人気ブログランキング |

カテゴリ:記-古い日記移行分( 539 )

2005年2月28日(月)

2月28日(月) 英語でしゃべらナイト

アカデミー賞の発表がありましたね。
朝は、お、もうそろそろだ、と覚えていたんだけど、
会社に着いた途端あまりの忙しさにきれいさっぱり忘れていた。
8時頃、そろそろ帰るかーと支度をしている時に思い出して、
その場でネットでチェック。
あーやっぱりレオナルドディカプリオはダメだったのね・・・。
ちょっと騒がれていただけにかわいそう。
でも、RayのJamie Foxxの受賞には文句なし。
凄かったし。
なんだか嬉しかった。

『英語でしゃべらナイト』、純名りさが出てた。
この人ほんとにかわいいなー。
1ヶ月、NYに留学してたとかで、一瞬だけどNYのTimes Sqが映って、
それだけでドキドキしてしまった・・・。
Sound of Musicのジュリーアンドリュースが出てた。
存在感たっぷりで、インタビュアーの純名りさの英語に耳を澄ませて、
真剣に答えてくれていて、視聴者ながらに感動してしまった。
大御所なのに、すごく丁寧な受け答えで、人柄がにじみ出ているような感じでした。

それにしても1ヶ月の留学か・・・。
1ヶ月なんてあっという間だっただろうなあ。
1ヶ月で英語が上達するとは思えないけど(というより1ヶ月で上達したらだれも苦労しないけど)、
それでも、たった1ヶ月でも、NYで生活するってことはすごく刺激的だったんだろうなあ。
私も"1ヶ月NY留学"したいかも。
働かないで、1ヶ月間、まるまる自分だけのためにNYで時間を使えたらどんなにいいか。
貯金ゼロは確実だけど(苦)。

by reiko-204 | 2005-02-28 00:00 | 記-古い日記移行分 | Comments(0)

2005年2月27日(日)

2月27日(日) 自分のルーツの認識


ってだんだかすごく真面目そうなタイトルだけど、なんてことはない、いつものミーハー話。
観劇記をupするにあたり、何気なしに過去の自分の感想をいくつか読んだ。
自分の昔の文章はとても恥ずかしいのだけど、
あーあの時はこういうこと思ってたんだ、とか、
あーあの時はこういう風に解釈してたのか、とか
自分の中での再発見があって結構楽しい。
しかも当時の興奮具合がよみがえってきて、それも楽しいものです。
1回しか観ていないけど、今でも大好きな作品が2001年に見たThe Music Manで、
その作品の自分の感想を読んで、あの時、学生代表(?)のTommy役をやっていた人のダンスに一目ぼれしたことを思い出した。
seventy six Trombonesというナンバーではずっと彼に釘付けだった。
c0066171_14321974.jpg劇場の前のステージドアの写真まで撮ってきてた(笑・コレです→)

で、ふと、この人の名前なんていうんだろ?って思った。
この作品を見た2001年当時は、まだ今ほどなんでもネットで検索できるってことを知らなかったし、
ブロードウェイ関連のサイト情報もなにも知らなかったので、
帰国後もplaybillとパンフとステージドアの写真を大切に家で眺めてるだけで、そのうち記憶から薄れていった。

今日、"Tommy"を思い出して、探せば見つかるかも、今もブロードウェイにいるかも・・・
そう思いついたらなんだか興奮してきて、
慌てて過去のplaybillを引っ張り出してきて、まず本名を調べた。
その彼の本名をいろんなサイトで検索してみた。
そしたら、

あったよー!!!

なななんとWickedのoriginalじゃないですかー!!!

なんてタイムリー!

と、ひとりで大興奮。
え、もしかしてこの間見た舞台に出てたとか!?
とまたplaybillをめくる・・・。
残念ながら、既にその役は別の人に代わっていたので、
舞台に出てたのに見逃したって事はなさそう。
WickedではFlying MonkeyのChisteryを演っていたそうで。
ちゃんと役名つきだったのだね。
The Music Manでもそんなに大きな役ではなくて、"swing代表"という感じだったのだけど、
WickedのChisteryってことは、役が大きくなってる。

で、で、で、今何かやってないの?
とまた検索検索検索。

わーーー
Sweet Charityにでるっぽい!

今度はSweet Charityのリハ動画などを見てみる。
あれ、この小さく写ってる人っぽい!
違うかもしれないけど、このダンスのキレは!
きっとそうだー!!

ギャー
NY行かなくては、NY!
Manuel Herreraのダンスを生でもう一度拝まなくては!!!
Sweet Charity、openはいつかと調べると4/4/05からみたい。
次回NYではmust seeだ!

と、こんな感じで、ひとりで興奮しておりました。
3年半前に一度だけ見た舞台で、しかも小さな役で出ていただけだから、
その時の「彼はすごかった」っていう感情が自分の中で更に美化拡大されているだけかもしれないけど、
それでもその時の直感を信じて、次回NYではじっくり彼のダンスを見てきたいと思います。

で、ふと気付いた事。
私はどうも「ダンスが凄い+ヒスパニック系」というのに弱いのかも。
RENT出演中のJustinが好きなのも、彼のダンスの凄さから来ているもの。
あのブロードウェイに立つほどの人たちの中でさえ一際目立つダンスの上手さと突出しているリズム感、
それに魅かれた。
加えてあのちょっと濃い目の顔。
Justinはヒスパニック系ではないけど、でもmixed upされてそういう顔立ちになってる。
Manuel Herreraという役者さんについては、プロフィール等何も知らないけど、
やっぱり中南米系の顔立ちだった気がする。
そして目が行った理由もダンスだった。
ソロナンバーはひとつもなかったし、台詞も少なかった。
私は芝居には疎いけど、でも音楽が好きで、だからこそミュージカルにこんなに惹かれるのかなと思ってたけど、
目が行く俳優さんは歌じゃなくてダンス・・・なのか??
とにかく、今日発見したこのManuel Herreraという人とJustinに共通点がありすぎて、
自分の好みのルーツを発見してしまったような変な気分なのでした。

と、こんな検索の旅に出たのも元はと言えば観劇記をupしようとして始まったことでした。
ということで、観劇記少しだけup。
そして旅行記1,2日目upしました。




by reiko-204 | 2005-02-27 00:00 | 記-古い日記移行分 | Comments(0)

2005年2月26日(土)

2月26日(土) Popular

NY旅行から戻ってきてから、
家でも通勤中でも常にビーチボーイズのベスト盤(Good Vibrationsのサントラの代わり)を聞いていたのだけど、
そろそろ次のに行くか、と木曜日あたりりから今度はWickedを聞き出しました。
それから2日、まだ全部じっくり聞き終えてないし、歌詞も聞き取り終わって無いけど、
それでも聞くたびに、好きな曲が増えていく。
舞台を見たときに、ビビビと来たのは、
ElphabaのDefying Gravityと、GlindaのPopularの2曲だった。
もちろん、他にも凄い!と思った曲は沢山あったけど、
強烈に印象に残ったのはこの2曲だった。
Defying Gravityはゾクゾクくる系で、Popularはすごくかわいらしい曲だった。

CDを聞き出して、original castが歌うこの2曲はもちろんやっぱり素晴らしくて、
何度も同じ曲を聴いたりしている。

と、とある方より、ある俳優さんつながりで、おもしろい動画があるよって教えてもらったサイトに飛んでみると、
その俳優さんが歌っているのはなんとPopular!
昨日今日とPopularばっかり聞いていたので、すごいタイムリーだった。
そして、その俳優さんが歌うPopularがこれまた・・・絶句。
おもしろくてかわいいのです!
久々に涙を流して大爆笑しました。
originalのKristin Chenowethの歌声をCDで聞き、
今のGlindaのJennifer Laura Tohmpsonの歌声を生で聞き、
某俳優2名の歌声を動画で聞き、
と、計4人が歌う4種類のPopularを聞いたのだけど、
全部それぞれ自分の個性を出してて、少しづつ違う。
でも4つとも全部かわいい!!
いい曲だな~。

by reiko-204 | 2005-02-26 00:00 | 記-古い日記移行分 | Comments(0)

2005年2月25日(金)

2月25日(金) farewell party

RENT友達のmegumeguさんが、しばらく日本を離れられるので、お別れ会で一緒にお食事してきました。
megumeguさんと直接お会いするのはまだ2度目なんだけど、
なんだかネット上でやりとりをしていたので2度目という気が全然せず、
タメ語で普通に、昔からの友人のように話してしまった(ごめんね・・・)。

お別れ会のはずなのに、途中からやっぱりRENT話に・・・。
あれ?
普通のお食事会みたいになっちゃった(笑)
でも、みんなでNYのこと、RENTのことを話すのは楽しかった!
結局4時間くらい話しっぱなしでした。
飲みすぎ食べすぎで満腹、そして心も満腹でした。

megumeguさんは近々日本を離れて米国へ旅立たれます。
すごいです。
その決断力、行動力には頭が下がります。
私はいつも“腰が重い”派なので、activeな人を見るととても感化される。

彼女のblogを通して、米国での生活を垣間見れるのがとても楽しみ。
頑張ってきてください!

by reiko-204 | 2005-02-25 00:00 | 記-古い日記移行分 | Comments(0)

2005年2月21日(月)

2月21日(月) nothing to talk about...

特にこれといって何も書くことが無いなあ・・・。
一日会社にいただけなので、何もしてません。
あ、残業してたら変な件につかまって1時間くらい損したんだった。
自分の仕事を片付けたいから残業してるのに、なんでこんな目に・・・とかなりご機嫌ナナメに。

うーん、ほんとに他に何も書くことがないのでこれで終了。

by reiko-204 | 2005-02-21 00:00 | 記-古い日記移行分 | Comments(0)

2005年2月20日(日)

2月20日(日) NYに未練タラタラの巻

バンドの練習に行ってきた。
NYに行くために、週末の練習を2度サボったので、
“ごめんなさい”の意味を込めてチョコレートを買ってきていたのでそれを配った。
また行ったの、NY!?えーいつ行ったのー??と聞かれ、
「先週。あれ、先々週だったかな??日本が三連休だった時・・・」と一瞬いつ行ったのか忘れていた。

実はあの旅行はまだ“先週の”出来事みたい。
なんだか遠い昔のような気がする・・・。
先週の週末は、ブロードウェイの舞台三昧してたなんてちょっと信じられない。
RENTを見たのがほんとに大分前なような気がする。
なんでだろう。
あー舞台が見たい!
RENTが見たい!
NYに行きたーい!!

昨日写真を現像に出していたので今日受け取ったのだけど、今回はまた随分と少なかった。
もっといろいろ撮ればよかったな・・・。
楽しすぎてカメラを出すのを忘れてしまった瞬間が何度もあったもんな。
楽しそうだなー、私。
すごく幸せそうな顔をしてる。
日本でもいつもこんな笑顔でいれるようにしなきゃダメだね。
たぶんいつもはもっとしかめっつらしてると思うから・・・。

by reiko-204 | 2005-02-20 00:00 | 記-古い日記移行分 | Comments(0)

2005年2月19日(土)

2月19日(土) NYでは晴れ女

時差ボケではなく、ただの睡眠不足で、NYから戻ってきて以来ここ数日間は非常に眠い毎日を送っていました。
そのせいか、今日は朝目覚めたら既に午後。
12時間ほど眠ってしまったようです・・・。
寝すぎだ。
明日はちゃんと起きよう。
折角のお休みなのにもったいない。

夕方から出かける用事があったのだけど、雨が降っていてかなりヤルキが失せていた。
行くのを止めようかと思ったけど、なんとか気持ちを奮い立たせて結局無事外に出ることができたけど・・・。
それにしても私はほんとに雨が嫌い。
そういえば出発前にチェックした滞在中のNYの天気は、
到着日と帰る日が降水確率80%くらいだったのに、
結局一度も雨に降られる事がなく無事5日間傘なしで過ごせた。
ありがたいことです。
NYではかなりの確立で晴れ女の私。
同行者のかなぶんた。さんはNYでは雨女だっていってたけど、
私の晴れ女度が勝ったようです。
万歳。

by reiko-204 | 2005-02-19 00:00 | 記-古い日記移行分 | Comments(0)

2005年2月18日(金)

2月18日(金) オペラ座の怪人

ようやく見てきました、オペラ座の怪人!
ずーっと見たかったのだけど、NY旅行前はなにかとバタバタしていたし残業続きだったりで映画館に行く余裕がなく、ようやく本日行けたのでした。
言わずと知れた、NYブロードウェイでも有名中の有名なミュージカルの映画化。
万人ウケするように、台詞を多めにして歌は少な目になるのかと思っていたら、
ほぼ全編を通して歌を中心に話が進んだので驚きました。
オペラ座の音楽は、誰もが必ず耳にした事があるだろうと思われるほど有名な旋律ですが、
改めて大画面からこの音楽が流れてくると、ゾクゾクしました。
やっぱりいい音楽だなー、と改めてうっとり。
音楽の旋律は好きなのだけど、オペラ的に歌う部分は歌詞がほとんど聞き取れなくて、
前回舞台を見たときもちょっと消化不良気味だったので、今回字幕を読むことができてよかった。

クリスティーヌ役の女優さんはまだ18歳なんだとか!
若い!!
でもすごくかわいい人でした。
世間知らずで、幼く純粋な歌姫、という印象を受けました。
ラウルも若かった。
去年NYで舞台を見たときは、ラウルがもっとおじさんだった気がしたので
なんて若くてハンサムなラウルだろう、と思ってしまった。
そしてファントム。
この気が狂った悲運のファントムこそ、この舞台/映画を観る醍醐味だと思うのだけど、
映画のファントムは私のイメージと少し違ってしまっていて残念だった。
まあ自分の勝手なイメージだからどうしようもないんだけど・・・。
外見も、もっと痩せてる人のほうがよかったかな・・・。
顔が、仮面で隠れていない部分の面積が大きすぎて、
ファントムというより普通の人間の顔を想像できてしまって嫌だった。
まあこれは舞台ではなく映画であって大写しされてしまうから仕方が無いことなのかもしれないけど。
でも演技は良かったです。
クライマックス部ではファントムの切ない気持ちが伝わってきてジーンときました。
3重唱(?というのかしら?ファントムとラウルとクリスティーヌが同時に歌うところ)もよかった。

それにしても、今回字幕で映画を観て、初めてこの作品のストーリーを詳細に理解できた。
舞台も見てるのに、結構わかってなかったんだなあとちょっとショック。
たしかに、歌がオペラ的になると歌詞を聞き取る気力が失せるので流し見てたので理解できてなくても当然といえば当然なんだけど。
もういちどちゃんと見たいな。
DVDが出たら借りようかしら。

by reiko-204 | 2005-02-18 00:00 | 記-古い日記移行分 | Comments(0)

2005年2月17日(木)

2月17日(木) Good Vibrations

ちょうど1週間前の木曜日の午後にNYに旅立ったんだなあとふと気付いた。
1週間なんてほんとにあっという間。

NYではもちろん、時間の許す限りミュージカルを見てきたのだけど、
予想外に良かったのがGood Vibrationsでした。
一番期待していなかった・・・というか、優先順位的には一番最下位に置かれていたこのミュージカルが、
私の中で予想外に大ヒットを放ち、
日本に帰ってきてからというもの、家の中ではずーっとビーチボーイズのCDが流れています。
そもそもビーチボーイズに詳しい年代ではないし、
名前くらいは知ってる、という程度でビーチボーイズの有名な曲さえ知らない。
Good Vibrationsも、“ビーチボーイズの楽曲を使ったミュージカル”ということしか知らなかった。
それなのになぜ限られた時間の中でこれを見る気になったか。
それは、このopening nightの様子がとても楽しそうだったのと、
openしてまだ間もないショウでいろんな噂が聞こえてきていないから、自分の感性で見れると思ったから。
どうしても評判って気になるし、単純な私は誰かの感想を読んでしまうとその目線で見てしまいがちだから。

現地で見てみて。
単純に楽しめた。笑ったし、音楽もダンスも心地よかった。
ちょっと古臭い感もあったけど、わざとだと思ったし。
詳しくはいつかreviewでも書きたいと思うけど、とにかく私自身は楽しんだのでした。

で、今日初めてBroadway.comのreviewを読んでみた。
酷評されている・・・。
ガーン
ひどいけなされようなんですけど・・・。
でもまあキャストは褒められてるか・・・。
うーんでも「陳腐だ」とか「高校生のままごと芝居だ」とか言われてる。
と、少しショックだったのでした。

でもまあ自分が楽しかったからいいかー。

残念ながらまだCDは出ていなかったので、
代わりにビーチボーイズのベスト版を買ってきて、家で毎晩流してます。
サントラ欲しいなあ。
早く出ないかな。

by reiko-204 | 2005-02-17 00:00 | 記-古い日記移行分 | Comments(0)

2005年2月16日(水)

2月16日(水) NY中毒症

とりあえず早めに会社に行って、連休をもらったあとの誠意を見せようと思ってたのに普通に寝坊した。
結局いつもどおりの時間になってしまった・・・。
失敗。

お昼休みはもちろんNY話で持ちきり。
一緒にランチをしている同期と旅話に花が咲き、「うちらはいつも旅行の話ばっかしてるね」って結論に至った。
常にこういうサイクルのどこかにいるよね、と彼女が書いた図は・・・

旅行準備→旅行!!→旅行後、余韻に浸る→次の旅行の日程模索→おおまかなプランニング→旅行準備→・・・

終わりがない。
常にこの→のどこかにいるもんね。
「普通の人は、このサイクルが年に1回あるかないかなのに、うちらは異常に早くない?」と言われる。
そんな彼女は、去年は海外4回、国内2回の旅行中毒者。
「いやあなたには負けるよ」と言ったけど、
お互い「いやそっちが」「そっちこそ」って一歩もひかない(笑)。
結局ふたりとも中毒症ってことで結論づいた。

確かに私は昨日の今日で、既に余韻に浸りつつ次回の日程模索中だもんなー
かんっぜんに病気だ。
悪化の一途を辿っております。
誰か救ってください。

あーNY。
行きたい。

by reiko-204 | 2005-02-16 00:00 | 記-古い日記移行分 | Comments(0)