カテゴリ:日常( 204 )

2019年最初のご挨拶

あけましておめでとうございます。

今さらですが・・・改めて。

今年もゆるく続けていきますので

宜しくお願いします。


今回の年末年始はカレンダーの並びが良く、

我が家の夫は6連休。

というわけで、前半は義実家へ帰省し3泊、

元日に私の実家へ移動して2泊、で夫は東京に戻り、

私とオウジはプラス6泊して1/9に東京に戻りました。

本当はもっと実家にへばりついていたかったのですが(なんなら1月いっぱいくらいまで)

1/10にどうしても外せない用事が東京であったので

泣く泣く帰ってきました。

残念。


そんな年末年始。

義実家は富山県にあり、年末大雪に見舞われていたので

私たちが到着したときは既に一面銀世界。

幸い滞在中はあまり雪は降らず気温もそこまで寒くならなかったので

オウジを外に出して雪で遊ばせることができました。


おばあちゃんに買ってもらったスノーブーツを履いて

初めての雪を踏みしめるオウジ↓

(ブーツはサイズがほぼなく、唯一残っていたのがこのピンクブーツ・笑)

c0066171_16232810.jpg


最初はうまく歩けず泣き言を言っていたけれど

だんだん慣れてきて雪の中を突進していっていました。


毎年恒例、ひとり一台のおせち。

料理上手で手際のいい義母は、これをほぼ一夜で仕上げるそうです。

すごすぎる!

c0066171_16243757.jpg

c0066171_16244218.jpg
こちらは実家のおせち。

おせち作るのはもうやめようかな・・・と言いながらも毎年作ってくれる母。

オウジは黒豆を気に入ったようでパクパク食べてました。

c0066171_16254823.jpg

実家滞在中に、昨年秋に移築オープンしたファミリア本店に行ってきました。

大丸の目の前という素晴らしい立地で、

お店というよりはショールームのような、

とてもゆったりとした造りの綺麗な可愛い店内でした。

あまり時間がなくて駆け足だったので

またゆっくり行きたいなーと思いました。


ファミリア店内のキッズスペースでお絵かきをするオウジと

入口すぐのデコ。

色々なところにいるファミちゃんが可愛かった。

c0066171_16262420.jpg

c0066171_16262969.jpg
両実家でゆっくりのんびりさせてもらい

とってもリフレッシュできたお正月休みとなりました。


今年はオウジが2歳になる年。

いわゆる魔の2歳児の時期にさしかかります。

日々イライラしないように、

心穏やかに余裕をもって過ごしていきたいなと思っていますが

はてさてどんな一年になるか・・・。


by reiko-204 | 2019-01-13 17:00 | 日常 | Comments(0)

2018年最後のご挨拶

2018年もマイペースな更新となりました。

個人的な記録として残しているのものが多数ですが、

これからも細々と続けていきたいと思っています。


今年は8月から12月中旬にかけて、夫の仕事が激務で休日出勤が続き、

完全なるワンオペ育児で心身ともに疲弊する日々が多かった気がします。

子供が0歳だった去年は、ただひたすら可愛い可愛いと思っていましたが、

1歳半を過ぎたあたりから自分の意思がはっきりし始めたのと

自由自在に動き回るようになったのとで

かわいい、だけではない子育ての大変さというものを思い知る1年でした。


体力勝負なところもあり、アラフォー母はなかなか大変ですが、

それでも頑張れるのはやっぱり子供の笑顔がこの世のものとは思えないほど可愛くて愛しいからかなと思います。

イライラすることはあっても、やっぱり我が子は可愛い!

これからますますパワーアップするだろう息子にとことん付き合うべく、

私も体力つけないとなーと思う年の瀬。


本記事は予約投稿です。

今頃は寒波到来の北陸(夫の実家)にて雪と戯れているかな?


今年1年ありがとうございました。

良いお年を!


by reiko-204 | 2018-12-31 12:00 | 日常 | Comments(2)

近況

最近月1ブログになりつつあります・・・

書きたいことは色々あるのだけど

時間が追い付かない日々です。


近況。


・オウジは19か月になっています。


・先日4泊で名古屋に行き、従兄弟宅に泊まったり温泉に行ったりして

リフレッシュしてきました。

紅葉が綺麗でしたよ。


・東京に戻った翌日、オウジが骨折しまして今はギプス生活です。


・私は今日は久々のおひとりさまday

旅行の荷物整理も終わってなくて家の中がガチャガチャですが

どーしても見たかったボヘミアンラプソディーを観に行ってきました。

とーっても良かった!!!

QUEENすごい!


と、そんな感じです。


少し前のログに、寝かしつけに1時間以上かかると書きました。

その後、悪化しまして、

寝かしつけに1時間、寝た後も私の就寝時間(24時過ぎ)までに2~3回泣き、

そのたびにまた寝付くまで30分程かかるという状態になりました。

こうなると、夜の自由時間が本当になくなってしまい、

あったとしても20分+20分+15分、なんていう細切れになってしまい、

ドラマ1本さえ見れやしない。

いい加減イライラしてしまって、

もう一緒に寝てしまえ!!とオウジと一緒に寝ることにしました。

逆転の発想?


今は21時前に寝て、朝4時に起きて朝活しています。

とはいえ、4時に起きてもやっぱり何度かオウジが泣くので寝室に戻ってますが、

まあ夜よりはマシかなー。

朝時間でネットスーパーの注文したり、家計簿つけたり、

たまった録画ドラマを見たりしております。

少なくとも早く寝ろーといういう寝かしつけ時のイライラは無くなったので

以前よりはstresslessです。


そんな感じの今日この頃です。


by reiko-204 | 2018-12-02 15:48 | 日常 | Comments(0)

大変な夏だった・・・今日はグチ!

ブログをサボっている間に夏が終わり、明日から10月!

今年も残り3か月。

ここから年末まであっという間なんだろうな~


タイトルの件ですが、この夏はとーっても大変でした。

夫の仕事が非常に忙しくなってしまい、

89月は休日出勤のオンパレード。


まず8月はお盆の頃(元々お盆の平日は出勤日だけど)の週末が全滅(=休みなし)、

そして9月も第1週こそ土日休みだったものの、

2週目は休み無し、

3週目の3連休は休み1日、

4週目の3連休も休み1日。

出勤の日は朝7時前には家を出て、帰ってくるのは早くて22時、

でも週の半分は24時近く。。


大変です。

夫が大変です。

休みなく働いて働いてとってもお疲れだと思います。


でも、私も大変だったんだYO


平日は完全なるワンオペで、少し手伝ってもらえる週末を心待ちにしている日々なのに

その週末さえ不在の夫・・

土日共に出勤だった週は、結局丸々2週間オウジとふたりっきりの生活!


かわいいんです。

子供は可愛くて仕方がないんです。

でもね、ずーーーーっと一緒だと疲れるんですー

家事と育児の繰り返しの日々。

自分のことをする時間が皆無!

しかもこの時期、今も継続中だけど、寝かしつけに1時間以上かかるようになり、

酷い時は2時間かかることも。

家事も残ってる、あれもやりたい、これもやりたい・・・

貴重な夜時間がどんどん減っていく・・・

そんな2か月でした。


で、この週末、待ってましたの夏休みが始まったのです。

夫の職場はお盆休みがない代わりに、平日5日連続で夏休みを取れるのですが、

101週目を夏休みと申請しており。

その後色々な問題が起きて休日出勤せざるを得ない状況に会社が陥ったわけなので、

この夏休みも没収されるのではないかとヒヤヒヤしていたのだけど、

それはなんとか回避!


で、始まりました、今年の夏休み!

前半は東海地方へ1泊旅行へ行き、後半は義実家に帰省する予定にしていました。

1泊旅行は、オウジが生まれてから初めての旅行。

実家義実家帰省以外の初めての外泊。

私にとっても2年ぶりの旅行。

というわけでとーっても楽しみにしていたのですが・・・

それが今日明日の予定だったのです。

そう、台風24号と丸かぶり!!

オーマイガッ


泣く泣くキャンセルいたしました・・・。

本当なら今頃は温泉に浸かって美味しい夕食を頂いて

旅館の布団でぬくぬくしている頃だろうな~と思うと泣けてきます。

あああああ残念過ぎる!


1泊だし、普通の土日で今月中にリベンジしない?と夫に言ったら、

今週は夏休みだから取れたけど、残りの週末はたぶんまた休出は免れないからムリ

と断られました。


あーあ


さらに追い打ちがあり、

休日出勤手当が多少出たのですがそれを夫は自分のお小遣いとし、

今月はリッチだな~なんてご満悦なんですが、

給料の額面が増えたことで税金も増えてしまい、

家計としてはマイナス!!

私は忙しかった上に家計までマイナスになり

いいことなしの夫の多忙月間でした。

(で、まだ続くという・・・)


ブログを書いてない間にオウジは1歳半になり、17か月なり、

1歳半健診があったり、

従兄弟との初対面があったり、

書きたいことはたくさんあるのだけど、

今日は日ごろの鬱憤を晴らすためだけのブログ更新でした。


あーちょっとすっきり。


とりあえず、夏休み後半の義実家帰省を楽しんできます!



by reiko-204 | 2018-09-30 23:22 | 日常 | Comments(2)

5年前の結婚式 その②当日の振り返り

さて結婚式当日。


残念ながら雨でした。

梅雨入りしていたけれど晴れの日が1週間以上続いていたのに、

式当日は朝から雨。

広くて綺麗な庭でフラワーシャワーと全員での記念撮影を予定していたので

ものすごーく残念でした。


残念なことがもう一つ。

写真です。

当日は着付けや何やらでとても忙しかったので全く気づきませんでしたが、

後から届いた写真を見て、非常にがっかりしました。

というのも、

・衣装を着た全身が映る夫婦2人の写真がたったの1枚しかない。

・髪型のアップとか、ドレスの後ろ姿とかの写真は無し

・家族との写真も全員集合写真が1枚のみ。

(普通は兄弟で、とか、両親と、とか、父とふたりで、母とふたりで、とか撮りません?)


具体的に挙げればこんな感じですが、全体的に中途半端で、

見切れている写真や、

衣装と風景が溶け込んでしまってボヤーっとした印象の写真が多かったり、

まったく同じ構図の写真をカラーとセピアで撮られてあって、

これで枚数稼ぎましたよ的な写真が多い印象でした。

結婚式を専門に撮ったことがないカメラマンだったとしか思えません。

お天気は仕方がないとしても、写真のことは本当に残念でした。


とはいえ、その他はとっても満足していて、

会場も素敵だったし、プランナーさんもとてもいい方で

当日は思い出に残るとても素敵な一日になりました。


と、グチから入ってしまいましたが、写真で簡単に振り返りを。


会場の入り口。

c0066171_00243605.jpg


この和風な門構えがいい味を出してました。

c0066171_00293252.jpg


庭と会場の建物。

この1階の部屋で披露宴をしました。

2階はさらに大きな部屋があり、別のカップルが披露宴をしていました。


c0066171_00233398.jpg


ウエルカムボードならぬウエルカムベア。

元々持っていたbeanie babyに、知り合いの方が作ってくださった洋服を着せました。

c0066171_00303616.jpg


会場はこんな感じ。

c0066171_00334583.jpg


高砂。

6月の披露宴だったので、装花は大好きな紫陽花でお願いしました。

紫陽花で落ち着いた感じで、とリクエストしてあとはお任せ。

c0066171_00334503.jpg


これが唯一の全身が映っているふたりの写真です。

これだってビミョー!

チャペルでも会場でもない、一風変わった置物が置いてある庭先で撮ったものです。

c0066171_00334512.jpg

ブーケはこんな感じ。

ブーケの写真もこれのみ。

c0066171_00334465.jpg

チャペル。

今見てもかわいい~。

c0066171_00334474.jpg


ケーキ。

至ってシンプルな四角い形に苺が乗ったケーキでした。

c0066171_00334402.jpg


お色直し。

すごく気に入って着た着物です。

プランナーさんが気を利かせて傘なぞを持って来てくれたけど、

そもそも撮影場所がゲストの待合室(入場直前に撮ったので)だし、

しかもコンセントとか見えてるし!

言われた通りにポーズを撮っているけど、コンセントが見えてる時点で

全てが台無しだよねーと思った一枚。

でも全身が映っている写真がこれを含めて3枚ほどしかないので貴重な一枚。

c0066171_00334410.jpg


披露宴会場入場直前の写真。

和装でのバックショット。

くどいようですが、バックショット写真はこれのみ。

帯の写真とか、着物の柄がよくわかる写真とか、

そういったものも一枚もありません。

c0066171_00334463.jpg


披露宴後に、義両親と実家の両親と6人で撮った写真をトリミングしました。

和装での夫婦ふたりの全身写真はこれのみ。

他はどこかが欠けていたり、余計なものが映りこんだりしています。

c0066171_00334556.jpg


と、こんな感じの結婚式でした。

カメラマンのグチばっかりになりましたが(笑)、

ここで吐き出せてスッキリしました。

5年越しに!)


結婚5周年を迎え、久々に当時の写真を見返していたら

色々思い出して書きたくなって、ガーっと書いてみました。


結婚式と披露宴はとても楽しかったです。

当時35歳だったし、年齢的にももうやらなくてもいいかなーと思っていましたが、

やっぱりやってよかったです。

とてもいい思い出になりました。


5年の結婚生活はというと、

それはまあ100%満足とは言えませんが、

おおむね楽しくやっています。

あっという間の5年でした。

そしてまたあっという間に5年経って、結婚10周年が来るんだろうな~。

その頃にはオウジも6歳。

想像できません!




by reiko-204 | 2018-06-17 12:00 | 日常 | Comments(0)

5年前の結婚式 その①会場

先日、結婚5周年を迎えました。

もう5年かー!という気持ちです。

当日はダンナとオウジと3人で廻るお寿司を食べに行ってお祝いしました。


このブログでは結婚式のことを全く書いてなかったなーと思い至り、

5周年を機に少し記録しておこうかなと思います。


結婚が決まった当時、主人は東京勤務都内在住、私は大阪勤務兵庫在住でした。

そもそもの出会いが大阪だったので、式は関西で上げることになり、

関西の結婚式場を何軒か見て回った結果、

神戸市にある蘇州園というレストランで式を挙げることにしました。

蘇州園のHP


蘇州園は、昭和9年神戸市御影に、旧財閥の別邸として建てられた純和風建築の邸宅で、

その後第二次世界大戦も阪神大震災もくぐり抜け、

現在はイタリアンレストラン兼結婚式場として営業しているところです。

その素晴らしい庭と、モダンな和風の建物及び内装に一目ぼれして

ここでの式を申し込みました。


教会も素晴らしいのです!

結婚式場として営業するために後付けされたものではなく、

元々あったものなのです。

というのも、最初にこの邸宅が建てられた時のオーナーのご夫人がクリスチャンで

庭にチャペルを建て、毎日祈りを捧げていたのだとか。


華美な装飾はなく、木のぬくもりが溢れる教会で、

まず目につくのは、祭壇の後ろにある大きな窓。

そこから庭の木々が綺麗に見えて、森の中にいるような気分にさせてくれます。

バージンロードがそのまま続くように、同じ幅の窓になっているらしく、

小さな教会なのにとても奥行きが広く感じられる設計になっていました。

よく見てみると並べられた椅子が全部異なっていて、

これは世界中に礼拝堂から譲り受けられたアンティークの椅子なのだそうで、

そのご夫人のこだわりがひしひしと伝わってきました。


それまでは結婚式そのものにあまり興味が無く、

親族のみでひっそりやるのもいいかな、などと思いながら式場を探していたですが、

この蘇州園とこのチャペルに出会って突然スイッチオン!

ここで式を挙げたい!!と乙女心に火がついてしまったのでした。


で、結局親族のみでいいかーなんて思っていたのはどこ吹く風で、

総勢80名を招待しての大々的な結婚式になったのでした(笑)。


長くなったので続く。

次回は式当日の様子を。



by reiko-204 | 2018-06-16 12:00 | 日常 | Comments(0)

実家帰省の目的は

久しぶりの投稿です。

しばらく実家に帰省していました。

その間にオウジは1歳1か月になり、

桜が咲き、

そして桜が散り、

世間では新年度がスタートしていました。


お正月にも帰ったばかりですが、

今回の帰省には目的が2つありました。

1つめは、甥っ子に会うこと!


弟夫婦のところに子供が生まれました。

オウジにとって初めての従弟、

そして私にとっても初めての甥っ子です。

生れたてほやほやの赤ちゃんが見たくて、

予定帝王切開だったのでその日に合わせて帰省してきました。


まーなんて小さいんでしょう!そしてなんて可愛いんでしょう!!

小さいからだで精いっぱい生きている姿が可愛くて可愛くてもうメロメロでした。

そして赤ちゃんを見た後に見るオウジ・・・巨人のようでした!笑

普段は小さいのにね。

新生児と比べたら大きな大きなお子様でした。


入院中、何度か会いに行きました。

これは生後6日目。

抱っこさせてもらいました。

ほら、こんなに小さいの!

オウジじゃなくて私が巨人だよっていう。

c0066171_00014166.jpg


はーでもふにゃふにゃで可愛かった!!

抱き上げても下ろしてもびくともせずに寝ていた甥っ子くん・・・大物だわ!



帰省の2つ目の目的は、節句の兜を買ってもらうことでした。

去年の節句は、まだ産後2か月だったのでリサーチしたり選びに行ったりする元気が全くなく、

でもどうせ買ってもらうのなら、丸投げではなく、ちゃんと気に入ったものが欲しいと思っていたので、

五月人形は翌年に持ち越しにして、家にあるものだけで簡素にお祝いしたのでした。


で、満を持して今年。

帰省して、母と一緒にお店巡りをして兜を探し歩いたのでした。

結果的にとても気に入るものを買ってもらうことができ、大満足です。

また兜が届いたら記事にしたいと思っています。


そんなこんなで2週間半の帰省を終えて自宅に戻って今日で3日。

明日からは平日ワンオペ育児開始です。

がんばるぞー!


by reiko-204 | 2018-04-09 10:00 | 日常 | Comments(0)

2018年最初のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

・・・ってもう28日!

今年も後手後手のブログ更新となりそうですが、

またマイペースに綴っていきたいと思います。


今年のお正月は、夫のお休みが5日間しかなかったため(カレンダー通り)、

12/30に義実家へ帰省して2泊、

元日に移動して私の実家に2泊、

3日に自宅へ戻って4日から仕事、というスケジュールでした。

夫が、ね。


夫が自宅へ戻った後も、私とオウジはしばらーく実家へ滞在し、

1/18にようやく自宅へ戻ってきました。

長い冬休みだったわー。

やっぱり実家はラクですね。

オウジのことを見ててくれる人が沢山いるし、

お風呂やご飯の支度などを手伝ってもらえるので

本当に助かりました。

合間合間に好きな場所へ買い物に行ったり、

ランチしてきたり、

友達と会ったり・・・

と大リフレッシュできたので、

またワンオペ育児頑張ろう、という気になりました。


お正月っぽい写真を少し。

c0066171_15464859.jpg
c0066171_15465001.jpg

こちらは義実家のおせち。
初めて義実家で年越しをしたときは、
この一人一膳(?一台?)のお重にびっくりしたものです。
お料理上手な義母が全部作ってくれて、私は全くお手伝いしてません。
すごいなあ。
そして今年は授乳期の爆発的な食欲により、
このお重を1回でほぼ平らげてしまいました。
我ながら恐ろしいわー。

c0066171_15465231.jpg
義母が点ててくれたお抹茶。
このお抹茶を頂くのが、義実家に帰省するときの楽しみのひとつになっています。
私も教えてもらいながら自分で点ててみるのですが、
義母のように滑らかな舌触りのお茶にはなかなかなりません。
素人だから当然だけど。


c0066171_15465492.jpg

こちらは実家のお重。
お節を作るのがしんどくなってきたから来年は買おうかな、と母が言い出しました。
実家のおせちが大好きなので食べられなくなるのは寂しいけど
だからといって手伝えるわけでもない私が「えー作ってよー」とも言えず。
来年のお正月はどうなるかな。


by reiko-204 | 2018-01-28 16:00 | 日常 | Comments(0)

2017年最後のご挨拶

2017年も残りわずかとなりました。

書きたいこと・・・単に書きたいこと、そして書き残しておきたいこと、

共に沢山あるのですが、なかなかPCに向かえずもどかしい思いをしています。

長々と書いている時間がないので、でもどうしても言いたいことを簡潔に・・・!


=====

フィギュアスケートのオリンピック出場選手を決める全日本。

ようやくようやく、ちゃんと見ることができました。

グランプリシリーズも、グランプルファイナルも見れていなかった私にとって

今回の全日本が今期初めて見る選手たちの姿でした。

色々思うところはあるのだけど、1点に絞ると、

無良選手のオペラ座に感動した!!!

ということ。


あーよかった、本当に素敵だった、見ながら泣きそうだった。

少し前のシーズンでの彼のオペラ座が私はとても好きだったのだけど、

それをオリンピックイヤーに再度もってきているところもなんだか嬉しかった。

オリンピック出場選手には選ばれなかったけれど、

あの日とても素晴らしいものを見せてもらったと思っています。

=====


毎年思うけど、クリスマスを過ぎてから年末までの1週間が早すぎる。

毎年焦るから色々前倒しですればいいのに、

結局直前になって慌てるタイプです。


こんな急いで書かずにこのブログももっと落ち着いて書きたかったけど・・・

(年末年始の帰省を明日に控えて、パッキングを中断してこれを書いてます@30日午前0:57

ひとことだけご挨拶。


今年は、出産という人生のビックイベントがあり、生活が一変した年でした。

毎日いろいろと大変ではありますがそんな日々をも楽しんでいます。

ブログはなかなか思うように更新できませんでしたが、

これからも細々と続けていきたいと思っています。


皆さま、良いお年を・・・!



by reiko-204 | 2017-12-31 15:00 | 日常 | Comments(0)

どうしても手放せない本たち

我が家には背の高いきちんとした本棚がありません。

大さんは元々持っている本が少ないので、自分の小さな本棚に収まっていますが

私はかなりの本持ちで(というかすぐに買ってしまう)、

独身時代から使っているカラーボックス2つを本棚代わりにしています。

このカラーボックスは常に満杯状態で、

ちょくちょくブックオフで売ってスペースを作っては

またいつの間にか新たな本で埋まっている・・・

というのをずっと繰り返してきているわけです。


引越しのたびに持っている本を見直して、

そのたびに捨てたり手放したりしているし、

今の家に越してきて2年経ちますが、

その間にも何度か見直しをしました。

オウジが生まれる直前にもかなりの本を手放して

スペースを作ったつもりだったけれど、

気付けばもうすでに満杯で、本の出し入れがしずらい!

特にオウジ関係の書類や本がやたらと多い上に、

それらと元々の自分のものが入り混じって

非常に使いづらい状態になっていました。


で、一念発起して・・・と言ったら大げさだけど、

とりあえずカラーボックス内の本を全部出して再度見直してみました。

これまで度重なる選別に耐えてきた本たちだから

今手元にあるものは手放したくないものばかり。

でもどれかを手放さないと、今後本や雑誌を1冊も買えなくなる。

そして、ついに地球の歩き方に手を出すべきか・・・と考え、

一度はブックオフ行のダンボールへ詰めました。


今までの旅先に持って行った相棒たち。

下調べしたり、現地でも片時も離さず持ち歩き、

旅行が終わっても後から見直しながら旅行記を書いたりアルバムを作ったり・・・。

愛着がありすぎて今まで手放せずにいたけど、

でもこれらの旅行先に再度行く可能性は非常に低いわけだし、

もしまた旅行で訪れるとなれば、その時の最新刊を買いたくなるに決まってる。

それなら手元に置いておく意味がないよね。

断捨離だよ、断捨離!これこそ断捨離だよ!


と、自分を納得させようとしたのだけど、

やっぱりだめだー!!愛着がありすぎて捨てられないよー!

と、結局ダンボールから取り出して元の位置に戻しました。。

その代わり、るるぶやまっぷるなどの雑誌系と、

NY以外の旅行先の旅関連エッセイ本は潔く手放すことにしました。

・・・まあNY関連本を残している時点で決して潔くはないか。


でもどうしても手放せない。

場所を取るし、今さら見返すことはほぼないし、

また必要になれば本屋に行けばすぐに買えるものだとわかっているのだけど、

でも折れ目がついたり、書き込みをしたり、

ふせんがついているこれらのガイド本を

手放す決心がいまはまだつかないのでした。

断捨離って難しい。


c0066171_22191264.jpg
c0066171_22191548.jpg

↑やっぱり手放すことを決心できなかった地球の歩き方たちと、NY関連のエッセイ本。

これでも何冊か手放して厳選したもののみになっています。。


結局、今回はブックオフへ21点を持ち込みました。

そのうち3点は値段つかずで、

18点の買取金額は\335でした。

愛着のある本を泣く泣く手放したのに、

たったの\335の価値しかないんだなあと思うと悲しくなりますが、

これで18冊分のスペースができたので、

とりあえずオウジ関連のものと自分のものとを完全に分け、

欲しいものがすぐに取り出せるように並べ替えて使い勝手をよくしました。

(オウジ関連の、というのは私が見る/読む分で絵本以外のものです。

どんどん増えていく絵本の収納方法も追々考えなくては・・・)


でもすぐまたいっぱいになるんだろうなあ。

大きい本棚があればいいんだけど、

どうせまた転勤があるだろうから大型家具をこれ以上増やしたくないし

しばらくはこうしてだましだましやるしかありません。

ダンシャリアンへの道は長く険しい。



by reiko-204 | 2017-08-30 15:00 | 日常 | Comments(0)