのは17:30頃だったはず。


アラモアナショッピングセンターは、

もちろん巨大ショッピングセンターなのだけど、ほんとに日本人ばっかり

それに私はアメリカのモールは今回が初めてでは無いし、

NY旅行時によく訪れるGarden State PlazaMallNJの方が

もっと巨大だったりするのもあってそこまで物欲に火がつかない。

おまけに朝7時からはいているサンダルで靴擦れをおこし、歩くのもつらい状態。

H子はショッピングセンター内のマッサージに行く、というので

その予約の関係から再集合時間を21時と決め、別行動開始。


いろいろお店はまわってみたりしたけれど、特に何も購入せず。

昨日のブライダルシャワーの時にご馳走になり、

とてもおいしくてその場でファンになったショートブレッドの専門店を見つけて、

会社や家用のお土産にしようといくつかボックスで買ったり、

本屋Bordersでクリスマスカードを買ったり、

スーパーマーケットに入っていろいろ食品を買ったり、

と日用雑貨を細々と買って4時間を過ごす。

あと、コーヒショップでKona Coffeeも買ったっけ。

これはかなり美味でした。


最後の最後にMacy'sでかわいらしいTシャツを数枚見つけ、

FittingRoomで試着していると、

「もう閉店だから出てって~」と店のおばちゃんに言われる。

「はいよー」と言いつつ、

全部試着してみたりした私も随分図太くなったものです(笑)。

結局一枚だけ買って外に出る。

集合時間にはまだ早かったけれど、この足で歩くのがつらくて、

待ち合わせ場所のベンチで座って待つことに。

途中ではだしで歩いてやろうか、と思ったくらい足がきつかったのでした。

ホテルでスニーカーに履き替えればよかったのだけど、

当初の予定では買い物後

ちょっといいところへ食事にでも行こうかって考えていたのでね・・・。



DFSギャラリアワイキキでブチ切れ

アラモアナからの帰り、指定場所から乗れば無料というタクシークーポン

初日の説明会時にもらっていたことを思い出し、そのクーポンを使ってみた。

最初は、「こんなクーポンくれて親切だね」なんてH子と話していたのだけど、

その目的がわかった今となっては前言撤回

あんな思いするなら自分でお金出したよ・・・。

どうせ$20もいかないでしょ?

何があったのかというと・・・。


まず指定場所からタクシーに乗り、ホテルまで行ってくれと言うと、

このクーポンは到着地がDFSキャラリアワイキキに指定されていて、

「自分はそこでサインアップしないといけないから他の場所へはいけない。

他の場所へ行くなら通常料金を頂くぜ?」とのこと。

ふーん、面倒なのねーと思いつつ、DFSからホテルまでそこまで遠くないし、

せっかくのフリークーポンだから活用しようと、「じゃあDFSまででいいよ」と伝えた。

DFSに着くと、ドライバーは受けつけで何か作業をしていた。

あとでDFSかどこかから料金が支払われるのだろう。


さてそこで降りた私たちは、順路が書かれた矢印に沿って進んだ。

1Fについて、矢印はエスカレーターに乗れ、と表示していたけれど、

疲れきっていた私たちはもちろんこれ以上買い物をする気力もなく、

こそっと隅にあった裏口から表へ出ようとした。

すると、日本人のオバサンが、駆け寄ってきて、

「あなたたち今タクシーで到着した人でしょ?ここからは出られませんよ。

上行ってください。」とわめく。

仕方が無いので上へ上がるふたり。


が、その後この→に従って歩き、

外に出られるまで15分くらいかかったのではないかと思われる。

1階、2階、3階とくまなく全ての通路を通るように順路が組まれていて

中々出口までたどりつかないのです。

つまりは、タクシーのフリークーポンで客をDFSに引っ張ってきて、

店内の商品を全て見せて物を買わせようって魂胆。

何が哀しくて、ここアメリカで、買う気もないのに、

食品で重くなった荷物とサンダル擦れの足を引きずって、

日本人と日本語しか見えない建物の中を隅々まで歩かなければいけないのでしょう。

いつまで立っても出口にたどりつかないので私はここでブチ切れ。

「うざい、うざすぎる」とH子と愚痴りながら、

やっと外に出られた時には身も心もexhaustedでした・・・。ふう。

ようやくホテルへ


DFSギャラリアワイキキを出ると、外は雨。
しばらく雨宿りをするもやむ気配がなく、
小走りで近くのABCストアまで行き、そこで時間つぶし。
ようやく小ぶりになってホテルへ戻ったのは22時半でした。疲れたー
しばらくホテルでゴロゴロ。こんな時間だけどお腹も減った。

もう寝る?なんか食べる?と散々迷ったあと、結局食べに行く事に。

遠くまで行くのも面倒なので、近場で済まそうと、

すぐ近くにあったJack in the boxにてジャンキーな夕食。

満腹になってさきほどの怒りも収まり、さて帰ろうとしたら外はまた雨。

つくづくついてない。

23::00 夕食@Jack in the box:ハンバーガーとポテト

さて明日はもう帰国日です。
パッキングして、お風呂に入って、ベッドに入ったのは1時半。
明日は6時起床予定ですが・・・はてさて??

c0066171_07441262.jpg

c0066171_07441905.jpg

c0066171_07442581.jpg

ホテルの部屋。結構広かった。


20192月 旧HPより転記



by reiko-204 | 2004-11-13 00:00 | 旅-2004 Hawaii | Comments(0)

2004年11月12日(金) Hawaii2日目

1112日(金) 第2


●寝坊

今日は予定が詰まっていたので、

とりあえず6時に起きて7時には宿出発ということになっていました。

もちろん目覚ましもセットしていて、

明け方何度か目覚めてトナリのベッドを見るとH子もまだ寝てる様子・・・。

まだいいか、きっとH子が起こしてくれる

・・・と他人任せで自力で起きようとしなかった結果、大寝坊しました。

H子の「やばいよ!」という声で起床。

6時どころか時既に8:50でした。

私たちは日本からレンタカーの予約をしていて、

8:30には車を受け取りに行く約束だったのに、過ぎてる!!


H子がレンタカー会社に電話、

とりあえずこれからでも車を用意してくれるという事で一安心。

急いで準備をして9:45ホテル出発。

途中、スタバで朝食ゲットしつつHyatt Regenvy Hotelにあるレンタカー会社へ。

別になんてことはなく、遅刻を怒られもせず車を借りられた。

さすが大雑把なアメリカです。

10:30 朝食@車中:スタバのバナナナッツマフィン、アイスモカ



●ドライブ開始

さてワイキキを抜け、オアフ島の内陸部を通って北西方向へ進みノースショアへ!

・・・のはずが、あれ右手に海が見える・・・?? 

さっそくやらかしました。

乗るべき高速に乗ったはいいものの、逆向きに走っていたようです。

しかも気付くの相当遅かった気がする。

ごめんねー私の責任です。

私は運転できないので(ペーパードライバーです。恥)、H子にお任せ。

代わりに助手席に座っている私がナビをしなければならないのに、

私はまさに「地図の読めない女」。かなり役立たずです(苦笑)。

でもまあなんとか進むべき方向へ方向転換し、目指せノースショア。

c0066171_16175686.jpg

c0066171_16180262.jpg

c0066171_16181140.jpg

左:ワイキキ内のアラワイ運河沿い。メインストリートから1本はずれるだけで静かな景色が。
中:
方向を間違え、ダイアモンドヘッドまで超えてきてしまいました。正面に見えるのはココヘッド。

右:助手席からの景色。朝ご飯のスタバのコーヒーと共に。


●ノースショア着


大寝坊した割には、道路がとてもすいていて

12時過ぎにはNorthshore sunset beach近くまでたどりつきました。

それにしても、高速料金を取られないから料金所での渋滞はないし

安いし、道路は広いし、快適なことこの上なし

途中立ち寄った場所で、

行ってみたかったLLドライブインというレストランを発見したのだけど、

時間的にランチにはまだ早くて素通りしてきたのでした。うーん、残念.


さて海沿いの道に出ると、ところどころかたまって車が駐車してあり、

サーフボードを持った人が道路をてくてくと歩いていました。

駐車スペース等無く、道路に駐車して海に入りに行くようです。

アメリカ万歳!こういう適当なところが大好き!


c0066171_16211713.jpg肝心の海は、波が高い!そして砂が白い!!

波があまりにも高すぎて、浅瀬で泳いでいる人は全くおらず、

見渡す限りサーファーばっかり。

そしてそんなサーファーを眺めるひとたちが砂浜にぽつぽつ・・・。

なんて贅沢な空間。こんな感じです(←)。



c0066171_16212333.jpg裸足になって砂浜を散歩していると、海をじっと見つめるワンコ発見。

サーファーのご主人様を待っているのか、

私たちが近づいていっても興味を示さずじっと海を向いている。

そんな姿がかわいくて写真を撮ってみました。

海から、ひとりのサーファーが上がってきて、犬が駆け出したので、

「ご主人様が戻ってきたんだね~」とH子と話していたらそのサーファーはは素通り、

ワンコはまた元の位置に戻って海を見ている・・・。

どうもご主人様を間違えたらしい。H子とふたりで大笑い。

砂がサラサラで、ふかふかしていて気持ちよかったので

敷物無しで寝転んでみたりしてしばしハワイのビーチを満喫。

今日は金曜日。

普段は仕事をしている日。

そんな平日に、こうやってお日様のもと綺麗な砂浜でゴロゴロできることに

最上級の幸せを感じてしまいました。

ゴロゴロしながらビーチを眺めていると、どうしてもサーファーに目が行ってしまいます。

しかもこぞってみんなかっこいい。そして逞しい。

いい目の保養になりました(笑)。

c0066171_16213059.jpg

c0066171_16213547.jpg


ワイケレアウトレットへ

さて今日はこのままワイケレアウトレットへ向かいます。

17:45にY子と彼女のホテル前で待ち合わせをしていたので、あまり時間がありません。

ノースショアも1時間ほどで切り上げ、13時過ぎにはまた車に乗り込んでワイケレへ。

そうそう、途中、Dole Plantationを通りました。

巨大なパイナップル畑と迷路が併設されているそうで、

時間があれば寄り道してみたいところでした。

オリジナルグッズとか、パイナップルアイスなどがあるらしい。


さてワイケレの近くに来たものの、やっぱり迷ってしまって周りを徘徊。

ワイケレショッピングセンターのすぐ近くまで来ているはずなのだけど、

標識も出てないしわからない。

仕方なくファーストフード店に入って場所を聞く。

商品を買わないのにトイレを借りて道を聞く私たち。

NYだったら絶対嫌な顔をされるだろうのに、

ものすごーく親切に道案内をしてくれて感激でした。

こっちの人は親切だなあ。


無事ワイケレプレミアムアウトレットの場所もわかり、

その前にある場所に立ち寄ったのですが、

何を思ったか焦ったH子が左折する際、

信号の前で停車している車の左側を走行

そうです、ここはアメリカなので右側通行なのに。

つい感覚が狂ってしまって停車中の車の右側面の道路を通らないといけないのに、

左側に入ってしまったみたい。

停車中の車の運転手もきっとびっくりしたことでしょう。

それよりなにより、他に車がいなくて事故を起こさなかったのが何よりです。


アウトレットに入ったのは14:30頃でした。

ここから約2時間のお買い物。

NYのウッドバリーと比べたら小さな小さなアウトレットだったので、

まあ2時間でも十分でした。

もちろん全部のお店は見れなかったけど、厳選して行きたいお店は全部行ったし。

そして私はここで冬物コートに一目ぼれし、買ってしまいました・・・。

なぜハワイで冬物?

c0066171_16224051.jpg

c0066171_16224756.jpg

左:スクールバス!懐かしや・・・

右:ナンバープレートに虹のマークが。


ブライダルシャワー


アウトレットからワイキキへの帰り道、とても混んでいて約束の時間に遅刻。
でも無事にY子に会え、一安心。
ABCマートで手土産のジュース類とワインを1本購入しようとしたら、
「ID見せて」って言われた!
わー最近スルーだったので、ID見せるのは久々です。嬉しいな。
さてそのまま車でY子の友達の家へ。
結婚式前日に、花嫁の女友達が集まって独身最後の夜を楽しむという
ブライダルシャワーなるものへお誘いいただいたのでした。

※19:00 夕食@Y子's 友人宅:
sushi, ブラウニー、ハム、クラッカー、ショートブレッド等(ジャンクフード)

みんなが持ち寄ったごはんとお菓子、飲み物で、めいめい好きに食べながら、
主役のY子と話したり、ちょっとしたゲームをしたり。
朝のスタバのマフィン以来何も食べていなかったのでハラペコでした。
手作りのブラウニーがとても美味で、2切れも頂いてしまいました。
さて、私とH子、そしてY子の職場の友人S子さんは日本からの飛び入り参加なので、
その場に来ているのY子の友達とはほとんど初対面で、とても緊張しました。
でもとても気さくな子たちばかりで、いろいろ気をつかってもらったり、
話しかけたりしてくれて嬉しかった。
見かけない顔だな、と思われるのか、
「Y子とはどういう友達なの?」と聞かれることが多かった。
「高校時代の親友なの」と言うと、
「ってことは日本から来てるの?Wow! ハワイは初めて?楽しんでる??」
と何人かに言われたかな。

それにしても、あくまでも“女の子onlyのパーティ”らしく、
一度参加者の彼氏のような人が様子を見に(?ただなにか用事があっただけかも)
訪ねてきた時に、「It's girls things!! Get out of here!!!」と
女の子4~5人に追い出されているサマがなんとも可笑しかった。
彼は、「ジョーダンはどうなんだよ、ヤツも男だろー」とか言ってて、
「ジョーダンはいいの!」と言い返されすごすご退散していた(笑)。
そのジョーダンとは、一人の参加者のお子さんで、2歳くらいの男の子。
会の最後の方で、私は彼と遊んでいましたが、2歳児のパワーにへとへとでした。
お尻での階段下りがお気に入りらしく、
「競争だ~」とふたりでお尻でドスンドスンと階段を下りるのを何度繰り返した事か。
「もう疲れたよ」というと、「ダメ!」って手を引っ張られて階段を登らされ・・・
おばちゃんは汗だくでしたわ。

それにしても、式の前日にこういう会があることが面白い。
日本だと、最後の夜は実家でゆっくり過ごしたりするものだと思うけど、
こちらはあくまで友人主体みたいです。
もちろん、Y子の彼氏は男性のみのパーティがあるようでした。

ワイキキは車社会ではないらしい


21時過ぎ、Y子's 友人宅を出てワイキキへ。
S子さんをホテルまで送り、私たちはあと一歩のところで車を返しそびれる。
車の返却が22時までだったのです。
仕方が無いのでホテルへ戻って駐車場に停めようとすると、
「あらかじめ駐車場が必要なことを申し出てもらわないと車は停められない、
今日は満室で申し訳ないがここには停められない」とフロントの人に言われ、びっくりする。
ホテルの宿泊客なのにホテルの駐車場に車を停められないとは!
アメリカは車社会なのにワイキキに限っては違うのかしら。
十分な数のparkingを用意しといてよね、と思いつつ
仕方が無いので近くに駐車場は無いか、と捜し求めるがこれが意外と無く、少し焦る。
最終的にはホテルに程近い場所に見つけられましたので一件落着。
明日の朝ごはんをABCマートで買い求め、ホ
テルの部屋に戻ったのは23過ぎでした。
盛りだくさんの一日でした。

23:30
お風呂
24:00-
明日の準備、片付け等
25:00  就寝


20192月 旧HPより転記




by reiko-204 | 2004-11-12 00:00 | 旅-2004 Hawaii | Comments(0)

2004年11月11日(木) Hawaii1日目

11月11日(木) 第1日目


出発ー成田へ


夜出発するハワイ行きの便は何便かあるようで、
休みを何日も取れない身としてはありがたい限り。
今回はHISのツアー利用で、飛行機はおなじみNW。出発は21:10
限りなく千葉寄りの都内に勤めている私には楽勝の時間帯です。
とはいえ、家に戻る時間的余裕は無いので、
朝はスーツケースと共に電車に乗り込み、最寄り駅のコインロッカーに預けました。
今回は無事大型ロッカーが空いており、
会社にスーツケースを持って行くという恥ずかしいことをせずにすみ一安心(前科アリ)。

さて午後5時。
定時の鐘とともに机を片付け、スニーカーに履き替え、
斜め掛けバッグを提げて会社を出る。
木曜なのに、カジュアルフライデーの格好で、いやそれよりひどいか(笑)。
コインロッカーからスーツケースを取り出し、成田行きの電車に乗り込む。
途中で車内がすき、空いた座席に座った瞬間に記憶が飛ぶ。
気付いたら成田第2空港ビル前。
そして18:45、成田第一ターミナル着、一緒に旅する友人H子とも無事合流。

●機内で

チェックイン手続き、保険購入、両替、軽食を取って20時頃出国審査へ。
なんと、ゲートがひとつしか空いていない!
しかもそのゲートには2、3人しか人が並んでいないのですよ。
ものすごいすいていました。
こんな閑散としている成田は初めてかも。
搭乗まで少し時間があったのでまわりをぶらぶらしているとネットスペース発見。

10100円だって。
便利な世の中になったものです。ここでちょっと時間つぶし。

20:20 搭乗
21:00
離陸
寝たいのですが珍しく眠くならず、H子としゃべって過ごす。
そうこうするうちに夕食。
トナリが知らない人だと恥ずかしくてできないのだけど、
今回は隣が友人なので機内食の写真撮影。

22:30夕食@機内:
fried fish with noodle, サーモン、サラダ、パン、ケーキ、applejuice

23:00
2:00 就寝

2:00(ハワイ時間7:00am)朝食@機内:
クロワッサン、ヨーグルト、オレンジジュース

3:15(ハワイ時間8:15am)、着陸。

c0066171_15515200.jpg
c0066171_15520430.jpg
c0066171_15521865.jpg

機内食夕食(私、H子)と朝食


機内での時間がとても短かった。

食事と食事の間が3時間しかなく、睡眠を十分にとった気がしなかったのが残念。

ハワイって近いんだなあ、とつくづく思いました。

しかもNYと違って、到着したらまた一日が朝から始まっているのです。

NYは現地に到着するともう夕方で、

夜少し遊んでからまた眠れるので翌日からパワー全開で遊べますが、

ここハワイは到着時間が日本出発日のその日の朝。

ここから一日が始まるので、

少ない睡眠でどれだけ持つか!?というのも見所です(笑)


さすがツアー

前述の通り、今回はHISのツアーを利用しました。

航空券とホテルがパックになっていて、あとはフリーというものです。

さすがツアーだなあ、と思ったのは、空港に到着した途端、

HISのプラカードを持った人が待機していて、スーツケースを受け取り、

さらにバスが来るところまで誘導してくれて、

お客さんが全員揃ったところでバスでホノルルまで連れて行ってくれるところ。

自分で足を確保しなくていいのはラクでした。

とはいえ、HISも商売でやっているのでもちろん利益がないわけがありません。

それがその後の“説明会”。

空港からのバスはDFSギャラリアワイキキで停車、

ここで日本人の現地スタッフによる説明会なるものが開催されました。

それも会議室のような場所で、日本人が詰め込まれ満室状態。

所要時間は1時間くらいだったかな?

これでもか!ってほどのプリント類を配られ、強そうな(+怖そうな)女性スタッフが、

HISで用意しているツアーやお土産の類に至るまでを事細かに説明していました。

ワイキキ一周ツアーとか、アウトレットツアーとか、

体験マリンスポーツツアー、エステツアー、などなんでもあり。

これがいかにお徳か、他者と比べていかに格安か、と熱心に説明されていました。

まーったく興味の無い私は、目前の机を利用して日記を書いておりました。

だってそんなの自分で行けるじゃんねえ。しかも高いし。

漸く解放されたのは11時。

会議室の外に出ると、次の説明会待ちの日本人がわんさかと集まってきていて、

おそるべし、日本人と思ったのでした。

ここでケイタイをレンタルし、ひとまずホテルへ。


説明会場のおばちゃんに、チェックインは15時ですよ!とどなられていましたが、

とにかく着替え+洗顔をしたかった私たちはなんとかなるだろ、とホテルへ向かう事5分。

とっても便利な場所にホテルがあって感激。

「もうチェックインできます?」って聞いたら余裕でOKでした。

「荷物は届いてます?」と聞くと、荷物も届いてるので部屋に運ばせるとの事。

ラッキー!

24時間くらいずっと化粧をしたままだったのでとにかく落としたかったのでした。

部屋に入ると中々広々としていていい感じ。

10分ほど待ってみたけど荷物が来ないので、とりあえず何か食べよう、と外に出る事に。


一体何食目?

c0066171_15545955.jpg私たちのホテルはAstonHonolulu Prince

もちろん、ビーチサイドのホテルではないしオーシャンビューでもないけど、

格安旅行には最適。

お部屋は広々してるし、なにより立地が最高です。

身分相応かなって感じかな?

ビーチサイドのホテルはいつかマダムになったら泊まってみたいなー。

場所はちょうどInternationalMarket Placeの裏手で、

ほんとにどこへでも徒歩でいけるし便利な場所でした。

夜は界隈はちょっと怪しい雰囲気になっていますがまあそれもご一興(笑)。


c0066171_15550627.jpgさて11/11の食事としては一体何食目になるのか想像も付きませんが

とにかくお腹が減るのでランチへ。5食目?6食目??

International Market Placeの中のfood court

サンドイッチとタピオカミルクティの昼食。

食べながらH子と今日の予定のおさらい。


※12:00 昼食@food court in International Market Place :アボガドとハムのサンドイッチ、タピオカミルクティ


Nail Salon で大失敗


c0066171_15554261.jpgc0066171_15552631.jpgホテルへ戻って無事スーツケースを受け取り、洗顔、着替えを終え身軽になって再度出発。

さて、今日はまずネイルサロンへ行く事にしていました。

明後日は私たちの親友Y子の結婚式です。

ハワイアンウェディングだし、軽装なので手も足も出ます。

という事で爪のオシャレもしなくちゃね、と話していたのでした。

私たちのホテルのすぐ近くに日本人経営のネイルサロンがあることを知り、

場所も近いのでここに行こう!とH子と話していた通り、

この日まず向かったのはこのネイルサロン。

ところが・・・。


普通に考えて、海外で日本のサービスを受ける事の不条理さに気付かなかった私たちが

オバカなのですが、それにしても大失敗。

値段がバカ高い

メニュー表にある値段ならまあそれなりのお値段だったのです。

たとえば私は手のマッサージ+爪の整形、カラーリングというコースで$25

しかし!マッサージ中にアートもやってみます?と聞かれ、

じゃあお願いします、と言ったのが運の尽き。

何本かアートを入れてもらい、さらに強制的にサービス料を付けられ、

さらに税金を加えられ、最終的には$47も取られました。

たっかすぎ!!

しかもです。マッサージとは名ばかり。

カラーリングも下手(ネイルサロンでやってもらったのにムラがあった、

しかも二度塗りもしてくれなかった)、アートは大雑把で気に食わず。

いいこと無かったわ。

初日から$50弱もキャッシュで無くなり、H子とふたりで撃沈

これが$50の爪です→


私は迷いに迷って、足のカラーリングは止めておいたのだけど、止めてよかった。

これで手足両方お願いしてたらたぶん$120くらい取られたと思われる。

おそろしや。

H子は逆に足だけやってたけど、私より更にいいお値段でございました。

会計時にスタッフから値段を言われて、

「えっ?」・・・。「えっ??」と2回くらい聞きなおしてる姿にうけました(笑)。


街歩き


c0066171_15561129.jpg気を取り直して、ワイキキの町をブラブラ散策。まずビーチへ。

ものすごい人出でした。

お約束、サーフィンの神様「デューク・カハナモク像」と一緒に記念撮影

・・・逆光でした(笑)。

なにもわかりませんがな。

あ、でも一応フラぶら下げてる手はわかるかな??


ビーチ沿いにあるお店にもいろいろ入ってみました。

Ninewestや水着を売ってるサーフショップ。

coachにも入りました、しかもビーサンで。

このcoach、他のアメリカの店舗より高い気がする。

今年の夏に散々プライスチェックした同じ型のバッグが明らかに高かったから。

どうしてだろう?

日本人がこぞって買って行くから?

たしかにそれでも日本で買うより安いけどね。

c0066171_15561776.jpg


Cinnamon Girlというお店でめちゃくちゃラブリーなビーサン発見。

こんなの買っても絶対履けないけど、

でもあまりにかわいいのでついつい写真だけ撮っちゃいました。

こんなのが似合う女の子だったらいいねえ。

さて、そのまま歩いてRoyal Hawaiian Shopping Centerへ。

目的は無料ウクレレレッスンです。


●ウクレレにトライ


c0066171_15562392.jpgガイドブックかネットから、

このロイヤルハワイアンショッピングセンター内のウクレレハウスというお店で

30分の無料ウクレレレッスンを受ける事ができるというのを知って、

是非やってみたかったのでした。

ウクレレハウスに行くとちょうどふたりの女の子がレッスンを受けていて、

私たちも受けたいんだけど、と言うと

次は5時からなので、5時5分前にもう一度来てください、との事。

驚いた事に、店員さんは日本人でした。

店のショーウィンドウには日本の有名人の写真がずらり。

高木ブーさんとか、香取慎吾とか。

時間まで、このショッピングセンター内をうろうろ、

すごく横長の大きなショッピングセンターなのに、

なんだかクローズしているお店が多かったような。


さて5時。

ウクレレハウスに戻ると、レッスンを受けるのは私とH子のふたりだけの様子。

教えてくれるのはショーンという日系っぽい顔のハワイアンの男の子。

またこの人がとってもいい人で、アロハスピリッツに溢れていて親切だし、

愛嬌たっぷりでかわいいし、H子とふたりでfall in loveしたのでした(笑)。

しかもすごい褒め上手だし。アメリカンだなあ。

それなのに日本語ペラペラで、

日本語と英語を混ぜて教えてくれるその感じがすごくかわいらしかったです。

なんでそんなに日本語上手なの?と聞いたら、日本に昔住んでいたんだとか。


簡単なコードを教わって、たったの30分で

Happy Birthday, You'remy sunshine, Obra-di Obra-daを弾ける様になりました。

私たちの危うい、ポロポロとした伴奏でショーンが歌を歌ってくれるのですが、これまたいい声で。

とっても楽しいレッスンでした。

ウクレレ欲しいなあ、と思ったのだけど、

やっぱりちゃんとした楽器はそれなりにお値段も張るので、

遊び半分で買って帰るものではないかな、とあきらめました。


夕食


夕飯を食べる場所を決めていなかったので、宿に戻ってガイドブックとにらめっこ。

夜に、ビーチーサイドのバーカクテルなんぞ飲みたい、と私がリクエスト、

夕飯は軽めにして夜にバーに行くことに決定.

遠出をすると戻ってくるのが面倒なので、

徒歩圏内にあるTiki というお店でまずはゴハンを食べる事に。

Tikiへの道中、Coldstone Creamery発見!

ここのアイスクリーム、めちゃくちゃおいしいいんだよー!!とH子に興奮気味に説明、

じゃ、デザートここにする?とすぐにノってきてくれるH子。

さすが長年の友人です。


c0066171_15570492.jpgAstonWailkiki Beach Hotelの2階にあるTiki's Grill & Barは、

ガイドブックによると「ワイキキビーチを眺めながら優雅な時間を過ごせる一軒。

バーカウンターがあり、アルコール類も豊富だ。」との事。

行ってみると、思った以上に広い店内でびっくり。

ちょうどベランダ部のはじっこの席が空いており、

涼しい風を感じながら外でのお夕食と相成った。

観光地ど真ん中にあるレストランにしては、

目に見える範囲には日本人家族が一組しかおらず、

右隣はアメリカ人の大男集団、左隣はアメリカ人女性のおば様6人くらいの集団で、

わいわいと賑やかで雰囲気満点

テーブルについてくれたウェイトレスもとっても親切で楽しい人でした。

私たちはそれぞれアルコール1杯と、

ふたりでメインディッシュのハワイ郷土料理スペシャル(みたいな名前だったはず)と、

ハーフサラダ、Nachosをオーダーしたところ、

Nachos is hu-ge, 残念だけど2人には大きすぎるわよ。

ほんとにヒューーージなんだから」と、hugeを連発され、

そんなに大きいなら食べきれないね、とナチョスを断念、

サラダをハーフではなくフルサイズでオーダーした。

 
c0066171_15571759.jpgc0066171_15571165.jpgまずお酒が。

私がオーダーしたのはTiki's Maitai

マイタイとはラムをベースにトロピカルジュースで割ったカクテルで、

タヒチ語で「この世のものならぬ」という意味らしい。

カクテルの女王様なんだとか。

Tiki's Maitaiは、オリジナルの入れ物に入って出てきて、

しかもこの入れ物は持ち帰れるらしい。

味は、もちろんvery good


次に料理が運ばれてきた。全て
特大サイズ。ものすごい量でした。

ハワイ郷土料理スペシャルは、いろんな種類の肉。肉、肉、肉。

脂っこくしてないのがせめてもの救いかな。

おいしいんだけどすごい量。

そのほかに小皿で、マグロをたたいのとか、アペタイザー風の魚料理が2品、

さらにプリンみたいなデザートまでついていました。

サラダはとってもフレッシュで、

セロリが大きな切り方でゴロゴロ入っていたのが逆においしく、

歯ごたえたっぷりでした。

セロリってこんなにおいしかったっけ?という感じです。

さらに焼きたてのパンがついており、

このパンにつけるバターがoriginal っぽくて、バナナの味がするのです。

パンにつけて食べるとバナナブレッドみたいな味になる。

ウェイトレスのお姉さんに聞いてみたところ、

バニラビーズとバナナビーンズが入っているんだって!

お料理がほんとおいしかったので、

「すごい量だね」と言いつついつの間にかふたりで完食していました。

20:00 Dinner @ Tiki : サラダ、パン、ハワイ郷土料理、カクテル


ビーチで一休み、のはずが・・・。


さて。

あまりにも食べ過ぎて苦しくなり、歩くのもツライという情けない状態。

ホテルの1階のロビーのようなところでしばらくまったり。

もちろんデザートのアイスも、

ビーチサイドのカクテルも楽しめる胃の余裕は全くありませんでした。

c0066171_15572481.jpg

c0066171_15573036.jpg

c0066171_15573851.jpg

Tiki2階に入っているAstonWaikiki Beach Hoterlの様子。
左から、トイレの表示(心憎い表示法!)、ネットスペース(ボードがオシャレ!)、1Fの休憩スペース(?)


のんびりビーチサイドを歩きながらホテルへ向かって歩いていると、

海がとても穏やかで、

当然のようにほとんど人もいないので波打ち際まで行って見ました。

夜の海っていうのも赴きがあっていいですねー。

そのままアスファルト部を見つけて腰を下ろした私たちふたり。

寝転がったら星が見えます。

綺麗だーと思いつつ、ふたりして寝に入ってしまいました。

もちろんカバンは抱えてたけどそれにしても危ない。

30分くらいうたた寝をしていたと思われ、

あまりの寒さに目覚めた時は体が冷え切っていたふたりなのでした。

いくらハワイとはいえ、夜に海辺で半袖一枚で昼寝なんて我ながらバカです・・・。

ここで風邪引いたらほんとにシャレにならん、

と言いつつその後無事にホテルまで戻りました。

c0066171_15574310.jpg

道路沿いのバーキン。入口の取っ手がサーフボードでした!かわいい~


23:00 ホテル着
1:30   就寝


20192月 旧HPより転記












by reiko-204 | 2004-11-11 02:00 | 旅-2004 Hawaii | Comments(0)

2004年 幸せ堪能HAWAII旅

20041111日~15日、35日でハワイへ行ってきました。

目的は、高校時代の友人Y子の結婚式参列。

Y子は大学4年間をハワイで過ごし、その時に出会ったJくんとめでたくゴールイン。

ふたりが出会った土地で挙式する事になり、
同じく高校時代の友人H子とともに、

Y子の幸せを一緒にお祝いすべくハワイへ向かったのでした。

5年ぶり、3度目のハワイ。

ハワイアンウェディングと買い物を2本柱に、

心行くまで楽しんできたハワイ旅行をレポートにまとめてみました。


20192月 旧HPより転記












by reiko-204 | 2004-11-11 01:00 | 旅-2004 Hawaii | Comments(0)